緊急事態宣言後の理美容室休業から短縮営業への動き@レップ千葉

最近、千葉と森本の記事のPVがすごいんですよね〜。完全に私の記事は置いてかれてます。。。

 

確かにPVが多い理由も分かります。内容がとっても分かりやすい上に、しっかり調べてあるので、読んでくださっている皆様がFacebookなどでたくさんシェアしていただけているようなんです。感謝感謝です!

 

今回の千葉ブログは、本当にタイムリーな内容です。是非参考に!

 

理美容室の営業か休業か

連日のようにコロナ関係の記事になってしまいますが、今出来ること、提供出来ることはやはりコロナ関連の情報共有だと思っています。より多くの情報を収集したいオーナーさんに対して、少しでも情報のアップデートができればと思っています。

 

緊急事態宣言から少し時間が経過した今も、多くのオーナーからお問い合わせやご相談を頂いております。その中で、理美容室の営業を継続するかどうか?は日々状況が変わってきているので、今回はその辺りをまとめていきます。

 

休業を選択したサロンの変化

早いサロンでは、緊急事態宣言前から休業を選択したところもありますよね。SNSや電話対応をさせていただく中で、休業期間の見直しをされているサロンが多くなってきているようです。

 

当初は宣言期間が解除される5月の連休明けから再開を謳っていたサロンの中で、1〜2週間は休業するが、宣言期間中でも営業を再開する動きが多く見られるようになってきています。

 

休業の期間見直しを判断するサロンが増加した背景・原因としては、理美容室が休業要請から除外されたから。というのが一番大きい理由でしょうか。

 

例えば東京都では感染拡大防止協力金(50万円の支給、2店舗以上は100万円)が実施されるようですが、理美容室は対象外になってしまっています。

 

理美容業は休業要請対象外も理由のひとつ

本来であれば、問合せして裏付け確認してからと思ったんですが、何回かけてもつながらないので、東京都産業労働局ホームページ・東京都防災ホームページの記載内容を元にとはなってしまいますが、そこに理美容は対象外となっています。

 

感染防止協力金は緊急事態宣言の休業要請事業以外は対象外のようですし、その他の助成金なども詳細が決まってこない状態(持続化給付金なども大枠は決まってきているようですが、詳細は未定)なので、仕方のない部分もあるが、営業せざるを得ない。といったところが本音なのではないでしょうか。

 

業務委託サロンは特に、営業を選択しているサロンが多いようです。

 

サロン側・会社側としては保証ができないですし、少しでも稼ぐ事ができる状況・場の提供を優先されるオーナーが多いんでしょうね。

 

時間短縮営業

通常営業ではなく、時短で営業されているサロンは多いです。個人店の一部オーナーからは、影響はあるにせよ予約は入ってくる。と聞いています。

 

顧客心理からすると、理美容室は国が認めた今行っても世間体をあまり気にしなくていい、ちょうど良い場所。と感じて貰えているのかもしれません。これだけ自粛と言われてしまうと、中々人と接する機会が無いでしょうから、情報収集や息抜き、ストレス解消の場として利用したい方も多いのかもしれませんね。

 

お客様からの予約があって、それに対する営業は続けていき、予約がなければ休む、早く閉めるといった臨機応変な営業は必要かもしれません。

 

営業を再開すると決めたサロンも、多くはこの時間短縮営業を採用しているようです。お客様がいない状態にも関わらず、いつまでもオープンしておく理由も今はないですよね。

 

理美容室では消毒除菌があたりまえに

あえて書く必要もありませんが、念の為。

 

時短にせよ営業をするのであれば、定期的な換気、お客様毎の消毒、スタッフのマスク着用は必須かと思います。そういった徹底がないと、お客様も心配になってしまうでしょうし、従業員の健康を最大限守っていくことができなくなってしまいますよね。

 

休業することが正しいのか、営業を続けることが正しいのか、判断がとても難しいといころですが、売上の状況やスタッフの考えなんかも判断基準になりますよね。

 

補助金や助成金も条件が見合うようであれば受給したいところですが、決定はまだ先の話になりそうな様子。

 

個々の判断に任されている以上、選択していかなければならないですよね。

その選択の参考程度にでもなったらと思っています。




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

千葉 実

美容師・美容ディーラーの経歴を経て、REPSS株式会社という美容業界に特化した保険/求人会社に所属しております。 美容室の開業、経営のお手伝いをしています。普段は基本、お客様や、ディーラーの方からご紹介頂く「紹介営業」で活動していますが、より多くの独立開業やサロン経営に携わる事ができればと思い、独立開業セミナー等開催しております。