Googleで美容師求人?Googleしごと検索に対応させるには?@レップ西村

Googleしごと検索

今回の西村記事も強力ですよ!

REPSS(レップ)社のデジタル担当者としてとても心強い。

西村の記事をよく読むと、美容室にとって、美容室のデジタル面にとって、やっておいた方が良い事よりも、やるべき事ではないかと思いました。

 

是非皆さんも参考にしてみてください!

 

Googleしごと検索とは?

 

今回の記事では、Googleの新サービスの紹介をさせていただきます。

弊社でも運営している美容求人動画サイトCM&JOBとも大きく関わりのある求人に関わるサービスです。

 

実は美容業界だけではなく、どの業界も求人の厳しさは増える一方です。そこに、Googleが一石を投じた形になりました。概要だけも掴んで頂き、難しい所は流し見でもいいので知って頂ければと思います!

 

Googleで美容師求人?

 

Googleで求人に関連するサービスが日本で2019年1月23日から始まりました。

海外ではGoogle for Jobs日本ではGoogle しごと検索という名称で、提供されています。

このサービスは海外で先行して始まっており、日本でもいつ始まるんだ!と言われていたサービスです。

 

簡単に説明すると、求人情報専門のGoogle検索という立ち位置です。

今までは、Googleでは求人情報サイトを検索に表示させていましたが、詳細な求人情報そのものをGoogle検索でやっちゃおう!というもので、少し前にあったindeedなどのサービスをGoogle本体がやっちゃった感じです。

indeedとの違いですが大きくは変わらないものになります。

 

どこに表示されるの?

 

ズバリGoogleで検索されたいちばん上です!

Googleしごと検索例

 

どうゆう時に、この型が出てくるかというと、求人に関するキーワードでGoogle検索を行った時に自動で出るようになっています。

例えば「美容師 求人」「美容師 転職」「美容師 新卒」などGoogleが求人に関わるワード判断し出現します。

ただし、GoogleのサービスですのでYahooなどでは出てこないようです。

Yahooはまた別の独自の項目があるようです。

 

求人検索の流れ

 

今までは求人サイトが求人情報をまとめ、大量の情報をユーザーに提供していました。

その結果応募は、求人サイトに集中しがちでした。

今回のGoogleしごと検索では、各求人サイトやホームページ等の求人情報もGoogleしごと検索に表示させることが出来ます。

 

【今まで】
就職・転職したいなー

求人情報が多く掲載されている求人サイトに行く

希望の求人が無い場合他の求人サイトに行く

応募

【これから】
就職・転職したいなー

Googleしごと検索で探す

求人サイト or ホームページの求人サイト

応募

圧倒的な求人情報をGoogleが持つことで、円滑に求職者を導くことを目的としてますね。このようにGoogleはしたいのかなと思います。

 

Google しごと検索に掲載するには?

 

Googleしごと検索に対応させるためには、ただ待っていれば登録されることはありません。
まず、自社ホームページのサイトで求人ページを作成する必要があります。

 

美容室の求人ページの構成

 

多くの美容室の場合、ホームページ制作会社さんに依頼すると思いますが、下記のことを覚えておくと依頼がスムーズに行きます。

 

職種(アシスタント・スタイリスト)ごとにそれぞれ別のページを作成する必要があります。

例えば、アシスタント・スタイリストを、渋谷店・池袋店・新宿店だと。

  • スタイリスト募集/渋谷店・池袋店・新宿店
  • アシスタント募集/渋谷店・池袋店・新宿店

こちらの2ページ制作する必要が出てきます。

 

ただし、こちらをIndeedで使おうと思ったり、どの店舗が多く見られるか知りたい場合や、店舗によって条件が違ったりする場合は下記のような作り方が必要となります。

  • スタイリスト募集/渋谷店
  • アシスタント募集/渋谷店
  • スタイリスト募集/池袋店
  • アシスタント募集/池袋店
  • スタイリスト募集/新宿店
  • アシスタント募集/新宿店

 

こうすることで各職種各店舗のページで対応することが出来ます。

 

美容室の求人ページの作り方

 

このページに掲載する内容ですが、Googleしごと検索に乗せることが目的であれば内容は薄くてもいいと思います。しかし、採用することが目的だと思いますので、下記の内容を掲載し求職者に求められる美容室だと感じてもらう必要があります。

  1. メッセージ
  2. サロンを知る
  3. 仕事を知る
  4. 人を知る
  5. 求人内容

 

