どんな人と働きたいのか?ペルソナを考える@レップ森本

ご存知の通り新リーダーに千葉と吉里を指名したのですが、千葉と吉里と同様に信頼を置いているのが森本です。

 

とてもいい意味で、芯の強さや頑固さは千葉や吉里以上かもしれません。しかし誰でも強いだけではなく、森本らしい優しさも十分に持ち合わせています。

 

それほど変化に機敏に対応するわけではありませんが、一度自分の中で理解するとそこへの突破力は優れています。言い換えれば、目的意識を持った時の森本は本当に頼もしい。

 

今後、千葉と吉里同様に任せていきたい1人です。

 

tocoroniスタッフ

こんにちは。レップの森本です。今年も残り2週間となりましたね!今年を振り返ってみると、「コロナ」と「CM&JOからtocoroniへのリニューアル」この2つしかないくらいの1年でした。

 

まだまだこれから沢山の変化をしていくtocoroniですが一旦公開もでき、リニューアルも一段落。何度かブログでも書かせて頂いていますが来期は増員予定。保険チームももちろんのこと、求人チームの増員も考えています。

 

だからこそ、最近よくこんな質問を社内でもらっています。

「どんな人と働きたい?」

 

求人の仕事をしていると、自分が美容室経営者さんやスタッフさんへよく聞く質問ですが、実際自分自身のことや社内の求人のことを考える機会って少く、以外と難しい質問だなと。。。笑

 

でも良い機会だなと、自分ごとと捉え向き合うことで、今後の仕事にも活かせる。考え方の事例にもなりますし、方法などの手法もそう。実際の体験談がめちゃくちゃ自分の仕事に活きますね。

 

受け入れ体制の整備

募集をかける前の大前提として、レップでは今年は受け入れ体制を整える1年としました。石井と千葉を中心にスタッフ全員で教育について考え、マニュアルも作成。自分の仕事以外のことも把握出来るよう営業・内勤の仕事もマニュアル化しました。

 

自分にしか出来ない仕事ってとてもやりがいもありますが、自分にしか出来ない仕事をつくってしまうと、体調をこわしたり長期で休まなければいけなくなった時には、お客様にも社内のスタッフにも迷惑をかけてしまう。

 

今まで出来ていなかったことを整備し、受け入れ体制を整えるところからスタートしています。もしかしたらマニュアル化出来るものの方が簡単なのかもしれませんね。自分たちの当たり前が新人にとっては当たり前でなかったり。

 

例えば、美容室経営者さんのアシスタント時代は営業後に夜遅くまで残って練習をしていたと思いますが、今はそれを改善している美容室さんも多いと思います。レップは基本直行直帰OKなので、スタート時間が遅い日もあれえば早い日もあるし、早く帰る日もあれば遅くなる日もある。

 

先日の千葉とのミーティングでも夜の打ち合わせの時間について質問がありましたが、私は夜遅くなろうがアポに行きたい。と伝えましたが、もしかしたらそういうことも嫌と思う人も多いのかなと。私自身も自分の年齢を考えると先々を見越しての仕事のやり方を考えていかなければいけないですし。。。マニュアル化出来ない、自分の当たり前や会社の当たり前を変化させることほど難しいなと。

 

もちろん採用をしていかなけれないけないことは分かっていますが、ただただ働きやすい環境をつくるのであればゆるくなってしまうので、線引きするラインやルールを決めていきたいなと思っています。仕事の質が落ちてしまえば、意味がないですからね。

 

社内でのそういった細かな線引やルールをもう少し整備し、来年中旬あたりから採用に向けて社外に発信していけるのかなと。そんな風にレップでは長期で採用に向けて動いています。

 

採用人物像について考える

受け入れ体制を整えている間に私もペルソナを考え採用人物像を明確にしていきます。会社から言われているのは、「求人チームの採用は私が一緒に働きたいと思う人」を採用すると。だからこそ、私が求人と向き合う必要があり、吉里・千葉任せではなく自分自身が考えなければいけないことだと感じています。

 

多くの美容室経営者さんもスタッフさんとの相性を一番気にされますよね。レップでも同じです。今もざっくりとはあります。○○さんみたいな人と働きたいです!っていつも答える営業の方もいます。

 

でもそれは、その方の仕事に対する姿勢や人柄が好きと言う、ただの私の感覚でしかありません。なので、ペルソナを考えた上で「なぜ」そう考えるのか、「なぜ」を追求してみたいなと思います。

 

考えた上で、もしかしたら来年の採用はなしと私自身が思うかもしれません 笑
それも1つの答えなんだと思います。

 

「どんな人と働きたいのか?」
それを考えた上で、その人を見つける為にどんな手法で求人を行うのか。もちろん予算もあることなので、何でもOKではないと思いますが恐らく選定に関しても任せてもらえると思います。

 

自社の求人に対してしっかりと向き合い、それを今後のサロンさんの求人アドバイスにも活かしていきたいと思います。

 

いつも長文にお付き合い頂き、ありがとうございます。

最新情報をチェックしよう!