かっこいい会社や自社に誇りを持てる会社ってどんな会社

かっこいい会社って何社か思いつきますか?

例えば私なら、Apple社、Google社、私の古巣のSONYグループ。

 

聞いた話ですが、Apple社が飛躍したきっかけにSONYのWALKMANの存在は欠かせない事だそうです。

「音楽を外に持って出る」

それがiPodのヒントだったそうですね。

そのiPodの表示がカラーになり、iPod touchという大画面になりゲームができるようになり、そこに電話機能を追加したのがiPhoneが生まれた歴史だそうです。

 

今のマーケットニーズに合わせるマーケティングを中心としたビジネスは、データに基づいた戦略と戦術を考えられる事や、今あるものと今あるものを足したり引いたり、一つにまとめたりする事で、成功への可能性は高まるでしょう。

 

アイディアとデザインとポータル

 

NEVERまとめや、ポータルサイト、例えばYahooや楽天、求人ならindeedの、ファッションならZOZOのように、情報の集約をビジネス化するといった事、インターフェイスをより直感的にする事で、ユーザーにとって便利になり必要とされるからこそ企業も大きくなります。

 

一方、どこか遊び心があって、自分たちの理想を作るというか、理想を追うというか。

マーケットにないものを生み出すというか、マーケットを作り出すアイディアであったりデザイン。

 

スマホの普及により、データ通信の速度が飛躍的に速くなった事で台頭したのがSNS。

ソーシャルの世界は、遊び心のある人達が作ったマーケットの上でさらなる遊び心から、さまざまなモノを作り出している。そして企業も大きくなった。

 

保険業界の不人気さ

 

保険業界にかっこいい会社はあるか?

むしろイメージが良くない業界。

保険というだけで、どこか胡散臭く、何となく騙されるんじゃないかと思われる程イメージが良くない気がする。

そもそも、かっこいい保険会社という視点で見たこともない。

おしゃれなオフィスにする事がかっこいいかといえば、見た目の表面はかっこよくおしゃれにできるだろう。

 

表面的なかっこ良さではなく、その会社で働く事がかっこよく思えたり、その会社で働く事が誇りに思えるとか。

 

働きやすさと働きがい

 

ドイツでメルセデスで働く事は、その業界が好きな人にとっては誇りに思える程、人に胸を張って自社のことを語れる会社だそうです。

 

情報をまとめビジネス化する事でマーケットに必要とされ、大きな売上を作り出し、大きな利益を作り出し、綺麗でかっこいいオフィスで働ける。

自分たちの理想を追い、自分たちの想いを洗練された形にし、プロモーション効果が相まって新たなマーケットを作る会社も、綺麗でかっこいいオフィスで働ける。

綺麗でかっこいいオフィスで働きたいと思う若者が集まり、新たなアイディアもデザインもまた生まれるのでしょう。

 

働きやすさに着目すると、給与や休暇が気になったり、労働時間や福利厚生が気になる。

働きがいに着目すると、大声では言いづらい様な、しんどい事や辛い事があったりして、それでも頑張った結果感動的な結果を手にしたとき、働きやすさを上回る働きがいを感じる事ができるのでしょう。

 

仕事に本気で向き合うというか、気がついたら本気になっている自分がいる感じ。

 

転職人気企業ランキング

 

私が長年所属している保険業界。

保険業界内は、2000年頃のソニーだプルデンシャルだと勢いもあって、保険業界内ではかっこつけた会社に見えていたかもしれないが、今はどうだろうか。少なくとも、就職したい会社ランキングの上位に入らない。

転職サイトdodaにそんなデータがあった。

転職人気企業ランキング2018

 

保険業界で、その会社で働く事に誇りを持てる会社はあるのか?

保険業界で、「働きがい」のある会社はあるのか?

保険業界で、「働きやすさ」のある会社はあるのか?

そもそも、保険屋になる為の専門学校なんて1校もない。

保険業界に魅力がない現れだろう。

 

では美容室ではどうか?

美容室業界で、その美容室で働く事に誇りを持てる美容室。

美容室業界で、「働きがい」のある美容室。

美容業界で、「働きやすさ」のある美容室。

美容業界には全国に200校以上の専門学校がある。

美容室業界には魅力ある会社があるし、これから企業として魅力ある会社も生まれてくるのでしょう。

 

方向性が定まらないと手段ばかり考えてしまう

 

目的と手段を取り違えると、方向性すら見失ってしまうかもしれない。

 

REPSS(レップ)社の方向性は、数年後には後輩に会社を任せる事です。

その任せ方は、現役員が退任し「平社員」に戻り、現社員の中から役員を選出し、世代交代をする事です。

まさか「会長」の様なおじーちゃんになる気はない。

既得権益にしがみつく事ではなく、若者の未来を作りたい。

 

なぜ会社を若者に任せるのか?

なぜ役員を降りて平社員なのか?

なぜ世代交代なのか?

 

目的は、REPSS(レップ)社を未来に引き継いでもらいたい意識からです。

未来に引き継ぐという方向性から、人事異動という手段をしようと考えています。

 

働きたいと思ってもらえる業界、かっこいい会社、自社を誇りに思える会社作りに、期限も終わりもないからこそ、会社を未来に引き継いでもらいたい。

 




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

下道 勝

美容業界特化型保険代理店REPSS(レップ)株式会社、美容師求人動画サイトCM&JOBを運営する代表取締役をしている、下道 勝(シタミチ マサル)が、日本全国の美容業経営者に向けた、情報ブログサイトを可能な限りの範囲で日々更新しているブログです。 日々営業活動をしている中で、美容業経営者の「なぜ」に対し、協会認定ファイナンシャルプランナーとしての情報が満載です。 これから美容業経営者を目指す方、現在美容業経営者の方に対し、情報を発信していきます。