美容師スタッフさん向けお金の勉強会@レップ千葉

今回の記事は千葉です!

千葉も多くのセミナーをさせていただいておりますが、その中でも2つのセミナーはとっても高評価をいただいております!

 

そのひとつが「美容師独立セミナー」。

もうひとつが「美容師さんお金の勉強会」。

 

今回の記事は、千葉らしい表現で、「美容師さんお金の勉強会」をテーマに書いてくれました。

 

美容師さんスタッフ向けの優しい内容の勉強会です。

美容メーカーさんや美容ディーラーさんでは話せない内容の深さと、税理士さんの様な漢字と数字で説明する勉強会ではなく、難しそうな内容をいかに分かりやすく伝えるかの工夫がされた時間ですので、きっと美容師さんにとって聞きやすいでしょうね!

 

お金の勉強会というテーマは、なんだか難しそうで重そうな気もしますが、知っておいた方が良いことがたくさんあります。美容室社長が率先して、スタッフ向けのお金の勉強会をする美容室は、スタッフの数字の意識も高まる様です。

 

美容師さん向けお金の勉強会

 

最近、暑さにやられ気味の千葉です。

この時期に半袖のシャツを着ている状態で、夏本番がやってきたら一体どうすればいいんでしょう?

もはや対策の仕様がない状態ですよね。。。

 

美容師の皆さんはエアコンの効いた店内でのお仕事ですが、空調の効いた状態にずっといても体がだるくなりますからね。。。もはや、ただのわがままみたいになってますが、暑いものは暑いんですよねw

 

さて、先日、サロンさんでスタッフ向けの勉強会をさせていただきました。

ありがたいお話です!

 

最近はニュースにもなっていますが、年金だけでは老後の生活資金が足りなくなると国からの発表があったせいか、お金や貯金に関心のある方が多くなっていますよね。ある意味、国としてはしてやったり的な部分もあるかもしれません。

 

将来の生活費は自分でも蓄えていなければ、年金だけでは足りないであろうことは前々からある程度予測できたことでもありましたが、政府が発表したとなると、そのあとゴニョゴニョ誤魔化してきてもやっぱり不安になり、関心が増しますよね。

 

ここに書くのもなんですが、「千葉家は毎月のお小遣い制」なんですが、このタイミングでのこの発表。

小遣いアップの交渉をしようと目論んでいたところでのこの発表に、私の妻も少なからず影響を受け、先手を打たれて「節約しないとね!」って言ってました。

 

こんなところにも影響がでましたよ。。。小遣い上げてって言いづらいw

 

美容師さんにわかりやすいと言っていただけるか

 

勉強会の話に戻します。

いろいろな講習や勉強会が世の中にはありますが、私が一番大切にしている部分は「わかりやすい」事かもしれません。オンラインやWEBを使った勉強会ではなく、対面での形でしかできない、感じる事ができる部分かと思っています。

 

専門的な言葉や内容を、いかに「ひらがな」にして伝えることができるか。

 

私自身も講習や勉強会を受講したことがありますが、聞きたい内容があっても難しい言葉や聞き慣れない言葉が続くと、そっちに意識が持っていかれてしまって、よくわからないまま終わってしまった。なんてこともあったりしたんです。せっかく受けた講習なのに、それではもったいないですよね。

 

専門的な知識があったりすると、どうしても難しくなってしまう話を、いかに「ひらがな」にして伝える事ができるか。

せっかく時間を作っていただき、聞きたい事があったのに聞けない、わからないでは何のための時間だったのか?ってなってしまいますよね。

 

聞きたい知りたい情報を把握して、それに対して如何にわかりやすくお伝えできるか。いかにわかった!と言ってもらえるか。そんな事を心がけています。

 

更に理想を言えば、お話が終わって質疑応答の時間にバンバン言葉が飛び交ったりしたら嬉しくなっちゃいます!

 

美容師さんiDeCo?Nisa?

 

今回の勉強会のテーマはやはりお金の話。

将来の不安をどう解消するか。

政府は自助努力なんて言ってますし、自分でなんとかしなきゃいけないってことですよね。将来のためにお金をどうやってためていくか。いろいろな方法があるんです。

 

銀行で貯金をするも良し、仮想通貨で運用するなんてのもありだし、株で資産を増やす事も出来るでしょう。

iDeCoやNISAも選択肢にもちろん入ってきますよね。

 

でもそれぞれにメリットがあって、それぞれにデメリットがあるんですよね。

内容を理解して、自分にあった貯金をしていけばいいと思っていますが、割と見落としがちな事があったりするので、ちょっと角度を変えたお話なんかもさせて頂いています。

 

技術やケミカルの勉強会ももちろん大切ですが、こういった勉強会も意外と喜んでいただけるんですよ!

