家電屋のおじさん営業マンに熟練を感じた時のお話@レップ千葉

千葉さん、7月に連続記事投稿です!これは今月期待できる!(←とプレッシャーを掛けておきますw)

 

きっと7月は良記事を連発してくれそうな予感ですが、森本の記事は最近どうなのでしょうか?と書くと、きっと千葉が森本にプレッシャーを掛ける気がしますw

 

今回の記事は、謎のおじさんのお話です。

 

確かに吸引力は変わらない

先日、吸引力の落ちない掃除機が吸引力は変わらないままヘッド?のローラーが壊れ、安全装置が働くせいなのか5秒に一回止まってしまうので、新しい掃除機を買いに電気屋さんへ。

 

事前に家内が主要メーカーのパンフレットを集めていて、今回はコードレスのタイプにして、事前の段階ではスタイル重視の掃除機を選択していましたが(私はミーハーなので再度ダイソンを押しましたが却下w)実際に購入したのは全く違うメーカーの掃除機でした。

 

電気屋さん営業マンの接客でよくある話

皆さんも経験ありますかね?メーカーからの派遣のような営業が接客してくれて、そうなってくるとそのメーカーに偏った説明があり、他社の商品との比較はあるにせよ、結果自社の商品を押してくる、当たり前なんですけどね。

 

もちろん駄目なことではないのですが、こちらとしては実際のニーズに合わせてしっかり話をしてもらいたいんですよね。元々、これが良さそうかな?と目星を付けている状態で真っ向から否定されると、ちょっと殻に籠もりたくなってしまいますよねw

 

電気屋さん所属の売り場にいたおじさん

ちょうど掃除機売り場に行った時に、売り場担当のスタッフさんは他のお客さんの接客をされていたので、まずは色々と触ってみて動かしてみて。

 

事前に考えていた掃除機はやはりカッコいい。ぶっちゃけ実際に私が使う機会もそんなにないので、余計なことは言いませんが、もうそれでいいんじゃないかとw

 

お値段はダイソンとトントン、ちょっと高い気もしましたが使い勝手も良さそう、でもだったらダイソンでも?なんて思いつつ、余計な事は言いませんw

 

一通り試したところで、おじさんがきてくれました。今使っている掃除機はどんなタイプですか?コードレスの掃除機は初めてですか?と。さらに普段多く使う方、もちろん家内なんですがその確認。

 

当たり前といえば当たり前なんですが、今までの電気屋さんとちょっと違う感じ。話し方がとってもフラットで、偏った感じがないんです。各メーカーの良いところを満遍なく話してくれている感じ。

 

使用頻度や環境、使い勝手など丁寧に教えてくれて、結果2つの掃除機に絞ってくれて、最終的におじさんがオススメしてくれた掃除機に決めました。さらに金額でいうと、当初選ぼうとしていた掃除機の半額で購入できて、とても満足の行く買い物ができました。

 

日々使う掃除機で、以前普通のカタチのダイソンを使っているならしっかりと掃除ができて、かつ軽いもの、使っていて疲れないタイプをオススメしてくれました。

 

買って欲しいを匂わせない

きっとその売場で、ノルマや販売目標もあるんでしょうね。でもそれを全く匂わせないんです。結果誘導されていたとしても、心地の悪さは全く感じることもなく気持ち良く買い物ができる。

 

こちらから値引きの話をしていないのに(されなかったらしますがw)勝手に計算を始めてくれて、交渉をする事もなくスムーズに金額提示。もう少し安くなったのかもしれませんが、家内も私も満足していたのでその金額で購入、かゆいところに手が届くというか、先手を打ってきてくれる感じがとても好印象なおじさんでした。

 

専門家なので、アドバイスや提案は必須ですが、一歩間違えると押し売り感や、ゆっくり見たいんだからそっとしておいて欲しくなってしまったり。その距離感や力加減が難しいのかもしれませんね。

 

相手によって求めるモノは異なる

当たり前の話ですがw

 

人によって求めるモノは違うはず、同じな訳が無いんですよね。ではそのニーズはどうやって引き出すのか?話をしてみなければ分からないんじゃないかと思うんです。

 

何人かに一人くらいはいきなり話し始めてピタッとハマる可能性もありますが、話をしている時の内容、雰囲気やテンションをしっかり感じとって行ける人が、優れた営業マンなのかもしれません。ゴリ押しみたいな事を自分はやっていないと思っていますし、むしろ押しが弱いと突っ込まれるくらいですが、そうそう、そうなんだよ!という声がいただけるような仕事の方が、双方のテンションは上がっていきますよね。

 

売り場にいたおじさん、なかなか良いおじさんでした。

 

おわりw

最新情報をチェックしよう!