何かを決める時に大切な事@レップ千葉

目的と手段を巧妙に絶妙に入れ替える事が上手な人もいれば、無意識に目的と手段を入れ替えて考えてしまう人もいます。

 

例えばジョギング。

ジョギングをする事が目的ではなく本来は手段だと思います。目的はダイエットなのかレーストレーニングなのか仕事の気分転換なのか、目的は人それぞれでしょう。

 

コロナ事態での助成金や給付金には、目的が明確はなはずですが、手段の部分で時折政府が一般人には意味不明な事を発信するもんだから、信頼貯蓄を下げてしまうんですよね。

 

目的と手段について千葉がブログにしてくれました。

 

雇用調整助成金の手続き大幅緩和?

受給を考えているが、その手続の難解さに手を焼いている経営者、匙を投げかけている経営者の方も多いのではないでしょうか、雇用調整助成金。

 

朗報です!5月19日に申請方法、申請書類の簡略化の発表があるようですね!手続きを考えているのであれば、それ以降の方が申請しやすくなると思われますので、発表を待つのも手ですよね。

 

とはいえ、1つ1つの対応にスピードが全く感じられないようにも思います。こういった事態なので、対応が難しいでしょうから批判してもどうしようもない話なんですが。こんなにも纏まりがないような、それぞれが勝手に動いていますのような事になってしまっているのか?何じゃそりゃ?というような施策がなぜ行われてしまうのか?

 

そんなことをふと思ったんです。

 

目的を見失ってしまう

特別定額給付金(一人10万円支給)が申請できるようになりましたが(エリアによってはまだ、私の住んでいる所もまだですが)当初、貧困家庭に30万といった制度になりそうでした。

 

某政治家の方曰く、リーマンショックの時に支給したお金の使い方が見えなかったとか、貯金に回されてしまった事に対しての施策ということでしたが、周りや国民から猛反対があり、今の施策に変更になりましたよね。個人的にも良かったと思っています。

 

批判をするわけではなく、なぜそういった事態になってしまったのか。

冷静に考えてみると、目的を若干見失っていたのかなと思うんです。

 

過去の事例が迷走を招く

当初はコロナウイルスで仕事や外出が減少し、収入が減る、消費が減ることに対しての生活水準を保つ為に、生活を守るために給付制度を作ろう!だったんじゃないかと思うんです。

 

そこから、ちょっと待てよ、リーマンショックでみんな支給されたお金、どうしてたの?使いみちも良くわからないお金を支給するのはどうなの?だったら本当に困っている世帯に手厚い方がいいんじゃない?と迷走を始めたわけですよね。

 

そこから更に、だったら所得制限を設けて、より有効に使ってもらおうよ。とコロナでの対策から貧困家庭への対策に切り替わっていったのかなと。。今じゃなきゃ駄目でも無い気がしますが。

 

そして周囲からの猛反発があり、今の給付金に落ち着きましたよね。

 

ここで問題なのが、そもそもはコロナ対策だったはずが、いつのまにか貧困対策、もしくはしっかり使ってもらうこと。に目的がすり替わってしまっていたのではないかと。

 

そうなると周りからは反対意見がでてしまうんですよね、がっかりさせてしまう層もあったはずです。

 

これが美容室だったら

ちょっと強引かも知れませんが、理美容室サロンに置き換えると。

首相は社長、議員は幹部みたいな。

 

各役所や窓口の方達が従業員だったらちょっと困惑しますよね、当初言ってた事からズレてきてるんですが、問合せに追われるからコロコロ話変えないでと。府知事のような店長がいたら、賛否あるでしょうが支持する人も出てくるでしょうし、あっちの店舗に移りたいと思ってしまったりするかも知れません。あのリーダーシップは純粋にカッコいいと個人的には思っています。

 

うちの店長速度遅いよね。なんて事もありえるんじゃないかとw

いつまでも届かないマス○に対しても、なんとも言えない気持ちになってしまうんですよね、こちら側としては。。。

 

そうならないよう、出来る限りの思考の共有や、落とし込み、考える癖、客観的に見る、意見をしっかり伝えるなど、スケールは違えどやっていかなければ、いつの間にか道を見失ってしまうのかもしれません。人が増えれば増えるほど難しいかも知れませんが、上が迷えば下はどうにもできない事もありますよね。

 

文句ばかりになってしまっていますが、対策を練って熟考し、施策を打ち出すのは大変なことだと思うので、頑張ってくれているのも重々感じていますし、感謝する施策もありますからね。

 

ただ、ふとそんな事を思ったのでまとめてみました。




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

千葉 実

美容師・美容ディーラーの経歴を経て、REPSS株式会社という美容業界に特化した保険/求人会社に所属しております。 美容室の開業、経営のお手伝いをしています。普段は基本、お客様や、ディーラーの方からご紹介頂く「紹介営業」で活動していますが、より多くの独立開業やサロン経営に携わる事ができればと思い、独立開業セミナー等開催しております。