北川君スゴイ!富士五湖ウルトラマラソン118キロ完走!おめでとう!

10年以上前から、北川君がまだ20代の頃から、勢いある若者として感じていた彼が、富士五湖ウルトラマラソンの118キロを、制限時間内を余裕を持って完走しました!

 

本当にスゴイ!

 

完走おめでとう!

 

カッコよかった!

 

ちなみに北川君とは、REPSS(レップ)社の社員とかではなく、大変お世話になっている美容関連の会社の営業スタッフさんです!

 

富士五湖ウルトラマラソン118キロ

 

私自身は100キロまでは完走していますが、1dayの100キロオーバーは未だに未経験です。

それもこんな早いラップを刻んで、118キロをゴールしした北川君は本当にスゴイんですよ!

 

前半20キロまでは、1キロ6分以内の快走!

その後は、1キロ6分〜8分ともちろん多少の崩れはあるのは当然として、制限時間15時間を大幅にクリアした「14時間32分」でゴール!

 

ラップを見ると、きっと後半の30キロは相当しんどかったんだろうなー。

よく耐えて完走したよ!

本当に強い!

 

118キロのコースマップを見て。かなりのアップダウンがありながらのこのタイムは立派です!

 

スマホで追いかけていて、前半飛ばしすぎじゃないか?と心配しつつ見ていたのですが、何だかソワソワするので富士五湖まで応援に行ってきました。

 

感覚が麻痺するウルトラマラソン

 

私が100キロを走りきった時は、60キロ地点〜80キロ地点は本当に辛かった。

60キロの時点で「まだ後フルマラソン分あるのか・・・」と思った。

 

80キロ地点まで到着すると「やった後20キロで終わりだ!」と、もー麻痺したかのように感じる。

 

辛いのはあたりまえ。

足が痛いのもあたりまえ。

もうやめようと思うのもあたりまえ。

 

そんな事を思うのは想定内。

 

ウルトラマラソンに慣れてくると、なぜかこんな事を思うようになる。

 

「痛いのは気のせい」w

 

辛い頃の応援に間に合わず

 

いても立ってもいられず富士五湖に向かったのですが、途中の渋滞にも巻き込まれ、到着したのは夕刻。

次から次へと帰ってくるランナーに「おかえりなさい!」と声を掛けながら、ラストを激励する。

 

ウルトラマラソンの場合、超長距離なので「お疲れ様〜!」という声の掛け方もあるのですが、多くの声援は「おかえりなさーい!」なんです。

 

私もはじめてウルトラに参加し完走したとき、沿道の見ず知らずな応援者さんたちにこの「おかえりなさーい!」の声を掛けていただいて感動したものです。

 

応援って本当に力になるんです。

あっという間に「回復」するんです。

 

今まで「もう歩こう」「もうやめよう」とネガティブな事ばかり考えていた自分が、沿道の応援を受けてまた走れるんです。

 

80キロ〜100キロ地点あたりで北川君に声を掛けたかったのですが、残念な事に間に合わず、ゴール手前で待つことにしたんです。

 

元気を取り戻した北川君

 

「おーーーい北川!」

「あっ!来てくれたんすかっ!」「めっちゃテンション上がるっ!」

 

 

ゴール前のラスト。

彼の最高の笑顔!

 

日に焼けて、顔もこけて、汗びっしょりで、ボロボロになった体力を振り絞って118キロ感動のゴール!

 

感動したよ

 

やっぱウルトラはいいな!

 

 

goodrのサングラスに、HOKAのシューズ。

オレンジの日光100キロの時のTシャツ。

 

118キロを完走した北川君は、カッコよかった!

 

走り終え疲れきっているはずなのに「大丈夫っす」と私に気を配ったのかもしれない。

疲れているはずだし、全身痛いはず。

その勲章がこのメダル。

 

お金では買えないこのメダルの価値は大きい!

 

お疲れ様!

よく帰ってきた!

 

次は一緒に走ろう!




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

下道 勝

美容業界特化型保険代理店REPSS(レップ)株式会社、美容師求人動画サイトCM&JOBを運営する代表取締役をしている、下道 勝(シタミチ マサル)が、日本全国の美容業経営者に向けた、情報ブログサイトを可能な限りの範囲で日々更新しているブログです。 日々営業活動をしている中で、美容業経営者の「なぜ」に対し、協会認定ファイナンシャルプランナーとしての情報が満載です。 これから美容業経営者を目指す方、現在美容業経営者の方に対し、情報を発信していきます。