北陸からお越しいただいた素敵な美容室社長さんと役員さん

私のブログの特徴的な事ですが、基本的にはどこの誰かと特定できる名称は使わない様にしていまして、時折ですがご本人様画像で登場!の時には、特定できるくらいの感じで続けてきています。もしかしたら多少は例外があるかもしれませんが。

 

私のブログをたくさん読んでくださっているという役員さんと美容室社長さんの2名が、弊社オフィスまでお越しくださいました。わざわざありがとうございました!

 

日頃は有り難い事に夕方以降のアポイントは結構先まで埋まっているのですが、その日だけなぜか余裕のある日だったのです。当日にお電話いただいき東京に来ているとの事でしたので、急遽お会いする事になりました。

 

北陸エリアの美容室

すごく丁寧にお話をしてくださる役員さんと、持ち合わせている雰囲気も熱量も熱意も、ものすごいオーラをまとった美容室社長さんとの時間でしたが、なんだかすごく応援したくなってしまう感覚になりました。

 

はじめてお会いし、たくさんお話を聞かせていただいたり、私からも伝えるべき事はある程度お話したのですが、私が感じた事は、経営思考というか、想いみたいな部分なのか、どこか指摘するようなココってとこを探すのは難しいのですが、何となく経営に対する想いが似ているんじゃないかと思ったんです。

 

それほど多い時間ではなかったのですが、方法論も必要ですが目的がすごく明確で、とっても良い美容室なんだろうなーと想像ができました。

 

神保町に縁がある美容室社長

北陸に居ながらも、神保町とは古くから縁があったそうです。今では神保町が大好きな街となった私にとって嬉しい話。本当にいい街なんです。隣駅には大きなビル群があったり、神保町は古本屋とカレーの街だったり、大きな企業の本社も多く、大学はいくつもあるし、住まい用のマンションもたくさんある。

 

なぜ神保町には美容室が少ないのだろう?と思ってしまいます。びっくりするくらい美容室が本当に少ないんです。

 

美容室のシステム

フランチャイズやグループ化。業務委託やシェアサロン。さまざまなシステムはありますが、どんなに優れたシステムがあっても、成功するところと失敗するところは必ずあると思います。

 

切れ味鋭い包丁を、誰が使うのか?使い手によって、料理という結果も違うと思います。

結局大切な事は「使い手」次第だと思うのです。

 

ものすごく優れたドライヤーで私がお客様にブローするより、プロの美容師さんが行うブローとは比較になりません。

ブローするまでの工程もあるでしょう。なぜそのヘアデザインなのかも。

 

工程というシステムがなければ完成しないかもしれませんし、再現性も難しいと思いますが、私がお手伝いできる事はその工程作り。しかし「なぜ」その工程が必要なのかが明確であれば、再現性のある工程は組み上げる事ができると思います。そこに「想い」という源泉がなければ、機能しない工程になってしまう。

 

社長は思い描く事が必要で、私はその思い描いた事を工程にするという役割分担です。それを機能させるのが役員さんなのかもしれませんね。

 

次に準備するものは何ですか?

何かビジネスにチャレンジする時に必要なモノは「想い」なのですが、この形にしづらい想いだけでは、なかなか準備も難しい。そこで次に必要になるモノは過去データです。

 

その過去データは言い換えれば実績ですから、その実績を根拠に未来を作れるか?未来の事は預言者ではないので絶対の約束はできませんが、最善は尽くせるはずです。

 

実績を根拠に想いを形にするって、どんな優秀なコンサルみたいな人でも手探りなはずです。ビジネスモデルのコピペの提案なら手探りにはならないでしょう。

 

コンビニの様に商品の提供をするビジネスモデルなら、ある一定のパッケージで大半は解決しそうですが、美容室はそうはいきません。美容室のグループ化で機能しないとすれば、可能性として考えられるのは、パッケージのシステムの場合かもしれません。

 

働きやすさより優先したい事

働きやすさって大切ですよね。自由ですよって事や、稼げますよって事だったり、リスクも少ないですよって、並べたらたくさん書けるでしょう。それはそれで良いと思います。

 

私のブログやレップ社内では、こんな事をよく言っています。

「心地よくなったら成長が止まっている時」。

 

成長が止まるという事は、下降線の始まりに居るって事です。少し自分に対して油断すれば、あっという間に下降線にのってしまうでしょう。もしそこから再出発で成長曲線にのるとなれば、結構な馬力が必要な気もします。急成長すれば急降下もあると思うので、急成長を望まずに、しっかりと実力を付けたいものです。本物になる為には。

 

だから継続が大事なんじゃないかと。

 

オーダーメイドの重要性

似た感じからの脱却は、オーダーメイドしかありません。独自路線は、時に寂しい気持ちや不安な気持ちにもなりますが、ビジネスに向けた情熱みたいな暑苦しいものがあれば、前に進める勇気になると思うのです。

 

本気で進めるなら、本気で挑む必要がありますよね。

 

寝る間際でもお風呂の時間でも、気がついたらその事ばかり考えている程考えていたら、アイディアはたくさん浮かんでくると思うのです。それが独自の形になったり、他とは違う何かになったり、誰かに教わった事とは違う何かになったりするんじゃないでしょうか。

 

美容室スタッフが必ず喜んでくれると信じて進めば、アップデートを定期的に行っていけば、成功すると信じて継続できるはずです。

最新情報をチェックしよう!