女性美容師の転職時期と働き方と不安と悩み@レップ森本

今回のブログ記事は森本です。

女性目線の内容になっていて、男性美容室社長にはとても参考になると思います。

やはり男性目線とは違う角度のモノの考え方見方があるんですね。

是非参考にしてみてください!!

 

パート女性美容師の採用

 

こんにちは。美容求人動画サイトCM&JOBの森本です。

あっと言う間にもう2月。

2月に入り有り難いことに沢山の美容室社長さんとお会いさせて頂いています。美容室社長さんとお会いしている中で、ここ数年で増えたのがパート雇用。

パートさんを雇用する為の時給の相談や原稿の打ち出し方などの相談も多く頂きます。

 

今回は、同じ女性という視点で女性美容師さんについてブログを書かせて頂きます。

今回のブログを書くことで美容室社長さんにとって今後の女性美容師さんの採用に繋がるヒントが少しでもあれば嬉しいです。

 

女性美容師さんの悩み不安

 

私が考える女性美容師さんの悩みや不安はとても大きいのではないかと思います。

体力含めた体の心配、結婚・出産後の働き方・将来のお金の不安…今と未来の沢山の不安を抱えている方が多いのではないのでしょうか。

 

体力面を考えると、立ち仕事、営業時間の長い仕事、今の働き方をいくつまで出来るのだろう。

 

結婚・出産後の働き方を考えると、子育てをしながら美容師を続けられるのか。自分を支持してくれるお客様が減るのではないか。

 

将来のお金を考えると、結婚・出産を選択せず仕事に没頭した後のお金はどれくらい貯めていれば良いのか。

 

そんな風に考えている方も少なくないと思います。私自身も女性として同じ不安を持っているからです。

 

もしかしたら、こういった悩みは美容師さんだけではなく全ての職種においての女性特有の不安なのかもしれません。

 

キャリアある女性美容師さんの声

 

先日、女性美容師さんからこんな話も聞きました。

 

業務委託で働いているママ美容師さんですが、肩身が狭いということなんです。

その方が働いているサロンは通常の雇用サロンで、スタイリストデビュー後、雇用か業務委託かを選択し働けると言うシステムがあります。

その女性美容師さんは出産を機に業務委託として働いています。

家事や育児と仕事を両立しなければならない為、他のスタッフさんより早く帰らないといけないことやアシスタント教育を手伝えないことの罪悪感があるとお話をして下さいました。

 

一緒に働いているスタッフさんは誰一人そんなことは思っていないかもしれません。

でも、きっとその女性美容師さんは、他のスタイリストさんが皆んな教育なども手伝っている中で、自分だけ同じように出来ないことへのご自身の時間のバランスに悩まれているのかもしれません。

 

こういった悩みを持たれている方も実際多いのかもしれません。

 

仕事と家庭のバランス

 

私は、結婚も出産もまだ経験がありませんが出産をしたとしてもずっと仕事をしたいと思っています。だから、この女性美容師さんと同じ感情を持つ日がくるかもしれません。

 

「大好きな仕事をもっとしたい。」「もっとお店に協力したい。」時間を気にせず仕事に夢中になれる他のスタッフさんが羨ましく見えているのかもしれません。

 

目線を変えてみれば、この女性美容師さんが働いている美容室の社長さんには、美容が大好きでサロン想いのスタッフさんがいらっしゃると言うことですね。

この女性美容師さんはきっとこのお店を辞めずに長く続けてくれるのではないでしょうか。

 

自分自身の仕事と家庭の時間のバランスには悩まれていますが、人間関係やお店に対するものではなく、働く美容室がとても大好きだかたこその悩みだからです。

 

女性美容師さんが転職を考える時期

 

女性はどんな時に転職を考えるのでしょう。

 

私は、1度転職をしましたが29歳の時でした。

地元や大学の友達が結婚や出産をし、自分で意識をしたつもりはありませんが少し焦りや不安を感じたのかもしれませんね。。。

 

私は前職に対して仕事のやりがいも感じていましたし、人間関係も良かったですし不満はありませんでした。

ですが転職を決めた理由は、「30代になっても40代になっても今の環境で続けられるのか。」そう考えてしまったからです。

 

夢中になって時間を惜しまず仕事をしていた20代。

結婚・出産をしても仕事がしたい自分への体力的な不安と自分のスキル不足(求人の知識しか持っていなかったこと)に将来の不安を感じ転職を決めました。ぼやっと考えだしたのは27歳ぐらいの頃だったかなと思います。

 

最近、仕事とプライベートのバランスを求める方が多いですよね。

私の場合も、仕事とプライベートのバランスだったのかもしれません。

 

私は、よく打ち合わせの時も自分の転職の経緯やその時の感情をお話させて頂くことが多いのですが、女性美容師さんも今の働き方に対して、将来の不安を感じる方は多いと思います。

そんな時に転職を考え出すことが多いのではないかと思います。

 

今は「より働きやすい環境を」「より働きがいのある環境を」と考えられ、営業時間の短縮や営業後の時間の使い方などいろんな工夫をされている美容室社長さんが本当に多いです。

そう言った美容室社長さんの想いや、実際の労働環境の改善をされていることで、20代後半から悩み出す女性美容師さんの転職の軽減にも確実に繋がっていると感じています。

 

女性美容師が長く安心して働ける方法

 

働き方と考えても、雇用・業務委託以外の働き方ってあるのでしょうか。

 

以前は業務委託は男性美容師さんのイメージが強かったのですが、ここ最近は業務委託の女性美容師さんも凄く増えてきました。

 

