年末年始休暇のご案内

  • 2020年12月28日
  • Think

今年も残すところ後4日ですね。今年の12月はどうでしたでしょうか?

 

レップ社では、11月30より第16期が始まり、今期から新リーダーとして千葉と吉里にすべての決裁権を移譲し、第17期には役員登記の変更、そして順次株式の譲渡というプランニングで進めていこうと考えてます。私が株式の大半を保有しいつまでも肩書にぶらさがり、自分の会社だと社内だけで威張っていては会社の成長に疑問を持ちました。

 

未来のレップ社員に対して、50を過ぎたおっさんが社長というより、もっと年齢も近く感性も思考も近い感覚を持った30代40代が会社のトップにいる方が、新陳代謝はより良いと判断したんです。それが良いことなのか、成功か失敗かはわかりませんが、計画的に行ってみる価値はあると思ったのです。

 

新リーダーの千葉と吉里は急激に意識が変わった気がします。考える事が増えたと話していました。後輩を信じ、今まで教えてきたこと、今まで見せてきたこと、その中の良いとこ取りで吸収し、自分たちの考えや方向性を存分に生かして欲しいと思います。私はその考え方の支えになります。口出しせずに、数字で貢献したいと思います。

 

年末年始休暇

できる限り可能な範囲で労働時間を縮めてきた2020年ですが、コロナ渦を起点に7時間労働に切り替えました。1時間の労働時間を短縮し、第15期の給与規定はそのままに、第16期は定期昇給を実施しました。第16期も1日7時間労働で進む予定です。

 

休暇においてもできる限り休日を増やしていくのが時代の変化でしょうか。

 

レップ社では、年末年始休暇を下記に定めます。

 

【2020年12月30日(水曜日)〜2021年1月4日(月曜日)】

 

12月29日は大掃除をし、会社にあるお守りを神田明神に納めに行き、密を避け社内でささやかながら締め会をし2020年を終わろうと思います。

 

2021年1月営業開始

2021年の新年最初の営業は【1月5日火曜日】からとなります。

 

レップにとって2021年は変化の多い年になりそうです。変化するという事は、違和感が必ず伴います。むしろ違和感がなければ変化していないという事になるかもしれません。

 

摩擦が起きたり化学反応があると思います。その経験が個人を成長させたり、会社が成長したりするものでしょう。

 

Think Representative

REPSS社の語源は「Representative」です。当事者意識・代表者という意味です。全員が当事者意識を持ち、全員が代表者という心構えを持つという意味です。名刺にはこんな名称も記載されています。「Think Representative」。

 

Think Representative。全員が当事者意識・代表者として考えよう。

 

新リーダーを支える役割として、当事者意識で2021年レップ第16期も励みます。

 

2020年も残り僅かですが、頑張っていきましょう!

最新情報をチェックしよう!