美容室社長「シタミチさんに相談してよかった」と嬉しい言葉@埼玉美容室

ソニー生命時代からのお客様で、かれこれ20年ほど担当させていただいている美容室社長とのミーティング。

 

保険の事ではなく美容室経営の事で、ここ1年で急激な変化に心身ともに悩んでおられるとの事でした。

その原因のひとつは、「社会保険」

そしてもう一つは、「幹部の離職」

 

この課題を抱えている美容室社長も少なくないかもしれませんね。

 

美容室の社会保険に悩む美容室社長

 

2年前に美容室を法人成りし、それと同時に加入した社会保険。

ご存知の通り、法人の場合は社会保険は加入の義務が生じますよね。

 

もしも従業員が0人でも、社長がいるので社長分は社会保険は加入する必要があります。

 

地域性など様々な要因はありますが、美容室が社会保険を加入するとしたら、平均生産性70万は確保したいところ。

平均生産性とは、技術総売上÷従業員数。

 

スタイリスト1名で100万円の売上を上げる場合、平均生産性は100万円。

アシスタントが1名ついて、スタイリスト1名が100万円を売り上げる場合、平均生産性は50万円。

こう考えると、アシスタント1名、スタイリスト1名では、140万円の売上で平均生産性70万円という事になります。

 

簡単に売上が上がるのであれば、とっくの昔から売上をあげているでしょう。

 

美容室の社会保険で四苦八苦

 

2年前に加入した社会保険の会社負担分に四苦八苦している状況はというと、平均生産性が60万円前後で推移してしまっている状況で、ジリジリと通帳残高が目減りしているらしい。

 

ここで融資は禁物。

どんなに赤字でも、現金があれば会社は潰れないのは大きな誤解。

本当にしんどくなった時には資金調達の難易度も高くなるから今のうちに借りておこという考えは、原因解決がひとつもないんです。すなわち単なる延命措置。

 

まさか融資で運転資金を取り付けて、総資産を上げていこうと考えるのであれば、その目標はIPOか?(IPOとは株式公開の事)または、美容室の売り抜けか?

 

時と場合によっては、融資は本当に心強い。

ジリジリと目減りする原因解決を先送りにして、融資で息継ぎするのはとても危険ですよね。

 

原因解決、根本解決をしようと考える時に、BS/PLと徹底的ににらめっこする。

すると見えてくる問題点。

美容室を専門的に請け負っている税理士さんであれば読み取れる問題点でも、他業種を豊富に担当している税理士さんでは、美容室の細かな問題点に気が付かないでしょうね。(私は税理士ではありませんがw)

 

そして「美容室の仕組み」。

 

美容室経営がしんどくて辞めたい

 

夜も寝れない程考えているそうです。

 

もうこの際、美容室経営を辞めてしまいたい。楽になりたい。

美容室スタッフが頑張っている。

美容室スタッフはついてきてくれている。

 

このタイミングで、店長の独立相談。

店長のお身内の方がお亡くなりになり、そこで知った事実。

息子の将来の為に残してくださったお金。

 

店長も岐路なのでしょう。

 

本当に社会保険会社負担分で苦しいのか?検証

 

BS/PLを隅々まで拝見すると、社会保険の会社負担分が大きくのしかかっているは間違いない。

それは前もって分かっていたはずだし、前もって計算済みなはず。

 

では、社会保険加入を決めた時に、他の何をコントロールしたか?そのままか?

 

月次推移から検証。

BSから検証。

PLから検証。

 

見ているところは、数字の推移と割合(%)

 

涙ぐむ美容室社長の表情

 

私からさまざまな話をしました。

数字を根拠に。

 

美容室への想いもスタッフへの想いも聞きました。

 

まだやれる事があるのに、辞める必要もない。

まだやれる事があるのに、やらない理由もない。

まだやれる事がみつかったのに、落ち込んでいる時間はない。

 

考え方や戦略は目標があっての事。

目標もないのに、ただ頑張れば良いことがあると信じるのは、経営者として危険すぎる。

 

目標は5月末までになんとなする。

いちかばちかではなく、根拠をもって挑む必要がある。

 

もう辞めようかと考える程であれば、やる覚悟を決めてもらう。

私が担当しているお客様なので、諦める選択はない。




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

下道 勝

美容業界特化型保険代理店REPSS(レップ)株式会社、美容師求人動画サイトCM&JOBを運営する代表取締役をしている、下道 勝(シタミチ マサル)が、日本全国の美容業経営者に向けた、情報ブログサイトを可能な限りの範囲で日々更新しているブログです。 日々営業活動をしている中で、美容業経営者の「なぜ」に対し、協会認定ファイナンシャルプランナーとしての情報が満載です。 これから美容業経営者を目指す方、現在美容業経営者の方に対し、情報を発信していきます。