流行り?美容室のECサイトは有りか無しか?@レップ千葉

レップでのアナログ代表みたいな千葉から、まさか「ECサイト」といったテーマの記事が上がるとは思いませんでした。レップにデジタルが強いと言い切れる人財は残念な事にいませんが、それでも吸収しようとする力は皆持っていると思っています。

 

今回の記事は、デジタルが強いか弱いかといった事ではなく、アリかナシかって事なので、安心して読めると思います。

 

コロナでデジタル脳に?

緊急事態宣言時に、よくNETで目にした「ECサイト」を作成して、売上の柱を強化していこうといった流れ。

 

実際にサイトを作成して結果が出ているかどうかの実態に関してはまだまだ調査不足ではありますが、誰もが知っている某メーカーが独自のECサイトを作成して、何やら話題になっている様子。そういったメーカーの動きに便乗するのも1つの手段で、結果サロンの売上が上がって、増益できるのであれば着手するべきなのかもしれませんよね。

 

時代の流れとしてはインターネットを活用していくのは、対面営業が主の業種でも、必然になっていきそうです。後はそれをどう活用していくのか、そこがポイントになっていくんでしょうね。

 

NETで気軽に、必要な時に。

ECサイトのメリットはまずこれでしょうか。今までの店販であれば、お客様が来店された時に、施術のついでにヘアケア商品を購入していく、といった感じでしょうか。

 

それが技術のついでではなく商品購入という「目的」を、来店の手間や次にサロンに行くタイミングを待つタイムラグを無くすECサイトは、お客様からすると便利な物になっていくのではないでしょうか。

 

実際に購入しようか迷っていて、会計時には決断ができなかったが、やっぱり欲しいけど、商品を買うだけでサロンに行くのはちょっと行き辛い、もしくは電車などで通っている方などは、わざわざ商品だけを購入しにいくのは億劫になってしまう、そんな潜在ニーズを回収していくツールとしてはありのようにも感じます。

 

考えられるデメリット

ECサイトの活用を想像した時に、安易に浮かんできたのは価格の比較。メーカー直送の商品や一般的には出回っていないようなアイテムは上手く機能しそうですが、それ以外の一般的な商品はどうなんでしょうね。サロンのECサイトを検索するのであれば、もしかしたら他ではちょっと安くなっているかも?と私なら考えてしまうんですが、どうでしょう?

 

送料や梱包はどうやって解消していくのか。

 

スタッフが暇な時に梱包する?サロンの状況次第で商品がお客様のお手元に届くまでの時間が不規則になってしまう?

在庫がなくならないように多めに在庫を抱えるようにする?

支払い方法は?その手数料は?

送料はどっちが持つ?サロンかお客様か?

 

始める前に色々なシミュレーションをしておかないと、営業終了後にスタッフに残業をさせて配送準備をしたり、送料などのコストがかかり、減益になってしまったりしたら、導入する意味が薄れてしまうかもしれないですよね。

 

某メーカーさんのECサイトの仕組みを詳しくは理解できていないのですが、サロン独自のサイトではなく、出来上がっているサイトを活用していくというのも1つの手段。余計な在庫を抱えなくていいなど、メリットもありそう。セキュリティーもしっかりしていそうですしね!

 

しかしその場合においても、手数料の有無や利益の増減など、しっかり把握しておく必要があります。サロンで取り扱っている商品の一部しかNET販売できないので、自ずと商品が限定されていってしまうような気もします。

 

メーカーECを活用して、NET販売が好調な場合、他の商品を淘汰できる、その辺の狙いもメーカー側にはあるのかもしれません、憶測ですが。デメリットのように書いていますが、それでも売上や増益が見込めるのであれば、全然有りなやり方だとは思うんですよね。

 

始める前に色々と調査も必要です

今使っているサロン商品、今後導入しようとしている商品、NETでいくら位で売られていますか?

 

一回目はサロンで、二回目以降のリピートは、もしかしたらNETに流れているかもしれないですよね、商品が同じであれば。安い方を選ぶのはある程度仕方のない事だと思うんです。出回っていない、出回ることのない商品選定も必須になってきます。

 

そういった動きを促進してしまう可能性も考慮して、慎重な検討が必要だと思っています。

最新情報をチェックしよう!