人生で1番泣いた日がちょうど10年前。実は昔アメブロを書いてました。

このBBRブログサイトを立ち上げるずっと昔、実はアメブロを書いていました。

しかも、かなり多くの記事を書いていました。

 

2009年4月29日、親父が永眠しました。

 

親父が永眠した次の日の4月30日、自分の気持ちは落ち込み、どうにもやるせない気持ちをブログに綴っています。

 

もしお時間がありましたら、ちょうど10年前の記事に目を通してみてください。

 

「親父と2人きりの時間」

 

ブログ投稿2306記事になりました

 

親父が永眠して10年た経ちました。

懐かしいなんて今でも思えませんが、10年前のブログを読み返して、また涙が溢れました。

 

自分なりに他の記事も目を通しましたが、走ってばっかりだなとw

 

しかしなんとアメブロで「1,161記事」を投稿していました。

そして、このBBRブログ記事投稿が「1,145記事」なので、合計すると「2,306記事」になります。

 

嬉しい言葉をお客様からいただきました

 

1998年にソニー生命に入社し、2019年の今現在で21年目です。

保険屋として21年生です。

 

ある時の頃からか、お客様から嬉しい言葉をいただけるようになってきました。

「シタミチさんが死んだら困る」

 

この言葉は、保険屋冥利に尽きます。

 

シタミチさんに任せてあるから、いざって時にはシタミチさんに連絡すればいいんでしょ?

そのシタミチさんが死んじゃったら、誰に連絡したらいいの?

だから絶対に健康でいてください。

 

こんなに嬉しいお言葉をいただける保険屋の仕事をしていて、本当に良かったと思います。

 

これから先も保険屋であり続けたい

 

日本には200万人以上の保険屋がいるそうです。

 

保険商品は、誰から加入しても、どこの会社から加入しても、同一の保険商品で同一条件なら同じ保険料ですので、内容が決まり、保険商品が決まり、保険会社が決まったら、あとは誰から加入するかとなります。

 

誰から保険に加入しても、保険としては同じという事です。

 

最近では「保険ショップ」もたくさんありますよね。

優秀な営業マンもたくさんいます。

きっと知り合いは近い距離感の中に、保険屋さんはきっといるでしょう。なんせ200万人以上もいるのですから。

 

1億3,000万人前後の日本という島国で、お客様と私が何かの縁で出会い、私が保険担当させていただくという可能性は本当に低いのでしょう。

 

その僅かなご縁の中で、私を保険の担当者としてくださったお客様と、これから出会うであろうお客様に、「シタミチさんが死んだら困る」と言ってくださる様な、そんな仕事を続けられたら幸せです。

 

もし私が死んでしまって、または、意識が低下してしまったり、体が不自由になってしまっても、できる限りのバックアップ体制は整えておきますので、ご安心くださいね。




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

下道 勝

美容業界特化型保険代理店REPSS(レップ)株式会社、美容師求人動画サイトCM&JOBを運営する代表取締役をしている、下道 勝(シタミチ マサル)が、日本全国の美容業経営者に向けた、情報ブログサイトを可能な限りの範囲で日々更新しているブログです。 日々営業活動をしている中で、美容業経営者の「なぜ」に対し、協会認定ファイナンシャルプランナーとしての情報が満載です。 これから美容業経営者を目指す方、現在美容業経営者の方に対し、情報を発信していきます。