私個人的には、雇用と業務委託のスタッフさんを1店舗内で混合させることはあまり賛成ではありません。

働き方の違いに正社員の方が業務委託の方へ、業務委託の方が正社員へとお互いに不満を抱えることも多いとよく話を聞くからです。

もちろん採用をされる方とその方を迎える体制にもよりますので一概には言えませんが。

 

長く働いてくれるスタッフさんを本人の希望もあって業務委託に切り替えることに関しては、お互いの理解があれば私はとても良いと思います。

 

結婚や出産を機にパートと言う方法もありますし、顧客を持たれている女性美容師さんであれば業務委託の方がその方にとってメリットのある選択と言うこともあるからです。

 

主婦アイリストの働き方の選択制

 

先日、複数店舗経営をされているまつげサロンさんから、1店舗を業務委託サロンにしたいと言う相談がありました。

今働いているスタッフさんからの希望と、スタッフが辞めない会社の体制づくりの為に。と言う内容でした。

 

これまでは、正社員・短時間正社員・パートの雇用のみでしたが、そこに業務委託も追加されました。

 

このサロンさんは、まつげ専門店の為、働くスタッフさんは全員女性です。

もちろん、パートとして働く主婦や子育てママも在籍しています。ですが時間的に限りのある中で働くパートスタッフさんにとって給与的な問題や時間の問題が理由に退職をされる方もいるとの事でした。

 

その為、個々が働き方を選択できるよう、業務委託も取り入れ、仕方なくこの働き方を選ぶのではなく、「この働き方がしたい!」と言う本人希望の働き方を選択できるようにされました。

 

アイリスト求人原稿にも書くべき事

 

このように改善したからスタッフさんの退職が減るか?と言われたらはっきり言って絶対ではないと思います。

でも絶対に「私たちの為に働く環境を良くしたいと考えてくれているんだ」と社長さんの想いが伝わるスタッフさんもいるはずです。

 

私は、このような想いは求人をする際にも絶対に原稿に取り入れるべきだと思っています。

社長さんの想いが伝わり、安心して働ける環境なんだ。働くスタッフ想いの会社なんだと感じ応募をする方もいると思います。

 

30代後半女性美容師さんの採用

 

事例が多くなってしまいますがもう1つ事例を。

先日採用報告をして下さった美容室さんのお話です。

そのサロンさんでは30代後半のスタイリストさんを採用して下さいました。

 

その美容室さんではスタッフさんの体力面を考え年明けから営業時間を短縮されました。

なぜ短縮されたかなどの美容室社長の想いを見て、そうやってスタッフのことを考えてくれる。ずっとこれから長く働ける美容室だと思い、応募をしたとのことでした。

 

想いを伝えることは、とっても大事なことだと実感をしました。

 

採用難の時代だからこそ働きがいが重要

 

正社員・パート・業務委託と働く方法は色々とあります。希望の働き方は1人1人違うと思います。

 

ここまで長々と書かせて頂きましたが、今いるスタッフさんが長く働きたいと思える一番の環境は美容室社長さんとのコミニュケーションなのかなと思います。

 

また、中途の女性美容師さんを採用することを考えている美容室さんでは、その方が結婚・出産後も働けるイメージを持たせてあげることが大事だと思います。そこには社長としてのの想いも含めて。

 

女性美容師さんも金銭的な将来の不安があると思います

 

最後にお金に対しての不安を解消してあげる為には何が良いのでしょうか。

 

結婚を選択せず、生涯美容師人生を歩む女性美容師さんも少なくないと思います。

それだけ美容の仕事に夢中になったからの選択だと思います。

むしろとても増えた様に感じます。

 

そういった女性美容師さんの不安は、仕事を辞めたあとのお金の不安も大きい気がします。

 

私も母親に勧められ20代後半でお金を貯める保険に加入しました。

自分自身でも将来の積立をしていますし、実は会社でもスタッフ1人1人に対しての積立をしてくれています。

本当に有り難いことです。

 

私自身保険のことは良く分からなかったので、母親に言われるまでは保険で積立をすると言う選択はありませんでした。

 

でも今は、とりあえず加入しお金が貯まっていっているので何か安心をしています(笑

 

将来のお金の不安を抱えている女性美容師さんには、そう言ったアドバイスをしてあげることも不安を解消してあげる方法かもしれません。

 

お金のことなので放っといてと思う方もいらっしゃるとは思いますので、伝える人を選びながらだとは思います。

 

女性美容師さんが働き続けられるように

 

今回は、女性美容師さんの働き方について書かせて頂きました。

 

女性は男性よりも深く悩む傾向があります。

また他人を羨むことも女性の特徴かもしれませんね。

一番大切なことは不安や悩みに気づき、何に悩みを抱えているのかを話す機会を持ちながら社長さんが把握してあげることだと思います。

 

美容師さんと言う素敵なお仕事。

 

体力面を含めた体の変化、結婚や出産などの環境の変化、不安や悩みによる退職や美容師を辞めると言う選択が少しでも減り、女性美容師さんも男性のようにずっと安心して働き続けて欲しいです。

 

長文にお付き合い頂き、ありがとうございました。




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

森本 裕子

美容求人動画サイトCM&JOB営業の森本です。美容業界の求人営業歴12年。求人だけでなく幅広く美容室経営に携わりたいという想いでREPSS株式会社に所属し、日々勉強中です。現在は、求人掲載内容の提案や給与・休日休暇など福利厚生の相談など幅広くお手伝いをさせて頂いています。 美容師求人に対する考え、時代の変化と共に変化する美容師求人の動きなど、求人テーマを中心に執筆しております。