お客様との会話にも少し使えたりするんじゃないかと思っています。

 

美容師さんのお金の不安

 

そして別の角度から考えてみると、将来に漠然と不安を抱えているスタッフが多いという事は、きっとサロンとしても何か出来るってことですよね。

 

知識の向上なのか、仕組みの導入なのか、それはサロンさん毎に変わってくると思いますが、スタッフが求めている事に対しての対応も、一種の福利厚生や教育の一環になるのではないでしょうか。

 

厚生年金であれば確実に将来もらえる年金額は国民年金よりは多くなりますよね。でもどれくらいもらえるのか?

 

今は厚生年金だけど、万が一転職して個人サロンで働いたらどうなるの?なんて話も、アシスタントの方には興味持ってもらえるかもしれないですね。

 

柔軟な思考でありたい

 

こうあるべきだ。

という根っ子の部分、芯がぶれてしまってはマズいですが、それ以外は柔軟に考えて行きたいと思っています。

 

年齢を重ねるとどうしても思考が凝り固まってしまって、中々時代についていけない、自分のスタンスを変えられなくなってしまうんですよね。そうならないように新しい事にチャレンジしていく、今求められている事に柔軟に対応して変化する。難しい事かもしれませんが、努力はしないとなぁなんて思っています。

 

美容室からの相談も変化しています

 

昔ながらが重要な仕事やモノもあると思いますが、少なからず変化をしなければいけない業界、求められている業界なので、こちらも対応できなければいけません。

少し前までは社会保険のご相談がかなり多く、今でも多いのですが、今はそれよりも退職金のご相談やグループ化のご相談も増えています。

 

社会保険の話ができて当たり前で、美容業界自体は次の流れになっているのかもしれません。

 

その変化に対応できなければ、「わかりやすい!わかった!」ではなく「知ってる。」って言われてしまう事になるでしょう。

 

知ってることしか知らない人に、それほど興味を抱いてくれないかもしれないですよね。

そうそう、そこが知りたかった!を満足させる事ができたら嬉しいなと。

 

知らなかったと知っててやらない

 

「知らなかった」と「知っててやらない」は、どちらも結果は「やってない」ですよね。

 

でもここには大きな違いがあると思うんです。

知らなくてやっていないのは「自分で選択していない」ですよね、知らないからやれないって事でもありますよね。

 

対して知っててやらないのはそこに「自分の選択」があるんですよね。

自分で判断した結果、やらないんですよね。

 

その場合は自己判断なので、結果どうなっても自己責任として消化できるかもしれませんが、知らなくてやれなかった。これが怖いですよね。今回の年金、お金の話もそうですね。

 

多くの方が、将来年金だけでは生活できない、かも?と認識したわけです。

 

美容師さんの年金不安

 

国としては、前に言ったじゃーん。と言える環境をさらっと作ったとも解釈できます、困りますけどw

でもそうなった時にどうするか?

貯金をするのもしないのも自己判断ですし、将来どんな生活を送る事になるかも自分次第という部分もあります、厳しいですが。

 

でもどうやったらいいのかがわからないし、株ってどうなの?NISAってどうなの?を、大枠知っておく必要はあるかもしれないですね。

 

あれ、なんか損してない?なんて将来ならないだけの情報は最低限おさえておきたいですよね。

将来歳をとった時に、あれ?年金じゃ生活できないよ!えー聞いてないよ!!

あれ、貯金してたけど思ってたより溜まってないけどなんで?!

って言っても誰も助けてくれないですからね。。。

 

最近勉強会のご依頼がありがたいことに増えています。

更に以前ご相談いただいていた内容から、少し変化を感じています。

サロンで抱えている悩みや不安が少しずつ変化しているからなんでしょうね。

 

そこに対応出来るよう、柔軟な思考でありたいと思っています。




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

千葉 実

美容師・美容ディーラーの経歴を経て、REPSS株式会社という美容業界に特化した保険/求人会社に所属しております。 美容室の開業、経営のお手伝いをしています。普段は基本、お客様や、ディーラーの方からご紹介頂く「紹介営業」で活動していますが、より多くの独立開業やサロン経営に携わる事ができればと思い、独立開業セミナー等開催しております。