感謝の意を込めて年内に御札やお守りを納めに@神田明神

  • 2019年12月28日
  • Think

12月27日の金曜日をもって、REPSS(レップ)社の2019年の営業を終えました。REPSS(レップ)スタッフ皆お疲れさまでした。

 

REPSS(レップ)社の営業日は終了したとしても、お客様の美容室は今日も元気にお仕事をされていると思います。むしろ予約がいっぱいで忙しい日々だと思いますが、今年もあと少しですので、ラストスパート体調に気をつけ頑張ってください!

 

御札やお守りをいつ納めるか

毎年初詣の時に、会社に祀るお守りや御札を買っています。昨年から神田明神が神保町界隈の総氏神様と知り、お世話になっております。

 

神保町に移転してきた際に、お祓いをお願いしました。その時に質問したんです。「お守りや御札はいつ納めればいいんですか?」と。この質問に対して「年末年始の場合、年内に感謝の意を込め納め、新たに買う場合は初詣の時ですかね」とのことでした。

 

その事を初めて知りまして、今年から最終営業日に神田明神へ向かい、御札やお守りを納めようと思っていたんです。

神田明神へ納めに

たくさんの人が訪れていました。様子を見ていると皆さん納めにきている様子でした。納める際にも手を合わせて御礼を伝える人、お賽銭を渡して納める人、ただポンと納める人、さまざまですね。私は手を合わせ、お賽銭を渡し、一例をして御札とお守りを納めさせていただきました。その後本殿に向かい、今年1年の感謝の意を込めて、お参りさせてさせていただきました。

 

多くの参拝者さんが並び、私の目の前の高齢の女性の方は、5分か10分か分かりませんが他の方々より少し長めの時間を掛けてゆっくり手を合わせていました。私の目の前だった事もあって、私に会釈をして立ち去ろうとした時に気が付きました。涙を流していたんです。きっと深く想う事があったのでしょうね。一見70歳代か80歳代か。とても素敵な方だなと思いました。

 

REPSS(レップ)社を代表して

その高齢の女性の方を目の当たりにして、私も私なりに十分な時間をいただきました。REPSS(レップ)社を代表して感謝の意を込めて、会社の住所、スタッフ全員の名前を伝え、私が代表として来ましたと添えて、今年1年間の感謝を伝えてきました。お願い事は何もありません。

 

こんなにゆっくりと手を合わせてお伝えしたのは初めてだったかもしれません。思い起こせば、いつもさらっと住所と名前だけを伝えて「昨年はありがとうございました、本年も宜しくお願い致します」程度で帰ってきた気がします。後ろに並んでいる人たちに配慮しながら。

神田明神大黒様

神田明神には商売の神様も祀られています。本殿で手を合わせ、次に向かった先は大黒様。神田明神には七福神の内の「大黒様」「と「恵比寿様」がおられます。本殿の横には「銭形平次の碑」もあるんです。

商売の神様にも感謝を伝えてきました。

 

レップ社より2019年ごの挨拶

2019年も本当にありがとうございました。多くのお客様、多くのお取引先企業様、SNSやセミナーでお知り合いになった方々、本当に多くの方々に支えられ、2019年を走り抜ける事ができました。

 

2020年は皆様どう突っ走るか?決めましたか?

 

REPSS(レップ)社は、大きな飛躍を目指すことではなく、コツコツと努力の継続と、目標に向けた行動を胸に、一歩一歩進んで参ります。

 

皆さんにとって2020年もいい年でありますよう、心から願っております。

 

2019年の残り僅かではありますが、気温変化も激しく空気も乾燥しているので、お体を十分にご自愛ください。

 

2019年、本当にありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!