美容室社長OSHINOBIセミナー「グループ化」@千葉ビーリレーション

既に受付を終了させていただきました、美容室社長向けOSHINOBIセミナーですが、今回のグループの第1回目と第2回目は私が担当で、3回目の最終回は弊社顧問税理士の登壇で終了となり、残すところあと1グループへのOSHINOBIセミナーが最終グループになりました。

 

千葉NOLIMITさんのセミナールーム「BeRelation」をお借りし、千葉エリアの美容室社長と一緒に「グループ化」について勉強しました。(写真撮り忘れた〜)

 

美容室社長セミナー「グループ化」

 

ちょっとタブー的な、あまりそこ突っ込むと下向いちゃうかもしれない様な、今回のセミナー内容。

 

今のスタッフさんですが、もちろん1人も辞めて欲しくないですよね。

大切な人財ですし、スタッフの人生を背負う美容室社長にとって、本当に大切なスタッフであり仲間達でしょう。

 

セミナーではこんな意地悪な質問があります。

「もしも今のスタッフさん全員誰ひとり辞めなかった時」

「スタッフ全員が、40代50代60代になった時」

私を含め皆さんも同じ様に歳を重ねていっている事でしょう。

 

私達と一緒に年齢を重ねていき信じて付いてきてくれたスタッフに、どの様な役割でどの程度の給与を支払う事ができそうですか?

 

スタッフに任せて経営にまわりたい

 

実はそんなに多くないこの意見。

「スタッフに任せて完全に経営に回りたい」

 

実はこちらの意見が多いのが現実。

「お店はスタッフに任せて、週1か週2は自分のお客さまはやりたい」

 

このスタイルを実現できている美容室社長も実際いらっしゃいますから、できない事ではないでしょう。

 

少し思い出してみてください。

私も皆さんも、なぜ独立したんでしたっけ?

 

店長やスタイリストで活躍している時に、当時の社長にいろいろ仕事を任せられて、ほとんど事はできる様になっていませんでしたか?

ほとんどの仕事を任せられ出来るようになり、それでも社長から売上だ、原価率だ、リピート率だとミーティングを繰り返していませんでしたか?

 

そしていつしか、自分の店をやってみたい!と思う様になってきませんでしたか?

 

それが「幹部の退職」に繋がる動線になっていた事は、今思えば繋がるかもしれません。

 

5年前10年前の美容室経営から卒業しませんか?

 

パーマ液が進化した。トリートメント剤も進化した。

進化したモノは、薬液だけではありませんよね。

顧客管理の方法も、集客の費用も、最低賃金だってすごい勢いで上がっています。

5年前と今では比較にならない程、さまざまな事が進化しています。

 

美容室経営のあり方はどうでしょうか?

 

以前勤務していた頃の美容室と同じ様な経営スタイルになってしまっているとしたら、優秀なスタッフの退職や独立を後押ししてしまっているかもしれません。

 

インターネットでは言いづらい事だからセミナーで話すのです

 

ブログというテキストで文字を発信することで、たくさんの情報を発信できますよね。

 

その反面、言葉のニュアンスという面は少し伝わりづらい事もあります。

誤解を生んでしまったり、読み手側の心理状態でネガティブにもポジティブにも受け取れる内容の場合もあるでしょう。

 

コミュニケーションの基本は、FACEtoFACEだと今も思っています。

そのコミュニケーションの中から、本当に伝わる事や、聞き流す事の取捨選択もあるでしょう。

 

今回の美容室社長OSHINOBIセミナー「グループ化」は、少し耳が痛い内容でありながら、美容室社長の心のダメージを最小限に抑えながら、スタッフの未来と美容室社長の未来を、現実的で思い描いたとおりに近づける為に、今から何をするか?という内容です。

 

少し難しいな〜と感じた方もいらっしゃったかもしれませんが、時間は着々と進みますから、少しでも考えるきっかけになれば良いなと思います。




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

下道 勝

美容業界特化型保険代理店REPSS(レップ)株式会社、美容師求人動画サイトCM&JOBを運営する代表取締役をしている、下道 勝(シタミチ マサル)が、日本全国の美容業経営者に向けた、情報ブログサイトを可能な限りの範囲で日々更新しているブログです。 日々営業活動をしている中で、美容業経営者の「なぜ」に対し、協会認定ファイナンシャルプランナーとしての情報が満載です。 これから美容業経営者を目指す方、現在美容業経営者の方に対し、情報を発信していきます。