美容室家賃の減額相談(コロナ原因)と支払い猶予の要請@レップ千葉

千葉がすごく興味深い記事を書いてくれました。

 

世間のこの状況で、返済という経費にもならない固定費や、賃料といった固定費、社会保険料という福利厚生費の軽減策があれば良いのですが、現状では「猶予」という事なので、飛びつくのは少し怖い。

 

しかし未来の恐怖感と、もし切迫した目の前の恐怖感とを天秤にすると、今がなければ未来も無いといった見方もできるが、経営者としては苦渋の決断か。

 

できる限りの助成金申請はしておきたいものの、優秀な社会保険労務士は皆手いっぱいの模様。

 

今回は家賃という固定がテーマ。

 

美容室の賃料猶予

今回のコロナウイルスの影響を受けて、融資の相談や助成金を含めて資金繰りのお話を多く頂いております。

 

今後どうなっていくかがまだ見通しがつかない状況ですが、いざそうなった時にすぐに動ける準備は必要ですよね。融資については返済しなければいけないので、不必要な状態で動き出すのも結果後ほどじわじわ経営を圧迫する可能性もありますので、慎重な判断が必要かとは思いますが、情報収集は必須な状態です。

 

今回はそんな状況において、固定費を下げる可能性がある「家賃相談」についての情報提供になります。こんな状態だからこそ、あえて相談をしてみてはいかがでしょう。

 

日本経済新聞記事:テナント賃料猶予を要請 ビル所有者に通知

 

美容室の家賃を「期間的」に下げる

大切なのは、この「期間を定める」ということです。大家さんからすれば、家賃相談はされたら困る事ではありますよね。本来の家賃相談のような、継続的な値下げは相談に応じて貰えない事が多いと思います。

 

しかし、現状においてはその相談に応じて貰える可能性があります。なぜ今なのでしょうか?

 

全国的に事業の売上やキャッシュフローが悪くなっているのも大家さん、不動産会社共に周知しています。そのため現在そういった相談が多くなっていることでしょう。なので、良くも悪くも対応をしている状態にある。ということです。

 

美容室に限ってのことではないですが、現在多少なりとも売上の減少は起こっています。その状態の中で、不動産取得だけはいつもと変わらず、苦しいのは借り主だけというのもおかしな話ですよね。そういったこともあり、上記リンクにもあるように、政府も表明したそうです。

 

そういった流れもあるので、今だからこその相談をしてみてはいかがでしょう。

 

美容室家賃の相談余地

その中で大家サイドとして考えられる最悪の事態は何でしょう?現在貸し出しているテナントが空いていくのが一番困りますよね。万が一、店舗が退去してしまったらどうなるでしょう?今の情勢を考えると、そのテナントに次の店舗がすぐに入るとは考えにくいですよね。

 

そういった事態が深刻化すれば、安定した家賃収入を得られている大家側としても緊急事態に陥りますよね。

 

要は、今出ていかれたらしばらく入居がない、と判断する大家さんが多いはずです。そう考えると、借り主から家賃相談があった場合、少なくとも邪険には扱えない時期なんです。とはいえ、継続する家賃相談は大家サイドとしても応じられない部分もあるでしょう、なので期間限定の家賃相談が有効的なんです。

 

半年、もしくは年内など期間を定めて提示すれば、相談に応じやすくなるはずです。先程も記載しましたが、大家さんとしては退去・撤退が最悪のケースです。そうならないように対処してくれる可能性は大いにあります。

 

そう考えると、期間限定(状況に応じて期間延長の条件も含めたら尚良)の家賃値下げは、双方のメリットになるケースが多いと思われます。

 

大まかな相談手順

家賃相談の手順としては、まずは管理会社や不動産屋にアポイントを取りましょう。

 

具体的な話というよりは、ちょっと緊急でお話したいことがある、といったニュアンスもしくは最悪の場合、退去を検討していると話してしまっても効果的かもしれません。

 

要は、緊急事態で早急に話しておきたいという緊張感を出す、少しテクニック的な話ではありますが。大家さんは最悪の話をされるかも?と思っている中で、家賃相談でしかも期間限定でいいという内容であれば、相談に乗りやすくなるでしょう。少しいやらしさも感じるかもしれませんが、そこは背に腹は変えられない、と少し割り切った方がいいかと思っています。

 

大家さんや不動産屋との関係性が良好であれば、回りくどい事もなく、直球での相談も良いかもしれません。駄目で元々ではないですが、相談をしてみるという事が大切です。固定費が1万でも2万でも下がれば、現状としてはかなり助かるはずです。

 

こういった状況なので、大幅な救済処置と検討してくれる大家さんも多くいるのではないかと考えます。

 

良好な関係を築けているので、そういった相談はちょっと、、、と思われるオーナーもいらっしゃると思いますが、だからこその相談です。大家さんからすれば、急に退去されてしまうのが一番怖いはず。それでも中々話しにくいという方は、こういった際に間に入って仲介するという理由でも、不動産屋がいます。

 

まずは不動産屋に相談してみてください。




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

千葉 実

美容師・美容ディーラーの経歴を経て、REPSS株式会社という美容業界に特化した保険/求人会社に所属しております。 美容室の開業、経営のお手伝いをしています。普段は基本、お客様や、ディーラーの方からご紹介頂く「紹介営業」で活動していますが、より多くの独立開業やサロン経営に携わる事ができればと思い、独立開業セミナー等開催しております。