何をしたいかではなく、何を求めているのか?@レップ千葉

記念すべき1500記事目は千葉ブログです!

今回は千葉のプライベートで起きたエピソードですが、レップ社の営業マンに営業をしてくる運の無い営業さんの話。

 

お金の話を得意としていて、なおかつ本筋を重視する千葉にテクニック的な回りくどい話は火に油を注いだ感じは否めない。飛び込み営業やテレアポ営業は、本来必要がない営業活動のはず。

 

なぜ飛び込み営業をするのか?

なぜ飛び込み営業が必要なのか?

顧客を増やしたいから?

過去の実績があるから?

それで業績を伸ばした過去があるから?

 

そこから深く考える必要がある気がします。

後輩にも1日飛び込み○○件、テレアポ○○本、名刺交換○○枚ってまだやる気ですか?

 

その結果何が付いてくるくるかというと度胸でしょうか?

必要な事は求められる実力ではないでしょうか?

 

逆手の営業

先日打ち合わせしたサロンは、年末年始も営業されるそうです。

 

年末年始は開けていてもお客様が来ないと、少し長めに休むサロンが多くなっている傾向かと思っていましたが、そこを逆手にとっての年末年始営業。毎年めちゃくちゃ忙しいみたいです。

 

1店舗あたりの客数は減っていても、休んでいるサロンのお客様をかき集めている状態での営業みたいなので、やったもん勝ちって言ってましたw

 

流行りや流れに乗っかるのも大切ですが、あえて逆行するのも目立っていいですよね。デジタル化がどんどん進んでいますが、あえてのアナログも有効だと思うんです。その最たる例としてはDMだったりするんじゃないかと思ったりしています。メールやLINEはとっても便利ですが、味気ないイメージもありますよね。

 

コロナで足が遠のき失客してしまった方の中には、近くの美容室に行ったけどやっぱり何か気に入らない、またあそこに行きたいけど間が開いてしまったしちょっと行きずらい、なんて方も結構居そうですよね。

 

そんな方に重すぎない内容の手書きDMなんていうのはどうでしょう?結構効果的だと思うんですよね。

 

リフォーム会社の営業マン

先日、家内が飛び込み営業の対応をして、私が詳しい話を聞く流れになり対応した時の話なんですが。実は我が家は仙台市内にあるんです。

 

家内曰く、駐車場の屋根が無いから雪掻きが大変と。ぶっちゃけそんなに積もらないじゃんなんてヤボな事は言いません、大変な思いをしているのは家内ですからね!

 

飛び込みできた方が大変そうだから話を聞いたそうですが、そのうち何か買っちゃうかも知れないですね、うちの奥様。とはいえ、せっかくだから庭のウッドデッキも作っちゃう?なんて結構乗り気で話していながらその日を迎えて話をさせてもらいました。

 

結果を先にお伝えすると、今回はやらない事に決めました。

厳密に言うと、この業者さんにはお願いしない事にしました。

 

一方的なセールス

ある意味とても勉強になりました。

 

こっちとしてはどういう感じにできるのか、どんな施工例があるのか、予算はどれくらいでできるのか、そもそも何を求めて話を聞こうと思ったのか。そんな話になると思ったんですが、実際は8割住宅ローンの借り換えをすると、実質負担なく作れますよ!的な話。

 

いや、確かに負担が減るのは有難いし魅力的ではあるけど、聞きたいのそこじゃ無い感が30分以上続いて、まぁ完全に気持ちが萎えました(笑)

 

借り換えを活用し、金利が下がれば実質無料で作れます、ソーラーパネルをつければ電気代がどれくらい下がりますよ、車のローンも組み込んでしまえば月の返済がこんなにお得!

 

どれもどーーーでもいいw

 

目的も必要性もイメージも無い状態でやるわけないじゃんw

 

こっちが聞きたいのはどんだけ勝手が良くなってカッコイイ物が、いくらくらいでできるのか?なんですが、実際見積もりも持ってきたんですが勝手にソーラーパネル入ってるしすげー高いし、そこには触れずに月々は安くなるって、言葉は悪いですがアホですか?って感じです。

 

車のローンを住宅ローンに組み込めば返済期間が長くなって月の返済額少なくなるの当たり前ですよねって感じ。休日の朝一という時間を開けておいたにも関わらずの内容でがっかりしていたのもあり、ハイハイと聞き流すモードに入っちゃいましたw

 

現場で大切なことを再認識

おかげで大切なことを再認識できました。

 

どんなに素晴らしい話も提案も、本質からズレていたら何の興味も湧かないこと。パンフレット営業は相手のニーズに気付かず、同じ話の繰り返しになってしまうこと。ヒアリングがないと提案も出来ないってこと。

 

こうなってはいけないと気付きがあったので、全くの無駄な時間だったというわけではなかったですね、ここはポジティブに考えます。でも、注文は間違いなくしないですけどね。結局何ができるのか、やりたい事をやったらいくらになるのか分からないまま話が終わっちゃったんですもんw

 

最後に話して言ったのは、今ならこの5万円くらいするファンヒーターをお付けしますでした。

 

うん、本当にどうでもいいw

最新情報をチェックしよう!