美容室の固定費削減と保険代理店の固定費削減

いよいよ株価も下落して、為替も大幅な円高傾向になってきました。超お金持ちにはチャンス到来といったとこでしょうが、我々にとっては脅威に感じる事の方が多い気がします。

 

火曜日の時点で、弊社のクラーク(内勤スタッフ)に指示を出しました。2月の支出一覧の作成を。会計上の経費ではなく、キャッシュフロー上の支出の一覧です。再確認の意味を含めて、2月単月の支出の内訳と、その詳細を再チェックします。

 

家賃や返済といった支出の他に、変動費の内訳を確認し、今できる節約は何か?変動費といっても、弊社の従業員の退職金(ドル建て・変額)を触るわけにはいきません。

 

美容室の節約は何ができるか?

美容室と保険代理店では少し固定費と変動費の違いがあります。例えば交通費。営業マン一人あたりの月間交通費は、おおよそ3万円〜6万円程かかります。車で営業する場合、ガソリン代・駐車場代・高速料金を合わせると月間10万円前後はかかる計算になるので、仮に営業マンが10名いる場合ざっと50万円前後は活動交通費として必要という事になります。結構かかるでしょう?

 

比較対象にしづらい感じもしますがあえて比較するとすれば、営業会社の活動交通費と、美容室の材料費はちょっと近い感じもします。美容室も保険代理店も家賃という観点では同じで、弊社の場合の家賃は坪単価13,000円。

 

材料代も交通費も仕事をする上で削るわけにはいきませんよね。変動費どころか、固定費削減はいったい何を削って節約に結びつけたらいいのか。

 

60万円の節約は売上600万円に相当する?

もし仮に「5万円」でも節約できたら、年間で60万円。月にたった5万円の節約だとしても、年間で考えれば60万円の節約ということは、1年間の営業利益率が10%の場合、この年間60万円の節約は、売上に置き換えると600万円に相当する事にもなりますよね。

 

この月5万円の節約をできるかどうか?もしもっと節約できるとしたら、それは大きな効果があると言えると思います。

 

役員報酬に対する社会保険料削減

過去記事に書いたこの方法論。

役員報酬の全額に社会保険料を掛けなくて良いと知っていますか?

社会保険料は節約できます。しかも「通達」という根拠に基づいて正しく行えば、しっかりと節約が可能になります。これは「知る人ぞ知る」やり方ではなく、過去「通達」を熟読するとしっかり明記されています。もしこれがグレーと思われるとしたら是非確認してみてください。

 

その確認方法は、税理士さんや社会保険労務士さんではあまり知り得ないと思いますので、年金事務所に直接問い合わせると良いと思います。過去私も直接質問した事がありますが、数日間経ってから正式な回答をいただきました。もちろん問題ありませんと。

 

給与の一部に社会保険を掛けない

社会保険料は、会社負担分と自己負担分の合算を納付し、後に給与から控除して調整しますよね。会社にとってはこの会社負担分が丸々と節約に繋がります。節約したからって、健康保険で受けられる治療が変わるわけでもありませんし、病院の窓口で支払い金額が変わるわけではないので安心です。

 

仮に20万円部分に「社会保険料を掛けない」という例にしてみましょう。

 

社長の役員報酬の内、社会保険料会社負担割合を仮に12%と個人負担12%と仮定した場合の合算は、20万円✕24%=48,000円ですね。(会社負担24,000円:個人負担24,000円)

 

会社負担24,000円✕12ヶ月=288,000円これが1年間の節約金額。もしかしたらたったこれだけで、従業員1名分の1ヶ月給与が浮くくらいの金額かもしれませんし、営業利益率が10%の場合は288万円の売上相当になるはずですから、年間で28万円という金額をさらに応用して考えると結構大きな節約になると思いませんか?

 

美容室で正攻法の節約

2020.1.29のブログで「役員報酬の全額に社会保険料を掛けなくて良いと知っていますか?」

を書いて以来、たくさんの美容室社長からお問い合わせをいただき、その中には従業員3名の法人美容室さんもいれば、他店舗展開をされている美容室さんなど、本当に幅広く多くの方々からご質問をいただきました。他業界ではこの手の方法論が普及していても、美容業界ではなぜかあまり知られていないんだなと実感しました。

 

美容室の固定費削減に繋がるこの方法論は法人美容室で、社会保険を完備されているのであればほとんど対応できると思いますし、何ひとつグレーな事もなく正攻法での節約ですから安心できると思います。

 

この相談であれば是非お問い合わせください。直接のご相談で弊社までご足労いただければ、納得できるまで時間無制限で無料でご説明しますので!

 

2020.3.13続編記事も書いておきましたのでどーぞ!

昨日記事の続編。役員報酬を下げたり事前確定賞与の活用ではないですよ。




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

下道 勝

美容業界特化型保険代理店REPSS(レップ)株式会社、美容師求人動画サイトCM&JOBを運営する代表取締役をしている、下道 勝(シタミチ マサル)が、日本全国の美容業経営者に向けた、情報ブログサイトを可能な限りの範囲で日々更新しているブログです。 日々営業活動をしている中で、美容業経営者の「なぜ」に対し、協会認定ファイナンシャルプランナーとしての情報が満載です。 これから美容業経営者を目指す方、現在美容業経営者の方に対し、情報を発信していきます。