教育を考えれば考える程難しいですがやり甲斐もありますよね@レップ千葉

今回の千葉のブログは考えさせられますよ。

想像以上に成長した千葉ですが、まだ序の口なのかもしれません。

 

最近社内では「千葉さんみたいになりたい」という声も聞きました。

社内人気があるという事は、社外からの人気も生まれるでしょう。(すでに千葉指名多数ですがw)

 

私がソニー時代、後輩に伝えていた事の中に「社内営業ができないのに社外営業ができるわけないだろ」

 

千葉はまさに理想的な上司に変貌しつつありますが、ブログを読んでみると、やはり昔は尖っていたんだなぁ〜とちょっとうれしくなりました。

 

春は教育について考えてみる時期

 

もうすぐ4月ですね。

今年に入ってあっという間に4分の1が終わってしまうのかと感じています。

 

4月は新卒が社会人になるタイミングですよね。

自分はすっかり感覚を忘れてしまっていますが、新しい環境ましてや社会人デビューの年は、迎える側ももちろんですが、本人はすごい緊張感や期待感を持って就職してくるんでしょうね。

 

新卒スタッフを迎えるサロンも中途採用も似たようなことで、今までと違った新しい環境をお互いに迎えるわけです。

REPSS社も、新卒ではなく1月から中途の営業マンが入社しています。

 

オジサン率が半端なく増加し、平均年齢もそれに比例して上がっていく一方だった弊社に、フレッシュ?な28歳の女性が入社してきました(28歳はフレッシュなんですかね?w)

 

この歳になると、今までの職場も含め、社内での多少の入退社も多少経験してきているのですが、やっぱり仲間が増えるのは嬉しい事ですよね!

 

私のモットーは「どうせやるなら楽しもう」なんですが、仕事や研修を楽しみながら成長していってくれればなぁなんて思っています。

 

教育をする側として

 

ところで、教育で気をつけている事ってありますか?

みなさんの職場でも教育(幅は広いですが)が行われていると思うのですが、理念というか信念というか、何に気をつけて教育をしていますか?

 

それぞれの社風もあったりするのできっとこれが正解という事もないと思うのですが、きっとその子が立派になって幸せであれば間違っていないと思うのですが。

 

自分が教育される立場から教育する立場になって思うこと、自分自身まだまだなんで書こうかどうしようか迷ったんですが、実行してること、実行したいことなんかを今回は書いていこうと思っています。

 

教育の現場で本質を伝える考えさせる事

 

入社半年で社長に「僕は店販売りません」

はい。私の社会人一年目は美容師だったんですが、当時の社長に言い放った言葉です。

完全にとんがって勘違いしてますね笑

 

当時のサロンは技術はもちろんですが、店販にも力を入れているサロンだったんですが、シャンプー売るために美容師になったんじゃありません。みたいな事を社長に言った記憶があります、今となってはだいぶお恥ずかしい話ですw

 

そして社長は、お前は売らなくていいよ、と心の広い対応をしてくれたんですよね。

 

当時の自分は「なぜ?」を全く考えていなかったんですよね。

すごく失礼な話でもあるんですが、逆を言うとそこが私には伝わっていなかったんです。

 

店販を販売していく意味、なぜそこに力を入れていたのか?なぜヘアケアが必要なのか?

 

自分で気付け!って話でもあるんですが、それは今の自分だから思うことで、当時の自分はやる意味が全く理解できていないんで、売らないって言ってやったぜ!と満足しちゃっていたわけです。

これが言葉にして伝えられる性格だったんでまだましだったんですが、言葉に出来ず溜め込んでいたらモヤモヤが溜まっていき、5年の勤務は出来なかったんじゃないかと思うんです。

その物事の本質をしっかり伝えること

 

なぜやるのか、自分にとってのそれはどんな意味があって、その子にとってのそれはどんな意味があって、会社にとってのそれはどんな意味があるのか。

 

必要だと思えば動くはずです。それで動かないようであれば何か原因があるはずです。

本質、目的さえ見失わなければ、修正のしようはいくらでもあって、飲み込みも早いですよね。

なぜそれが必要なのか?そこをまずはしっかり明確にしないといけませんよね。

 

さらに難しいのは本質を自分で考えて答えを出させる事。

飲み込みの早い子や成長速度が早い子はここが優れているのかもしれません。

いかに想像できるか?

