正月休みに元釣り人としてガチでヒラメを狙うけど釣れないんでしょ

年末年始やる事があるようで無いような。そんな本日29日日曜日。REPSS(レップ)スタッフの多くは、今日明日にでも帰省するとの事。私は東京生まれ東京育ちなもので、帰省ということもなく、明日30日は会社に行って年内に終わらせたい仕事を片付けてこようかなと。仕事といってもお客様と何か打ち合わせがあるとかではなく、社内の管理部分や雑用をしっかり終わらせたいといった感覚。誰の為とかではなく、会社としてはそのあたりしっかりしておかないとね。

 

今日は普通の日曜日として、暇な正月に元釣り人として年始釣行を試みようとちょっと準備をしてみる。

 

あ、元釣り人ってご存知でしたっけ?元波乗り人でもありますがw

 

釣りをしていた期間はざっくり6年か7年間くらいだったんですが、性格的にやるからにはとことんやりたいタイプなので、某サイトで年間ランキング1位〜5位くらいをいったりきたりする程度はやっていたんですよーと、ちょっとした自慢なんて聞きたくないでしょw

 

そのこともあって、しばらくメーカースポンサーがついてくれたり、ロッドやルアーの開発に携わったり、ネット上では一瞬ですが「時の人」的な感じで、釣りに行った先で声をかけられたりもありました。

 

当時、某釣りサイト(現fimo)での私の名前は「paz」。東京の湾岸エリアを多摩川を中心に、夜な夜なルアーを投げ、シーバス(スズキ)釣りをしていました。

 

そんな元pazとして正月の暇をみつけて、タイドグラフとエリアを絞って、ヒラメ狙いのガチ釣行でもしよーかなと。

 

STELLA4000番とモアザン87MLS-5

今どきのロッドやリールの進化は分かりませーん。なんせ釣りから遠のいているのでね。私の釣り道具ボックスから、久しぶりにステラ4000番を出し、動きをチェックしてみると、なんとか使えそう。

 

ロッドは5ピースのパックロッド。ダイワのモアザン87MLS-5。これは車にいつも入れてるやつ。

シーバスをやっている時のロッドもあるんですが、今ある長めのロッドはこのパックロッドくらいしかない。まーでも十分すぎるほどのタックル。

 

シマノSTELLAを復活させる

いつ巻いたかもわからない黄緑色のPEライン。確か8本ブレードのG-SOULだったようなうる覚え。私が釣りに没頭している頃に出始めた8本ブレードは結構高価な買い物で、確か4000円〜5000円位した記憶がある。ところがだ、近所のタックルベリーにPEを見に行ったら、今どきの8本ブレードってこんなに安いの??

税込み1426円だって!!めっちゃ安いのね最近のPEラインって。あ、けどこのPEのグレードも使い勝手も全く知らないので、ただ8本ブレードってだけで買ったんですけどね。シーガーだし粗悪品じゃないことを祈るw

 

PEをこれにして、リーダーも買わないとと思ったらこれまた安い。

シーバスをやってる当時からリーダーはシーガーだったんですけど、これはシーガーの中でもどの程度のモノなのでしょうか?よく分からないけど、20ポンドと25ポンドを迷って結局太めを選択。

 

PEは細い方が飛距離も出るので、昔から0.8号を使っていたんですけど、リーダーはよく40ポンド(湾岸エリアのスト撃ち用)とかを使っていたんです。なので、今回の25ポンドは細めですけど、ビーチのヒラメなら十分でしょうきっと。

 

PEライン巻き直し

この黄緑色のPEラインから、買ってきたPEに入れ替えです。

 

びっくりは最近のPEってはじめからコーティングされてるの??手触り感がツルッツルでこれならコーティング剤をスプレーする必要はなさそうな感じ。すごいね最近のは。

 

そんでササッとPE入れ替えはとってもスムーズ!これで一旦はOK!

 

下手くそ過ぎるFGノット

10年以上ぶりの編み込みは、自分でも下手くそだと思える程下手くそに仕上がったw手先は覚えている様で、いざシステムを組み上げようと遠い記憶をさかのぼってPEとリーダーを編み込んでみたら、案外と出来たが仕上がりは下手くそ。ぐじゃぐにゃじゃんw

 

シマノSTELLA復活!

0.8号PEを入れ替えて、25ポンドリーダーをFGノットで組み上げてこれで完成!あとは現地で投げるだけ!

 

数年前のヒラメルアーで挑戦

シーバスルアーは今でも山ほどある。開発に携わったルアーもたくさん。そして、私のpazロゴの入ったルアーもある。しかーし、ヒラメルアーは数えるほど。

 

おそらく結果的にメインルアーになる気がするのはワーム系かも。どこのヘッドに、どこのワームを組み合わせたものか忘れたwけど確かヒラメタックルだったはず。

 

ヒラメ狙いハード系

サーチには2種類のタイプ別ミノーで一通り流すか、バイブレーションで縦横を流すか。タックルボックスにあったヒラメルアー達。基本的にはシーバスルアーで十分使い回せる気がするんだけど、深いとこまで行くミノーがシーバスには少ない気がする。今どきのルアーは知らないんだけどね。

この2本そっくりなんですけど、リップの形状と構造の違いがあるようで、潜航深度も大きく違うはずなんです。

「S」がシンキングなので少し深いとこまでいってくれる奴。もし堤防で海底がビーチなら「S」でサーチになるかな。ビーチで投げ倒すなら、下の「95」でサーチになるはず。

 

シーバスの時活躍した鉄板系

上はシーバスをやっている頃の湾バイブアンサーで、下が数年前に買ったトレーシー。縦のリアクションにはこの手のタイプはやはり外せないしね。あ、ヒラメに縦のリアクションとか無いかw

 

釣り番組をたまに見ていると、ヒラメのロングキャストでのアクションって、基本はストップ&ゴーみたいですね。バイブレーションもたぶん同じ使い方が基本なんでしょうね。

 

もしイカと遭遇したら

こんなんもありました。とりあえず持っていこうwイカと遭遇したら、こいつを投げてチョイチョイチョメチョメしたらスーーっとくるかもしれないw

 

年始のヒラメ釣り

まーきっと釣れないでしょ。ヒラメってそう簡単に絞り込めないし、シーバスの様な習性もよく分からないし。まーとりあえず投げて投げて投げまくって、それなりにやってみようかなと。

 

船で出ても釣れる釣れないもあるし、それをヒラメ釣り初心者がいきあたりばったりで釣れる程簡単ではないでしょうしね。

 

とりあえず目についたとこを投げ倒して、釣れたらラッキーな程度に楽しみましょー!

最新情報をチェックしよう!