南伊豆100キロマラソンにエントリーしたら変態3名もエントリー

突発性難聴を患ってちょっと良くなってきたのと同時に「腹が出てきた」

 

そんなわけで、ダイエット目的の目標設定!

今現在全く走っていませんが、とりあえず「南伊豆100キロマラソン」にエントリー!

4ヶ月間じゃ調整無理だろーけど、目標を立てないと走らないし続くないし、やれるとこまでやろー的な感じで。

南伊豆100キロウルトラマラソン

 

このレースには初参加ですが、コースマップを見る限り結構キツそうな感じ。

高低差もあるし、先入観ではきっとあまり平坦なコースは少なそう。

アップダウンの繰り返しっぽい。

 

制限時間は通常の100キロと同様の14時間。

 

11月10日土曜日がレースで、案外と土曜日レースって少ない。

 

100キロウルトラマラソンは楽しくないw

 

楽しむ余裕なんてないですw

 

100キロですから、マジでしんどいし、途中で止めたくなるし、なんでこんなレースに出ているんだろうとか考える。

 

何度も何度も、もうやめよう、もうやめようって考える。

 

けど、何しに来たんだ?と考えると、リタイヤしに来たんじゃないと考える。

 

しんどいけど、とりあえず前に進もうって足を動かす。

 

めちゃしんどい。

しんどくてしんどくて逃げ出しそうになる。

弱気な自分が露呈する。

弱い自分が全面に現れると、視線は下に落ち、肩は丸まり、目線を前に戻すことすらしなくなる。

そんな経験も過去にした。

 

けど、14時間以内100キロを走りきったゴールの瞬間の達成感は、ゴールした人にしか理解できない感情に体が包まれる。

 

なぜだろうか、ガッツポーズと共に「ありがとう!」と知らない人にまで感謝の言葉しか出てこない。

中には嬉し泣きする人もたくさんいる。

それほど感動するレースが100キロマラソンなんです。

 

100キロウルトラマラソンにチャレンジするには14時間の体力

 

100キロマラソンに出場する為に最低限必要な準備は、14時間動き続けられる体力作りなんです。

走れる走れないではなく、14時間動き続けられる体幹や体力がないと、完走なんてできるわけがないんです。

 

まずは体力作りから。

 

正しく歩く事から。

歩く姿勢の延長に、ウルトラマラソン向けのランニングフォームがあるんです。

ハーフマラソンやフルマラソンとは違う、14時間膝や腰に蓄積されるダメージをできるだけ軽減させる為のフォーム。

心拍数もできる限り150以下にキープしたい。

 

ハーフやフルを走れても、ウルトラは別格。

 

レース中は、エネルギー補給も計画的に行って、スタミナ切れを起こしてからでは修正が難しくなる。

 

南伊豆100キロウルトラエントリーしたら変態3名も追加エントリー

 

私から「俺、南伊豆100出るんだー」っていう話から、まずは吉里。

吉里「え。マジっすか!じゃ俺66キロ出ようかなー」

私「は?66??????」

はい、100キロエントリー確定!

 

続いて、千葉。

千葉「俺、今足痛いんですよねー」

私「あと4ヶ月あるから大丈夫でしょ」

はい、100キロエントリー確定!

 

続いて、西村。

西村「俺とりあえず完走経験したいんで66で」

私「走るなら一緒だよ」

はい、100キロエントリー確定!

 

皆の目標が決まったので、あとは達成するためにやるのみ!

 

誰か一緒に出ましょうよ!




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

下道 勝

美容業界特化型保険代理店REPSS(レップ)株式会社、美容師求人動画サイトCM&JOBを運営する代表取締役をしている、下道 勝(シタミチ マサル)が、日本全国の美容業経営者に向けた、情報ブログサイトを可能な限りの範囲で日々更新しているブログです。 日々営業活動をしている中で、美容業経営者の「なぜ」に対し、協会認定ファイナンシャルプランナーとしての情報が満載です。 これから美容業経営者を目指す方、現在美容業経営者の方に対し、情報を発信していきます。