 

店販=物売り=売らない

じゃだめなんですよねw

 

店販=月に1回、年間12回くらいしか来店されないお客様の、その自分が携われない残りの350日、せっかくキレイに仕上がったスタイル、カラーを少しでも長持ちさせて、少しでもダメージしないように、良いものとは言い切れない市販の商品を使うくらいだったら高いけどサロン専売品を使っていただきたい。

なぜならば、入っている成分が全く違い、そのお客様毎にプロがチョイスできるから。

さらに施術の合間に話が出来て、メニューとしての時間もかからず売上を上げることができるので売る。

 

これを新卒が自分で考えたらすごいですよねw

 

理解できていなかったら、伝えることも大切ですし、もっと大切なのは自分で考えること。

私も調子にのってすぐ答えを言いたくなっちゃうんですが、まずは考えさせないといけないですよね。

千葉さんすごいですね!って言われたいんでw

 

でも考える癖をつけておかないと応用が効かない人になってしまうような気がします。

考えて動ける人間の集団になれたら、その集団って結構強い集団になりそうですよね!

 

まずは自分で考える。

これは弊社の教育理念だったりもします。

 

教える側も目的手段を一貫しないと混乱させる

 

これはありがちですよね!

何のためにやっていることなのか、ここは明確になっていることが多いです。

 

ただ教え方が一貫していないと、あの先輩はこう言ってたけど、この先輩はああ言ってたし、どっちのやり方でやればいいんだろう?なんで違うやり方でやってんの?なんて言われるのもやだし、、、

なんて事になってしまいますよね。

 

これは実際にあるサロンアシスタントから相談があった話です。

教えて貰ってる側がこんな事を言ってるなんて何いってんの?わがままなんじゃない?って思いますか?

私はその人にはすごくありがた迷惑な話だと思ったんですよね。

感謝もしてるし、その気も無いのに先輩を不機嫌にさせる。だから外部の私に相談がくるんですよね。

 

弊社の今回の新人教育は吉里がメインでしています。

事務所で正面の席が吉里、その隣が新人の女の子で、事務所で作業してたりすると正面で正に教育の現場に出くわします。

そんな時に何をするかというと、何もしませんw

優しい目で見守っておりますw

 

こうしたらいいんじゃない?なんて事があれば吉里に言います。基本的に彼はすげー優秀なんであんまり突っ込む所もないんですが。

ここでタイムリーに自分が思っている事を言っても、新人を混乱させるだけですし、口をはさむ時は大体の場合が同調か例え話。

 

理解できてなさそう?と思ったときには違った角度から同じ話をすることをイメージしています。

とはいえ自分もやはり多少はでしゃばりたいんですよw

でしゃばってしまいその子から、でも吉里さんはこう言ってたんです〜なんて言われると、あーやっちまったwなんて思いますよね。

しょうがないです人間なんで、素直にそっか、ゴメンって感じですw

もちろん意見を求められたらしっかり返しますけどね!!

 

自分の言葉に変換出来ているか?

 

これまた自分がディーラーだった時の話。

上司から明らかにトップダウンという指示が来ました。

これまたスーパー生意気な私が出て来ちゃったんですよねw

 

○○さん、それって本気でそうしたいって思ってます?言われたことそのまま言ってるだけですよね?みたいな事を、、、

 

大好きな先輩だったんですけど、その分嫌な気持ちにもたくさんさせてしまったなと思ってます。

でも納得いかなかったんですよね、納得も理解もしてないのに言われたからやれって、それは嫌です、必要と感じないんで。ってなっちゃったんですよね。

 

当時の自分にも相当問題はありますが、社内の指示をいかに噛み砕いて、自分がしっかり理解して、その上で自分の言葉や行動で伝えていく。

これって重要ですよね。

 

千葉の話はすごく分かりやすいと言ってもらえる時は、自分でしっかり落とし込めている事が多く、逆に上手く伝わらない、相手がなんとなく?になっている時って、自分でも落とし込めていない事が多いように感じています。まぁ自分もイマイチ納得いっていない事を相手に納得させるのって難しいですよねw

ぶっちゃけ仕事だからやりたくないけどやってんだよね〜。なんて言っちゃうのも場合によってはありなんですかね?あんまり使いすぎるとマイナスでしかないですがw

 

なんでもそうですが、相手がいることで自己満足だけじゃ駄目ですよね。

目的や本質を明確にしつつ、いかに教育していくか。

時代の変化にも対応しなければいけないですが、そこが明確であればいいのかなと思っています。




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

千葉 実

美容師・美容ディーラーの経歴を経て、REPSS株式会社という美容業界に特化した保険/求人会社に所属しております。 美容室の開業、経営のお手伝いをしています。普段は基本、お客様や、ディーラーの方からご紹介頂く「紹介営業」で活動していますが、より多くの独立開業やサロン経営に携わる事ができればと思い、独立開業セミナー等開催しております。