最低でもこちらの5項目は掲載するとよいでしょう。
簡単に各項目にどんな事を書けばいいのか解説していきます。

メッセージ

メッセージとはオーナーから求職者に向けて、コンセプトや今後どんなサロンにしていきたいのかなど、サロンの展望などを伝えましょう。

ここは意外と重要で、これから入社する方にどんな未来を語れるかが、将来のメンバーを獲得していくには重要だと思います。

サロンを知る

ここでは、美容室の雰囲気や客層など実際に働く時に感じることを伝えてあげましょう。

ここがないと、求職者は自分で想像するしかなく、後々ギャップを感じてしまい離職につながる恐れがあります。包み隠さずにリアルな情報を提供しましょう。

仕事を知る

美容室において仕事の内容は大体同じだからと、伝えていない美容室が多くあるように感じます。

スタイリストであれば、フリーのお客様は月に大体何名対応出来るのか?勉強会やミーティング・自主練も含め、仕事内容の詳細を伝えましょう。

人を知る

離職原因の多くの原因の一つである人間関係。

どんな人が、どんな想いでサロンに在籍しているのかを伝えましょう。
入社のきっかけや、続いている理由など話してもらうと更によいでしょう。

求人内容

こちらは、基本給・歩合の付き方やステップアップするとどのように給与が変わるのか?

求職者から想定される疑問などに答えられる内容にしましょう。

 

Googleに認識してもらうには?(ここから少し技術者向けです)

 

次に、単にページを作っただけではダメで、Googleに認識してもらう必要があります。

実際に弊社サイトCM&JOBがどのようにしているかも紹介しつつ解説していきます。

スクリプトに緑の文字で補足を書いております、各項目の記載する名称です。
※一部省略しております

<script type="application/ld+json">
{

  "@context": "http://schema.org",
  "@type": "JobPosting",
  "title" :  ////職種名
    "hiringOrganization" : { ////サロンに関する記述
        "@type" : "Organization",
        "name" :  ////サロン名
        "logo" :  ////サロンロゴ画像
    },
  "jobLocation" : {
    "@type" : "Place",
    "address": { ////住所に関する記述
      "@type": "PostalAddress",
      "addressRegion":  ////都道府県
      "addressLocality": ////住所
      "streetAddress": ////町名以降の住所
      }
    },
  "baseSalary" : { ////給与に関すること
    "@type" : "MonetaryAmount",
    "currency" : "JPY",
    "value": {
	    "@type": "QuantitativeValue",
	            	"minValue": ////基本給の最低額
			"maxValue" ////基本給の最高額
	            "unitText": ////時給・日給・月給などの指定
	}

   },
  "datePosted" : ////最終更新日
  "description" :  ////求人の詳細

}
</script>

 

このように先程説明したページ作成に上記のような記述が必要となります。こちらを書いて初めてGoogleにこのページは求人に関する事を書いている記事だと認定されます。

ご自分でWordPressを使ってホームページを作っている方もこちらを参考に入力するといいかもしれませんね。その際は、コードの規則などを遵守してご利用下さい。

 

インデックスさせる(Googleさん設定したよ!と伝える)

 

次に、ここまで来たらあと一歩です。

Googleは常に世界中のサイトをクローラーというロボットを使って監視しています。それが自分のサイトに来た時に初めて認識されます。

それがいつになるかは、公式にも名言はされていないので、こちらを導く必要があります。

一番簡単な方法はSearch Consoleを使うとよいでしょう。

こちらのFetch as Googleにて認識させていページを指定して、レンダリングさせると、通常よりも早く、Googleに認識される可能性がありますので是非利用してみて下さい。

 

Googleしごと検索確認方法

 

実際に自社ホームページがGoogleしごと検索に登録されたか確かめて見ましょう。

https://search.google.com/structured-data/testing-tool

 

上記のサイトに行き、調べたいURLをコピーして貼り付けると、実際に登録されたかどうかわかります。

エラーが出た場合は、どの部分で出ているか確認することが出来ますので、確認し、調整しつつ調べてみると良いでしょう。

 

まとめ

 

最後の方は、少しテクニカルな部分もあったかと思いますが、HP制作会社さんに依頼する時はGoogleしごと検索に登録できるようにして下さいと言って頂ければ大丈夫かと思います。

どんな仕組みで、どんな事が出来るのかさせ知ってもらえればこの記事は大丈夫です!

WEBの世界は目まぐるしく多くのサービスが出ては消えていきます、そのなかで美容室さんがその情報の取捨選択をする上で参考になればと思います。

 

自分じゃ分からね〜!誰か代わりにやってくれ〜!

そんな方がもしいらっしゃたら、ご一報ください!

 

西村か?弊社スタッフか?誰が対応するか分かりませんが、お手伝いしますので!

お問い合わせはコチラ!




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

西村 健

REPSS株式会社所属、CM&JOBのシステム全般・各メディアブログの運営等を担当している西村です。 美容業界のWEBを専門とし、美容求人サイトCM&JOBや美容室のホームページ・ブログサイトなどの構築も手がけ、コンテンツの書き方のセミナーも展開。 私の記事では、美容室でも簡単に実践できるWEBのハウツーや集客・求人に利用できるサービスの解説を中心に執筆しております。