反応が出る美容師求人とは?@レップ森本

2015年から5年間継続してきた「美容求人動画CM&JOB」は2020.10にサイト名も含めて、全面リニューアルを行います。

 

私達が考える「良いサイト」の定義は「採用した方が長く続く」を掲げています。

 

応募の収集や、多くの反応の有無が「良いサイト」とは考えづらいのです。なぜならば、美容室さんが求人の掲載をする「目的」が反応を見ることではないはずだと思うのです。採用する事が目的ではなく、採用を通じて長く働いてもらう事で、美容室の成長につながるツールだと考えています。

 

私達が考える「良いサイト」はもうすぐリニューアルオープンします。

 

今回のブログは森本です。しっかりとアドバイザーとして美容室さんと打ち合わせをしているようです。

 

美容師求人の反応

こんにちは。レップの森本です。先日、掲載のお問い合わせを頂いた美容室経営者さん、採用担当のスタッフさんとの打ち合わせで「最近反応が良いサロンさんってどんな内容で出しているの?」「何を求めている方が多いんですか?」って質問を頂きました。

 

この質問は求人の仕事をしていると、美容室経営者さんから頂く質問の中で一番多いかなと思うぐらい、よく頂く質問なんです。この答えには、正解があるようでない。でも求人をされている理美容室さんはとっても知りたい内容ですよね。

 

だから自分が思うことを正直にお伝えするようにしています。

 

反応が出る美容師求人の打ち出し

先日も美容室経営者さんから言われました。
「10年以上の間、美容の求人の仕事をしていたら、どうしたら反応が出るかって分かるものですか?」

 

もちろん感覚のようなものはありますが、応募が多く集まるサロンさんと同じような内容にしたからって、必ずしも応募が集まるわけではないんです。応募が集まっているサロンさんの内容を真似しても、働いているスタッフさんも立地もサロンもそこのサロンさんとは違います。

 

だから、最近の傾向をお伝えはさせて頂きますが、その上でそのサロンさんの独自の、オリジナルの、そのサロンでしかならない理由を明確に提示するようアドバイスをしています。

 

美容師さんは何を求めているのか

先日の打ち合わせの中には、こんな質問も頂きました。

「最近の美容師さんは何を求める方が多いですか?」

「人によって求めるものは違いますが、全体の傾向としては、仕事とプライベートのバランスを重視する方が多いです。給料が高いからと言って応募が物凄く集まるわけではなく、両方のバランスを取ることを重視している方は多いと思います。」と答えた私にこんな返答を頂きました。

 

「本当にそうなんでしょうか。求人会社は皆んなそう言うけど、それって表面的なものしか見ていない気がする。」

 

直球ですね。笑

逆にこう言う風に求人に対して向き合って、厳しい意見を頂けることを私は嬉しく思います。こう言った意見を頂く中で、じゃあこのサロンさんが求人をするには、どうすれば良いのかが見えてくるからです。

 

実際、私もこう言って下さった美容室経営者さんの意見に納得する部分もあり、なぜ私がこう思うのかをお伝えさせて頂きました。

 

原宿周辺を希望する美容師さんは、仕事とプライベートのバランスってそんなに気にしている方は少ないかもしれませんね。でも、今って新卒であれば学校や美容師さんのご両親の意見、社会全体的にも働き方が問題視されている中で、美容師さんよりも周りの影響が大きいもの。

 

中途であっても、40〜50代の美容室経営者さんの若い頃のように売上をつくれ稼いでいる美容師さんは減っているのではないでしょうか。バリバリ働き、自分の担当のお客様が増え、収入も増え、そこに喜びや楽しさを感じた方は、仕事とプライベートのバランスをそこまで重視しないかもしれません。その前にそれを体験している方は辞めないかもしれません。

 

体験したからこそ、このような働き方を望むものだと思うんですよね。はっきり言って経験をしたことがなければ、普通が一番だと思ってしまうものだと思います。

 

今回お打ち合わせをさせて頂いたサロンさんは、アシスタントから早期でデビューをし、雇用ですがバリバリ働き稼いでいる美容師さんが多く在籍しています。(バリバリと言ってもしっかりとお休みを取りながら)

 

その環境をつくれていることを本当に凄いなと思いました。

 

実はお会いするまで、この美容室さんが出している求人広告はデビューまでの期間や稼げる内容が良すぎて少し過剰に書かれているのではないかと思っていましたが、直接お会いしてお話をしたことで本当のことだと分かりました。でも、私がそう思ったと言うことは、求職者もそう感じているのではないかと思います。逆にハードルを上げてしまっている可能性がある。

 

独自の求人の打ち出し方

そんなこともお伝えした上で、美容室経営者さん・スタッフさんから出た今後の求人の打ち出し方は、スタッフさんが自分たちの経験・体験を元に求人広告を出してみるとのこと。

 

実際に体験したからこそ感じる魅力を打ち出し、入社からどんな教育の中で育ち今どう言ったフィールドにいて、この先このサロンさんでどうなっていきたいのか。

 

この打ち合わせでスタッフさんともお話をすることで、このサロンに入社してから成長することの楽しさ稼げることの喜びを知ったと。だったら、そのことを全面に打ち出した求人のあり方も1つの方法で、美容室経営者さん目線ではなくスタッフさん目線でスタッフさんが考えた求人の打ち出し方に。

 

求人の打ち出し方に正解はないと思います。でも、就職先を探す上で、私は未来をイメージできることってとても重要だと思います。スタッフさんの実際の経験や体験は、今後入社する方の目線で考えた時に将来をイメージしやすいもの。

 

もちろん時代に合わせた求人内容に合わせていくことも1つですが、その上で更にどうしたら良いのか。そのサロンさん独自の求人のあり方が重要なのではないでしょうか。私自身も色々と考え、気付くことが多い打ち合わせでした。

 

いつも長文にお付き合い頂き、ありがとうございます。

最新情報をチェックしよう!