あなたは誰にどんな想いを伝えたいですか?何を残したいですか?

私は保険屋なので、さまざま状況に出会います。

 

私自身も他人事ではなく、いつ事故に遭うか、いつ病が近づいてくるのか分かりません。保険屋という仕事をしていると、ドクターの凄さを知り、病と戦う患者さんの精神力の凄さを知り、ご家族の温かさを知り、怪我から復帰するための不断の努力をする方を知る事になります。

 

48歳のおっさんになって、ドクターになりたいな、弁護士になりたいなと思う事もあります。

 

今日は身内で起きた出来事を書こうと思いました。

 

病院に運ばれた数日後の出来事

 

私は従兄弟(いとこ)がたくさんいます。

父方の兄弟姉妹、母方の姉妹が多く、従兄弟の人数はものすごい人数なんです。

 

46歳の親類が8月の某日、病院に運ばれ数日後に永眠しました。

 

誰にでも起きる可能性のある事。

 

保険屋としてではなく、身内のひとりとして葬儀に参列しました。

 

もし私に同じ事が起きたら、誰にどんな想いを伝えたかったか。

もしこのブログを読んでくださっている方に同じ事が起きたとしたら、あなたは誰に何を伝えたかったでしょうか?

 

伝えたい想い

 

急な事故、急な病になってしまったら、誰に何を、どんな想いをどう伝えたいですか?

 

子供がいる方なら、子供にたくさん伝えたい事があるでしょう。

親が健在なら、親に伝えたい事がたくさんあるでしょう。

会社を経営しているなら、スタッフに伝えたい事がたくさんあるでしょう。

 

残してあげたい想い

 

私に何かあったその時に、何を残してあげられるのだろうか。

迷惑のかかるものは残したくないな。

誰かが困る様な事を残したくないな。

 

安心して生活できるようにしてあげたいな。

想っていた未来を実現させてあげたいな。

希望する未来を実現できたらいいな。

 

自由に生きていける様にしてあげたいな。

 

自分にはそんな事が起きるはずがない

 

予告もなく、予知もなく、突然襲ってくる。

 

長生きして、永眠する事はある意味とっても幸せな人生なのかもしれませんね。

 

私の父親が永眠する時、私が看取りました。

親父と2人きりの時間(2009年4月ブログ)

 

保険屋という仕事をしていると、さまざまな状況に出会います。

「下道さん、ありがとう」と言ってもらえる仕事です。

 

自分には起きるはずがないという事も、突然に襲いかかってくる事もあるのです。

 

私の仕事

 

想いを形にして届ける事が仕事です。

 

保険には、よくわからないけど加入している人も多いでしょう。それはそれで良いとも思います。しかし、私が担当者として存在するのであれば、契約者の想いを届ける事が私の仕事です。

 

あなたは、誰にどんな想いを伝えたいですか?

あなたは、誰に何を残してあげたいですか?

 

その準備は、俺には私にはまだ関係ないなと思いますか?




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

下道 勝

美容業界特化型保険代理店REPSS(レップ)株式会社、美容師求人動画サイトCM&JOBを運営する代表取締役をしている、下道 勝(シタミチ マサル)が、日本全国の美容業経営者に向けた、情報ブログサイトを可能な限りの範囲で日々更新しているブログです。 日々営業活動をしている中で、美容業経営者の「なぜ」に対し、協会認定ファイナンシャルプランナーとしての情報が満載です。 これから美容業経営者を目指す方、現在美容業経営者の方に対し、情報を発信していきます。