良い意味でも悪い意味でも順応してしまうこと@レップ森本

最近、握力が「8」に低下した森本のブログです。握力「8」って何にもつかめないそうですw

 

いや、笑い事ではありませんよ!

森本が笑いながら会社で話しているので、つい笑っちゃいましたけど笑い事ではないんです!

 

足の小指を机の角にぶつけるような、そんな負傷ですが、これは労災。社長の私が言っているのだから労災だ。という時事ネタですが、それとは別にテレワークは森本には合っていない様です。

 

テレワークが嫌い

こんにちは。レップの森本です。減少していたコロナですがまた感染者数が増えてきてしまいましたね。今後どのように推移していくのか。また緊急事態宣言など出ないと良いのですが。。。またテレワーク生活に戻ることがあれば、私は耐えられません。。。

 

やっぱりお客様にお会いしたり、会社のメンバーと色んな話をして毎日を過ごしたいです。コロナで、人に会えること、一緒に過ごせることの有り難みを本当に実感しました。

 

テレワーク中はもちろん寂しかったけど、それに順応してしまうと言うか、外に出られなければそれはそれで生活をしていたのですが、やっぱり元の生活に戻れば、当たり前の生活が一番良いものです。

 

変化に順応すること

良い意味でも悪い意味でも人間は変化に順応してしまうもの。コロナで外に出れなくなれば、最初は不満が沢山あってもその中でどう生活をするのか考えて生活をするようになる。

 

実は今私は体をほんの少しだけ負傷しています。本当に親に感謝しかないのですが、今まで大きな病気や怪我ってっしたことがないんですよね。今回も大したことはなく、少し手を負傷しただけなのですが。

 

でも最初はいつものことがいつものように出来なかったんです。出来なければ出来ないなりに考え、出来るように身体が順応していく。私の体は良い意味で順応したのでしょうね。

 

でも、もしもっともっと大きな怪我をして、それに順応した生活をして、怪我が悪化してしまう。そんなこともあるんでしょうね。そんなことを考えてみると、悪い意味で順応してしまうことも沢山あるのかなと思います。

 

良い意味での順応と悪い意味での順応

例えば、私たちのような営業は美容師さんと同じで売上をあげなくては会社は成り立ちません。売上が上がらない日々が続けば、それが当たり前になってしまい、売上を上げる意欲がわかなくなってしまうこともある。

 

大きな売上を上げた経験があっても、上がらない生活が当たり前になってしまえば、その生活に順応してしまう。これは悪い意味での順応で、そんな風にはなりたくないなと。

 

前に美容室経営者さんからこんな話を聞いたことがあります。

新しく入社したスタッフさんが、これまでの美容師人生で歩合が付いたことがなく、売上が上がりお客様から支持されることや歩合がつくことの喜びを感じたことがない。

 

でも、産休に入るスタッフさんの引き継ぎもあり、売上が上がり歩合も付き、楽しさを感じその生活が当たり前になれば、それがベースになり、今では毎月当たり前に歩合が付くようになった。指名のお客様を増る喜びを感じ、そう言う意欲をもつことが普通になったと。

 

そんな変化に順応して成長していく。

良い意味でも悪い意味でも順応するもので、自分次第なんだなと、自分の体からそんな気づきがありました。

 

変化し続けることが大切

自分の中での当たり前のベースをいかに高く保てるか。低い位置で順応してしまえば、それが自分のベースになってしまう。

 

結局は、モチベーションを高く持ち続け、自分自身が変化し続けることが重要なんだと思います。

 

変化と言えば、弊社の求人サイトのCM&JOBもそう。今回リニューアルをしますが、リニューアルしなくても継続は出来ました。でも、もっと掲載サロンさんへ応募や採用を届けたい。そんな皆の想いからリニューアルを行っています。

 

思い返せば、下道の一言がなければ、これまでのCM&JOBを何ら変わりなく運営し続けたでしょうね。

 

お客様も自分たちもより良くなるために、変化し続けることはとても大切なこと。変化がなければきっと、当たり前のベースが低くなり、それに順応してしまうもの。

 

順応って恐いなと 笑

そんなことを感じブログにさせて頂きました。

いつも長文にお付き合い頂き、ありがとうございます。

最新情報をチェックしよう!