「コロナ融資」「コロナ助成金」などの未確定情報について@レップ千葉

レップ社への相談がありがたい事に半端じゃない事になっておりますが(相談は全て無料なので)大混乱ですw

 

その中でも千葉がこのブログを通じて、融資についての記事や、家賃交渉についての記事を書いてくれているので、さらに千葉に相談が集中している様です。

日本政策金融公庫の融資について「緊急コロナ対策」@レップ千葉

美容室家賃の減額交渉(コロナ原因)と支払い猶予の要請@レップ千葉

レップにとっても頼もしい存在ですので、きっと皆さんにとっても頼もしいと思っていただけたら嬉しいな。

 

理美容室からの融資相談

先週末から今週にかけて、融資の問い合わせ、ご相談が増加しています。こうなった以上、借入をしたら返済する話ではありますが、少しでも不安があるのであれば融資を受けておく、というのも経営判断ですよね。

 

その多くのご相談に、3月は普通に売上が良かったんですが、今月に入って激減しています。という内容があります。やはり今月に入り、緊急事態宣言後の動きが、より自粛に傾いていっているんでしょうね。

 

そこで融資を考えているのですが、3月だと昨対比でコロナ融資条件を満たさないので、4月末まで待たないといけないのか?なにか方法はないか?とご相談があります。昨対比を勘違いされている方も多くいらっしゃるので、今回はそこをまとめていきます。

 

昨対比の考え方

現状把握している限りでは、基本的に1ヶ月の数字で比較するのは条件として公庫ホームページなどにも記載がありますが、月で区切る単位ではないという事。

 

日本政策金融公庫の「新型コロナウイルス感染症特別貸付の概要」ページに記載されている内容を抜粋すると、「最近1ヶ月の売上高が前年または前々年の同期と比較して5%以上〜」とあります。

 

解釈が難しいところですが、要は比較する期間は1ヶ月ですが、同期であれば月単位で区切る必要はないってことです。

 

このブログを書いている今日(4月13日)を基準に考えるのであれば、3月は売上がそこまで落ち込んでいなかったが、4月に入って急に売上が減少した。

 

4月12日までの売上が分かっているので、前年の3月13日の売上(集計に少し電卓を叩かなければいけないかもしれませんが)から、前年の4月12日までの集計を出し、それに対して今年の3月13日から4月12日までの集計を比較して、5%の減少があれば(公庫の最低条件なので、他金融機関はそれぞれご確認ください)融資可能な事業となるわけです。

 

減少率は各金融機関によって異なる可能性もありますが、この計算方法は公庫、金融機関にも確認してありますので、多くの場合通用するはずです(念の為、確認はしてください)

 

その根拠となる資料の提出は必須になるかと思いますので、予め準備しておくとスムーズです。銀行によってはまだ制度融資の環境が整っていないところもあるようなので、マメに問い合わせしてみるのもいいかと思います、タイムリーな情報はこちらで把握できていないこともあるので。

 

未確定情報の判断基準

それともう一つ。まだ決まっていない制度についてのお問い合わせが多く来ています。情報収集としてめっちゃ助かってますので引き続きお問い合わせいただければと思うのですが、その情報がすでに手続きできることなのか、決定事項なのかの判断基準です。

 

多くの情報の中に、○月○日現在とか、詳細はいつ頃決定予定など、期日が記載されています。

 

例をあげると「持続化給付金」などは、4月13日現在では、今日付で更新があったようです。大まかな仕組みはある程度決まってきた様子。条件はおいおいwって部分もありますが、早く手続きしたい所。

 

ただよく見ると、詳細な条件や申請方法は決定次第伝えます、月内成立を目指してますと書いてあるんですよね、、、、決まって無いって事ですw

 

そうこう言っているこのタイミングで決定していく事もあるかもしれませんが、決まっていない事が今の段階だとほとんどなんじゃないかと思うくらい、この詳細決定はいつ頃の予定。の記載があります。

 

情報収集はもちろん必要で、問合せいただくのも本当に嬉しい事でもあるのでガンガン電話いただければ!と、思っているのですが、確定、未確定の判断はある程度できるに越したことはないかな?と思って今回記事にしてみました。

 

落ち着いた頃に、あの時は情報助かった、と少しでもお声をいただけるようブログもアップしていきますので!

 

参考:2020.4.7記事

【重要】美容室社長向け経営支援情報まとめ(融資・助成金・家賃交渉等)




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

千葉 実

美容師・美容ディーラーの経歴を経て、REPSS株式会社という美容業界に特化した保険/求人会社に所属しております。 美容室の開業、経営のお手伝いをしています。普段は基本、お客様や、ディーラーの方からご紹介頂く「紹介営業」で活動していますが、より多くの独立開業やサロン経営に携わる事ができればと思い、独立開業セミナー等開催しております。