こんなアプリは美容業界にとって最高でしょ?アプリを作れる人いませんか?

アプリとか作れる人ってスゴイですよね。

私の様な「文系」と言い訳をしているタイプには到底不可能な言語の羅列。

いつどうしたらこの手の仕事をマスターできるのでしょうか?

私も学校で学べば多少は出来るようになるのでしょうか?

 

美容師向けのアプリ

 

アイディアならたくさんあるんですけどね〜。

そのアイディアが、形になるのかしないのかは別ですけどねw

 

現状の美容室の課題をブラッシュアップしてみると、何が思いつきますか?

  1. 教育
  2. 求人
  3. 集客
  4. ビジネスモデル
  5. 節税
  6. 事業承継

 

あとはなんだろう?

皆さんの美容室で最も大きな課題はなんですか?

「人さえいれば?」

「現金があれば潰れない?」

 

アイディアはあるので誰か作ってー

 

20年も美容業界に携わっていると、たくさんの相談や話を聞く機会があります。

2000年の頃の課題が、2005年には変化し、2010年には進化し、2015年はイケイケでした。

2015年を境に、何か変わり始めた気がします。その流れがジワジワと今に蔓延してきた。

 

アプリが解決してくれる訳ではなく、アプリは手段であって方法論なのですが、現状ではアプリの機能が最も身近な形で運用ができそうな気がするんです。なので、必ずアプリでなければならない訳ではなく、他の何かでもいいんです。

 

アプリ以外の方法論であっても、今できる技術を組み合わせると形になるはず。

 

美容業界をしっかりと本質を見つめていると「お金を回す」みたいなビジネス風の号令ではなく、今持ち合わせているモノと思考で十分に満足できるサービスの展開もあると思う。

 

美容業界のどこに着目するか?

 

消費社会において、消費を止めたいという考えもあります。

消費をするために融資を受けて、融資を返済するために、もっと働いて。

もっと働くことで、自分の自由の時間が削られていく。

 

その結果が日本は「世界幸福度ランキング54位」なのではないでしょうか。

 

解決するとかソリューションとか、問題を解消するためのモノづくりではなく、必要とされるモノづくりがしたい。

 

どこまでが仲間で、どこからがライバルなのか?

皆が仲間でいられるなら、皆が消費社会から少しでも脱却できれば、自分に使える時間がもっと増えるはずなんです。

 

もっと好きな事に時間が使えると思うのです。

仕事が好きですとか、そういった話ではなく、人としてという意味で。

 

美容師向けの作りたいアプリ

 

私が考えるに、やはり「人」なんです。お金じゃないんです。

人が人らしい生活が出来るように、人がお金を生むのではなく、お金が人を生むのでもありません。

 

アプリというデジタルの入り口を通じて、アナログの世界観を受けられる空間。

その空間デザインの居心地を誰か作って欲しいな。

 

結果、何が作りたいのか?分からないでしょう?

ここで全容を書いたら、誰かパクリそうだしねw

 

協力しても良いよという方は、話聞かせてという方、お声掛けください!

直接話したい案件なんでね。




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

下道 勝

美容業界特化型保険代理店REPSS(レップ)株式会社、美容師求人動画サイトCM&JOBを運営する代表取締役をしている、下道 勝(シタミチ マサル)が、日本全国の美容業経営者に向けた、情報ブログサイトを可能な限りの範囲で日々更新しているブログです。 日々営業活動をしている中で、美容業経営者の「なぜ」に対し、協会認定ファイナンシャルプランナーとしての情報が満載です。 これから美容業経営者を目指す方、現在美容業経営者の方に対し、情報を発信していきます。