美容室を開業して間もない3名の美容室代表とミーティング@千葉美容室

美容室社長OSHINOBIセミナーを通じて知り合いになりました美容室へ表敬訪問してきました。

 

オシノビセミナーを行っている時から、目つき顔つきの違う3名の迫力はさすがです。

この3名は間違いなく大きく成長すると感じていました。

 

会ってみると私との時代性のギャップを感じながらも、往年の私の話をじっくりと聞いていました。

そしてたくさんの質問をしてくれました。

「質問に応えられていますか?」と聞くと、「はい!ばっちりです!」と。

 

美容室社長オシノビセミナーがきっかけ

 

美容室社長を対象としたオシノビセミナーは、原則少人数制接近戦で行っている非公開セミナーですが、いくら少人数制とはいえ、個々に会ってお話するのとは違います。

 

セミナーを通じて、個々の美容室さんへ訪問してより深い話を聴かせていただくと、本当にキリッとした目でキリッとした話し方で、本気が伝わってくる方が多い。

 

それに応えようと私も全力で時間を共有します。

 

美容室業界のブルーオーシャン

 

私から見える美容室業界のブルーオーシャンと、今回ミーティングした3名の美容室代表の方々の戦略はとても近かった。

 

美容室業界でも保険業界でも、自分の業界の中にいると、足元が見えなくなったり、業界のあたりまえに流されやすいのですが、この3名はしっかり見ていました。

 

そして何より共感したのは「チャネル作り」

 

私の言葉でこのブログでは、あえて「チャネル」と表現しますが、昨夜のミーティングではこんなカタカナは使っていません。

言い方を変えると、一般企業でも「事業部」や「部署」みたいな形式が存在します。

例えば、人事部門とか経理部門とか。

 

美容室として、マーケットを広くし過ぎない。

美容室として、専門性が強すぎる店舗を作らない。

社内では公平のバランスを保つ。

 

このマーケットと専門性について、共感いただけたかもしれない。

ターゲットを絞る事がマーケットを広くし過ぎないという意味ではない。

 

地図を見てバランスよく

 

その駅の周りにはいったい何があるのか?

どんなお店がどんなとこにあるのか?

 

美容室が何軒あって、飲食店のイタリアンが何軒あって、中華が何軒あって、クリーニング屋が何軒あって、コンビニどこに何軒あるのか?

 

そんな街をどこまで調査するのか?

そこから考えられる事もあるかもしれない。

 

なぜその場所に○○のお店があるのか?

なぜそのお店の営業時間が何時から何時までなのか?

なぜそのお店の外観はこうなのか?

 

あっという間の時間

 

実は今回お伺いした美容室は、弊社の取締役の石井が創業当初会っていてお店の保険を担当させていただいています。

 

私自身はオシノビセミナーがきっかけとなったのですが、何かと縁があるんじゃないかと感じています。

 

私の勘にズレが無ければ、大きく成長すると思います。

3名の顔つきも良く、美容室経営の時代性も理解が深く、過去の成功経営の勉学も大切ですが、もっと大切な事は未来経営のはずです。




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

下道 勝

美容業界特化型保険代理店REPSS(レップ)株式会社、美容師求人動画サイトCM&JOBを運営する代表取締役をしている、下道 勝(シタミチ マサル)が、日本全国の美容業経営者に向けた、情報ブログサイトを可能な限りの範囲で日々更新しているブログです。 日々営業活動をしている中で、美容業経営者の「なぜ」に対し、協会認定ファイナンシャルプランナーとしての情報が満載です。 これから美容業経営者を目指す方、現在美容業経営者の方に対し、情報を発信していきます。