REPSS(レップ)社Happy-Birthday!

  • 2020年11月29日
  • Think

本日11月30日は、REPSS社第16期のスタートとなります!HAPPY BIRTHDAY!!

 

お陰様で11月29日をもってREPSS社第15期を無事に終える事ができました。REPSS社のお客様をはじめ、協業会社さん、知人・友人、多くの人の関わりの中で、15年間を継続できた事に心より感謝申し上げます。

 

REPSS社第15期

世界を襲った謎のウィルスに驚愕しながら、どの業種業態でも戸惑いながら、試行錯誤しながら、今もなお懸命に前に進もうとしています。

 

何もしなければ衰退をする事を肌で感じながら、簡単に成長できない時代になった気がします。

 

保険業界も壊滅的と聞きます。2年前には金融庁からのお達しで「ブラックバレンタイン」を経験し、今年はコロナ。大きすぎる2重苦はまだこの先も続きそうですね。

 

苦楽を共にしてきた仲間を信じながら、この先も前に進むためには何をしたら良いのでしょうか?その方法論よりも、もっともっと大切に深く考える必要がある気がします。

 

11年間続いた社員全員を連れて行っていた海外への旅も途切れました。きっとこうして継続してきた何かが途切れたという方も多いのはないでしょうか。これは落胆する事ではなく、次へ進める為の経験として糧にできたらいいですね。

 

MDRTの継続

保険業界には「MDRT」というある一定の成績資格基準があります。コロナの影響で継続してきたMDRTの入賞基準を切ってしまった保険営業マンも多くいると聞きます。しかし「腐らない」でください。

 

職業を保険とするならばずっとついて回る事ですし、また今年入賞すればいいじゃないですか。

 

成長には失敗がセットです。上手くいくこともあれば、失敗する事だってあるはずです。しかしもし「何もしない」「今まで通り」だとすれば、それは衰退を意味するでしょうし、皆で楽しむ事をしないという方向性になってしまうでしょう。

 

さてREPSS第16期はどうするか。

 

REPSS第16期

REPSS社は2020.11.30、創業16期目のスタートとなります。今日はREPSSの誕生日です。

 

お陰様でこの15年間、「ご紹介」を中心にお客様を増やす事ができました。多くのお客様の要望に応じて、REPSS社お客様向けの「セミナー」を行ったり、協業会社さんの営業担当者さん向けに知識の共有を目的にしたセミナーを行ってきました。

 

集客の様な広告をせずに、15年間継続できた根拠があります。

会社の方向性は「求められる人」「求められる会社」作りをとても意識してきました。

今一度再確認する事は「方向性」でしょう。

 

目的と手段の見分けを間違えると、方法論を模索してしまい、曖昧な目的に近づいているのか近づいていないのか分からなくなり、頑張っている事が疲弊していく事になりかねません。

 

新リーダーの千葉と吉里

REPSS社第16期はリーダーを交代します。2トップ体制に切り替えます。会社のすべての決済権、会社の実印の保持、会社のクレジットカード、全てを委ねます。そして順次株式の譲渡。

 

千葉と吉里には大きなプレッシャーがのしかかるでしょう。しかし、プレッシャーと付き合う力は持ち合わせているはずです。私は口を出さずに手を動かします。裏方として千葉と吉里を支える側に徹して、会社を支えようと思います。

 

そして千葉と吉里に伝えている事があります。

 

「勉強する時間が欲しい」と。

 

後輩に会社を任せ、次のREPSS社の柱を作り上げる為に勉強したい事があります。

 

REPSS社がこの先何年も継続できる様に、皆が困らない様に、そして今後の採用に生きる様な知識を詰め込む時間が必要だと判断しています。

 

REPSS社第16期は、事業承継を前提にした1年を目指し、世代交代と新人の採用を同時に行いながら、前に前に少しづつでも進みながら、皆が笑顔でいられる会社を維持できるように精進します。

 

REPSS社社第16期も、どうぞ宜しくお願い致します。

最新情報をチェックしよう!