第15期REPSS(レップ)社START!

2019年11月30日より、REPSS(レップ)社第15期がSTARTしました!

 

保険業界のみならず、どの業界でも厳しい時代です。その厳しい時代を生き抜いて行く「術」は、経験と勘だけでは乗り切れません。

 

ベーシックという基本や基礎があって、それを応用しながら、お客様に支持いただけるように、そして私としては、スタッフがREPSS(レップ)にいて本当に良かったと思ってもらえるような会社運営。

 

お客様である美容師さんが活躍できるように、スタッフ全員が活躍できるように、お客様もスタッフも未来の自分像に向かって着々と向かえる様に、第15期も社長として皆の想いを叶えられたら幸せです。

 

15年目の会社運営

そう簡単に利益をだせる会社も多くはありません。REPSS(レップ)社も同様に。全力で走り続け、全力で仕事に向き合う姿勢があって、どうにか維持できるのかもしれませんね。

 

売上を上げるだけなら、資本投下で作れるのかもしれません。瞬間的に売り上げを作り、会社を他人に売却する目的がないREPSS(レップ)社では、長く継続できる仕組み作りが生き残る手段になるんです。

 

今では推定ですが、美容業界で最も多くの保険契約を担当している保険代理店と自負するまでになりましたが、保険屋が保険だけを扱っている時代ではなさそうです。

 

美容室では、カットという柱を中心に、カラーもパーマもトリートメントもヘッドスパもメニューにあるところがほとんどです。

 

REPSS(レップ)のメニューでは、保険という柱を中心に、美容師求人、内装デザイン・施工、ホームページ制作、税理士・社会保険労務士の紹介など幅広くも見えますが、美容室運営を全く同じ様に、お客様の要望に応じて対処できる体制を整えただけなのです。

 

だから「手広く」という感覚ではなく、美容室メニューと同様に、お客様の要望に応える為には当然だと思うのです。

 

美容師さんが全てのメニューをできるのと同じ

広く浅くではなく、1つ1つ丁寧に。

 

ひとりのお客様にカウンセリングをし、全てのサービスが始まりますよね。REPSS(レップ)社でも同じです。カウンセリングというアプローチがあって、関心事(カンシンジ)を聞かせていただく。その関心事において、どの様な「方向性」をお考えなのか?

 

スタイリストが全てのサービスに対処できるのと同様に、REPSS(レップ)スタッフたちも、全てのサービスの対処ができるように、練習したり勉強をしています。

 

質と量と向

私がスタッフ向けの勉強会を行う際に、いつも伝えていることのひとつに「質と量と向」という考えがあります。

 

自分の仕事の「質を上げたい」と考えるのであれば、「圧倒的な量」を経験する必要があると思います。しかし、その「量」を見間違ってしまう、言いかえれば「方向性」もなく、ただただ闇雲に量をこなして質は向上しないのです。

 

例えば100メートル走。スタートラインがあって、コースには線がひいてあって、ゴールラインがある。だから一生懸命に走れるし、まっすぐも走れる。仕事もこれと同じだと思うのです。リーダーが、スタートラインを用意し、コースラインを設定し、ゴールラインを作る。

 

その走り方の指導をするコーチもいたほうが良い。しかし重要なのは、ゴールラインに向かって全力で走ってゴールラインを突破する、理由や目的がなければ、全力でもなく、一生懸命にもなれないのではないか?

 

与えるだけでは物足りない。優れた仕組みを会社が全て用意したとしても、本人の意思が大きく結果に影響するのです。

 

なぜ、全力でゴールラインを目指すのか?

なぜ、一生懸命に走るのか?

 

その「なぜ」を個々に追求する事が、仕事の目的や目標の設定になるはずなんです。

 

スタッフの幸福が会社の幸福

仕組化も必要でしょう。キャッシュレス化やIT化も聞き慣れましたよね。その効率がスタッフを幸せにする手段なのかは、やってみないと分からない。

 

泥臭くてもチャレンジし続ける事が未来を切り開くと確信している以上、チャレンジをやめる気はない。革新や改革を、資本というお金を使い、一瞬だけ知名度を上げるようなビジネスではなく、スタッフの笑顔や会社の風土みたいなものを大切にしたい。

 

「生き方に笑顔を。」




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

下道 勝

美容業界特化型保険代理店REPSS(レップ)株式会社、美容師求人動画サイトCM&JOBを運営する代表取締役をしている、下道 勝(シタミチ マサル)が、日本全国の美容業経営者に向けた、情報ブログサイトを可能な限りの範囲で日々更新しているブログです。 日々営業活動をしている中で、美容業経営者の「なぜ」に対し、協会認定ファイナンシャルプランナーとしての情報が満載です。 これから美容業経営者を目指す方、現在美容業経営者の方に対し、情報を発信していきます。