REPSS社「時間を気にしない時間」過去記事まとめ

過去ブログを整理していると、REPSSの歴史には「SAIPAN」という旅先が欠かせない存在だと振り返る事ができました。過去数年分の記事を自分たちの為にまとめる備忘録としての記事となります。

 

過去記事まとめ。

REPSS社10周年サイパン1日目

お陰さまで、REPSS社は10周年を迎えまして、今年も!?例年と通り「サイパン」へ向かいました!もはや、行き慣れてしまったサイパンも社員旅行として行くのは4回目となりました。早速もって、夕方にサイパンにある繁華街???のガラパン地区で、超オーソドックスな「カプリチョーザ」で一食目とド定番からスタート!

到着した初日なので、飯を食らって近所のお店をちょいと散策。相変わらずか、昨年の数倍か?分かりませんが、中国人旅行客がごっそりいらっしゃいましたね〜。。。写真は、弊社に籍を置く社会保険労務士の宮内さんと、会計担当の小林さん。

 

杖を持たせると、老人化ける同級生!

夜の始まりに「SANDSBAR」にあるダーツで盛り上がる輩達の画!


外では「KINPAHI」屋外で、ビールをぶっこんでこれからどこいく会議中??もちろんこれから先の夜の画像は到底お見せできません!!そんな初日の夜。

REPSS10周年サイパン2日目

今回の目的のひとつに、ジョギングがあるのです!

 

私にとって炎天下で汗びっしょりになるランニングは好きな走りのひとつ!寒い冬がマラソンのシーズンではあるものの、私個人的には日射病になりながら、熱中症を併発しながらでも、強い日差しの中で流れ落ちる程汗を流しながら走るのが大好きなのですよ!

そして夜は、今回のREPSS社10周年のメインイベント!クルーザー貸し切り(結果貸し切りだった)、ディナークルーズパーティー!!!

 

REPSS10周年サイパン3日目

さて3日目のサイパン記。本日もサイパンジョギングから開始!3人で炎天下ランニングの開始。けど今日の体調は私が最悪。。。起きた時には既に胃痛だったのですが、ものの5キロ走ったところで「胃痙攣」に似た症状が勃発。

 

走る前に胃がおかしかったのですが、危ないかもと思いつつ行ってしまったツケはすぐにきました。。。吉里と荒川を先に行かせて、私はアメリカンメモリアルパークまで歩いて戻り、彼らを待つことに。

午後はレンタカーを借りて、私運転でサイパン島1周ガイド???ツアーへGO!!私以外に6人を載せて、BANZAIクリフ〜バードアイランド〜グロッドを回って、ガラパン地域の反対側?と言ったらいいのか、あまりビジターが行かない様な地域に車で行き、それもサイパン島をドライブして見て回ったところで3時間〜4時間あれば十分な小さな島。

REPSS10周年サイパン4日目

今回最終日の空港での出来事。フィエスタリゾートを昼過ぎに出て、一路サイパン国際空港へ向かい、いつも通りデルタ航空を待つ時間。この時間に予期せぬハプニング!

IMG_3208-1.jpg

エンジンバラしてるじゃん・・・・・そう、エンジントラブルでまずは2時間待ち確定!

 

その間に、空港職員の方々が配ってくれたおやつに群がる群衆とトランプの暇つぶしアイテムまで用意いただいて有り難い!が、しかし、有り難いのもつかの間、地べたでカードゲームを始めるオヤジ達!

 

「コルァ!迷惑じゃ!そこの日本人!」

IMG_3206-0.jpg

たんまりお菓子持ってきて、そのお菓子をチップに使うとは何事じゃ!まったくとんでもない奴らだ!迷惑かけんじゃねーよ!

 

結局2時間以上の遅れでフライトし無事帰国!スタッフ全員もれなく「太って」帰国いたしました!

