自己嫌悪と葛藤と責任

人を100%理解しようとしてみても、誰かに100%理解してもらおうと思っても、他人同士の関わりあいなのだからそれは無理ですよね。身内でも他人同士でも共存する以上、合う合わないはありますよね。それを自分の中で理解したり、理解できない時に強いストレスになったり。生きていく上で、多少は誰でもあるはずです。

 

1人で生きて行くことがストレスフリーかって言うとそうでもない。合う人だけを限定できるのか?只今、最高潮に自己嫌悪のシタミチです。

 

経営者ってさらに悩みますよね。ポジティブな時にはイケイケで、人知れずネガティブな時はトゲトゲしたり。スタッフも役員も、そのタイトルを取ってみると一人の人間なわけです。良い時だって元気がでない時だってあって当然だし、それが無くいつも気持ちが平坦って人もいるかもしれないけど、感情はあったほうが良いと私は思っている。喜怒哀楽は表裏一体だから、この四文字熟語があるんでしょうね。

 

自己嫌悪

トップダウンで指示する手法も、皆に意見を聞いて進行させる手法も、今の気分の場所によっては、全てYESの時も全てNOの時もあるから難しい。そう、気分が仕事に関与すると誰だってそうなる。私もそういう時があるのが反省点。

 

会社を15年間動かしてくると、時にはぶつかるし、時には笑うし、時には泣くし、時には落ち込む。本当に苦しい時代を乗り越えてきたからこそ、続けてきたからこそ、大笑いする時も、めちゃめちゃ楽しい時も知っている。

 

葛藤

何度も何度も、挫折したり迷ったり怒ったりした。もう辞めようかと思った事だってある。何度も逃げ出したくもなった。ひとりで仕事をした方が楽だって思った事だってある。それはどの経営者も経験した事があるんじゃないか。

 

けれど、仲間がいる、信頼した仲間がいる。たくさん助けてもらった仲間がいる。仲間がいるから寂しくないし、仲間の為に頑張れる。

 

生まれ育った土地も、育った環境も、両親の思想も、見た目も服装も髪型も、同じ人なんてひとりもいないのだから、全く同じ思考や思想を持つ人はいるわけがない。だから時にはぶつかったり、距離感ができたりするのはあたりまえ。それでもリーダーは会社として同じ方向性を示す必要があるんですよね。

 

最近白髪が急激に増えた。坊主頭だから目立ちにくいかもしれないけど、明らかに増えた。

 

レップ社では、宿泊出張はこの10年を振り返ってもほとんどない。私の場合、過去に宿泊出張は京都数回と前回の新潟くらい。仙台は2時間位で着くのでもちろん日帰り。昨年の年末に石井と森本が北海道に行ったの時は確か宿泊出張だったかな。出張先で朝早いアポイントであれば前泊の必要がありますが、夜のスケジュールであれば調整して帰京できるようにしている。

 

吉里は静岡に多く行っているけれど、深夜の東名高速で睡魔に襲われて朝まで寝てしまったなんて事があるらしい。こうして皆次の日のスケジュールを予測して、効率的に動いてくれているだろうけど、体への負担も大きいだろう。会社の為ではなく、使命感やお客様との約束を果たすために頑張ってくれている。

 

責任

その仲間たちを絶対に幸せにしたいし、辛い事も心が落ち込む時があっても、結果的に笑える時間があったらいい。ルールや制度の中にある自由と、自由気ままに生きる自由とは異なる性質があると思う。やり甲斐や生き甲斐は、家族や仲間やつながりある人達が居て、合う人合わない人がいるから頑張れる気がする。人生で、全て合う人ばかりはなずもないし、もしろすごく合っている人の方が考えてみると少ないんじゃないか?

 

私も年取って、年齢を重ねれば重ねるほど、我が強くなったと思う。それでも、何もかも受け入れて皆のために頑張ろう。




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

下道 勝

美容業界特化型保険代理店REPSS(レップ)株式会社、美容師求人動画サイトCM&JOBを運営する代表取締役をしている、下道 勝(シタミチ マサル)が、日本全国の美容業経営者に向けた、情報ブログサイトを可能な限りの範囲で日々更新しているブログです。 日々営業活動をしている中で、美容業経営者の「なぜ」に対し、協会認定ファイナンシャルプランナーとしての情報が満載です。 これから美容業経営者を目指す方、現在美容業経営者の方に対し、情報を発信していきます。