REPSS10周年まとめ

毎年の恒例行事は継続すると言い方が変わる事に気が付きました。「恒例が続くと伝統」になるんですね。ある意味REPSS社の社員旅行である「11月のサイパン合宿」は、できる限り継続する事が社内的には伝統に変わりつつあります。

 

全員参加の全額会社負担での社員旅行は、昨年や一昨年頃から出始めた言葉の中に「サイパン旅行の為に頑張ろう」という声まで生まれてきておりました。

ただ心配事は、2017年にカジノホテルが完成された後の、ガラパン地域の雰囲気が変わるだろうなという事。きっと「完全に中国化」するんでしょうね。

REPSS社のメンバーは「内弁慶」が多いので、人が多いと小心者でる連中は騒げないでしょうね。REPSS社の社員旅行の定義は、片道5時間以内での海外で、南の島というイメージなので、今後サイパンから変更される事態となれば、今後どこにいくんでしょうね。

 

今回のサイパン合宿で、皆への「サプライズは貸切ディナークルーズ」だったのですが、さらにその会場内で「サプライズ」があったのです。

 

役員である石井から、皆に「感謝状」が付与されました!

 

これは石井が独自で考えて、誰にも内緒で作って来てくれて、クルーザーの上で石井から表彰された私は、景色が暗い事で皆に見えない様に、実は嬉しくて涙が出てしまいました。

またこの時間の財産を貯蓄し、来年の時間にこの貯蓄を下ろせる様に1年また頑張ろうと思います。

REPSS社第11期サイパン

REPSS社として、今回で8回目の海外渡航となりまして、ここ最近ではもっぱらサイパンへ毎年行っておりまして、今回で6回目のサイパン渡航となりました。ちなみに私個人的には、9回目のサイパンでしたw

 

サイパンへ行った事がある方からすれば「なぜサイパン??」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。サイパンの魅力?!???!!!ん〜〜〜最大都市の「ガラパン」地区のあの田舎感というか、終わった感というか、廃墟感というか。。。

 

最大の魅力は「何も無い」事かもしれません。

 

今回のサイパン渡航は5泊6日の旅だったのですが、アクティビティ的な事も一切せず、そーいえば海にも入ってないという、南国の時間を満喫して参りました。

 

「何も無い」場所での時間は、「何しっよか」という会話も多く、無計画に南国へ向かい、「無駄な時間を過ごす贅沢」を堪能できました。

REPSS社無駄な時間を過ごす贅沢

手荷物程度で片道3時間程度で向かえる南国の異国は、今年も何も無く無事に滞在する事ができました。たった3時間の中で、予定は無くともワクワクするもんですよね。飛行機から見える上空1万キロからの地球。

img_5593

あっという間に、サイパン空港に到着。これ空港正面ですよw

img_5596

サイパン空港から車で20分程度の到着する、フィエスタホテル。

img_5602

そして超1等地の、フィエスタとハイアットの真正面にある「金八レストラン」で到着1食目。

img_5599

何回この「金八」にお世話になった事かw普通の定食屋さんで1980年創業の安定のお店にて、まずはカツカレーからw千葉に限っては、金八でカツカレーを4回も食っておりますwまったく異国感ないでしょw

img_5598

食事をして部屋に戻り、早速やる事がないwサイパン最大都市のガラパン地区に位置するフィエスタの部屋から街を一望するとこんな感じ。

img_5597

来年完成予定の中国資本の「カジノホテル」の建設は24時間体制で急ピッチ工事中。このホテルが完成したら、来年の暮れあたりからサイパンはチャイナタウンと化す事でしょうね。ちなにも、香港マカオにあるカジノがサイパンに全面移転するという噂もあります。カジノにおいては、既に先行してDFSギャラリアに入っていて、その運営会社がカジノホテルを作っているそうです。来年からは、サイパン旅行の旅費は倍になるかな?かなり高騰するでしょうね。

img_5605

2日目は、3日目のランに備えて暑さに体を慣らすためにお散歩がてら、今回持ち込んだい釣り道具で無駄な時間開始。フィエスタ横にある、アメリカンメモリアルパークの先にある漁港まで歩いて向かってほぼ散歩。

img_5613

img_5614

漁港の横でボーーーっと釣り糸を垂らすと、キレイなベラ?みたいな魚はお出迎えしてくれました!

img_5608

iPhoneのパノラマで撮るとこんな感じ。

img_5612

だらっと釣りをした後は、毎週木曜日だけ行われるガラパン地区の週一イベントへ。と、いっても、空き地に屋台が集合して、地元料理でもあるチャモロ料理や出店が並ぶんです。

img_5621

 

この後、酒を飲める数人は外で飲んで、部屋で飲んで、結果・・・こうなりましたw

 

この人は誰か?は、名誉の為に名前は伏せますねw

img_5604

私にとってのメインイベントの、ガラパン地区からバンザイ・クリフまでのサイパンRUNが3日目。別名「サイパン合宿」(←根性研修)今回は、いつも一緒に走る吉里の他、荒川さんと、今回RUN初登場の千葉と、なぜか急に走ってみようかな?と言い出した、石井取締役の5人で、超炎天下往復27キロRUN。開始早々にスコールに見舞われても、5分後には快晴!

img_5629

こんな道を走れるなんて、私は(私だけ)幸せもんですよ!

img_5634

img_5630

ずっと続く1本道。

img_5632

暑さ限界で走ったり歩いたり。

img_5633

うちのイケメン2人の千葉と吉里。

img_5637

ガラパンから約12キロか13キロ付近になる、ラストコマンド。

img_5638

このラストコマンドから約1キロ付近のバンザイクリフに到着。

img_5640

img_5642

すでに片道の13キロで、灼熱の炎天下で体力を奪われた感じ。

img_5641

帰り道まだ余裕があるのかな?後ろには、石井さんを「介護」する吉里も写ってました。

img_5644

こんなずっと続く気が遠くなるような道でも、走った後はやりきった感でいっぱいになるんですよ。

img_5643

炎天下27キロRUNを終えて向かった先は、がっつりステーキの「カントリー・ハウス」でカウボーイステーキ500グラムを一瞬で食す男達。

img_5648

ちなみに、27キロを走った消費カロリーを調べたら2,000キロカロリーだったので、ほぼ帳消しになりましたw次の日は、疲れた体でお土産とカジノの明け暮れ、中1日空けてからの海沿いRUN開始。こっちのコースは、木陰とキレイに舗装されたランコースなので、快適なRUN!

img_5649

キレイな海を見ながら10キロだけの癒やしRUN。

img_5650

イケメンは疲れていても、イケメンなんですよコイツラ!

img_5651

イケメンに、おっさん2人混ざって記念写真!石井は、27キロで予後不良となりRUN欠席ですw

img_5653

走り終えてフィエスタプールでのヒトコマ。あれ??私服の「ちひろ」が、プールで担がれてるw

img_5660

確実にちひろの私服はびしょ濡れですwあ!おい!石井!セクハラは絶対ダメだぞ!

img_5662

ざわつくプールサイドwそして、プールに飛び込んで顔面を負傷した45歳のおっさん顔。

(おっさんアップ画像キツくてすいません・・・)

img_5686

石井の腹がだいぶおっさんw

img_5671 img_5663 img_5618

毎晩いつの間にか皆が集まって、部屋飲みなのか1ドル焼き鳥でビールなのか。

img_5672 img_5673 img_5674

手前味噌な事は承知の事なのですが、こんなREPSS社のメンバーが本当に大好きで、このおっさん達と唯一の女子のちひろと、また来期こんな時間を過ごせる様に、一生懸命に仕事をしようと思うんです。

 

この無駄な時間の贅沢は、「どこに行くかより誰と行くか」が結局すごく大事なんですよね。

 

来期12期は、スタッフ増員を考えておりますが、急いで入れる必要もなく、縁あって出会った人で、うちの会社の事を好きになってくれる人なら、基本的にはOK。これから出会う仲間と、今こうして同じ時間をすごす楽しい仲間がいるだけで、REPSS社を作って本当に良かった。

最新情報をチェックしよう!

Offtimeの最新記事4件