美容師さんの国民年金

いつもご覧くださいまして、ありがとうございます!

 

 

かれこれ20年もの間、美容業界を歩いていると「国民年金払ってないんですよ」という声も少なくないので、今回のこのテーマで。

 

 

美容師さんの国民年金

 

 

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが復習です。

 

 

国民年金の支払いに関して、下記定義があります。

 

 

☆国民年金は、20歳〜60歳の40年間分の25年間(300ヶ月間)払込期間は払い込まないと、将来の年金を貰える権利が無くなる☆

 

 

すなわち、24年11ヶ月間(299ヶ月間)国民年金保険料を支払っても、将来の基礎年金はゼロというルールでした。

 

 

めずらしい事に、国が国民の為の法案として成立した新たな法案が平成29年(2017年)4月から施工される予定の様です。

 

 

「社会保障と税の一体改革」と呼ばれる社会保障制度の充実・安定を目指す改革のなかで、年金制度についても大改正が決まった様です。

 

 

国民年金最低支払期間25年間→最低支払期間10年に短縮となります!

 

 

ちなみに、年金っていつからもらえる権利があるかご存知ですか?

 

 

日本年金機構

https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/tetsuduki/rourei/20141128.html

男性:61歳 女性:60歳

 

 

あれ?65歳からじゃないの?と思っている方も少ないないのではないでしょうか。

 

 

日本年金機構の2015年10月21日の通達によると、やはり男性61歳女性60歳と書いてあります。どうやら在職の有無によるものらしいのですがね。

 

 

制度変更はいつからか

 

 

どうやら消費税と国民年金との因果関係がありそうだと思うのは私だけではないでしょう。

 

 

H29,4消費税の増税と、国民年金の最低支払期間10年が、同じ頃合いに始まるという事は、消費税の税収増加を含めて事を計算根拠を差し込んでいる様にも思えます。

 

 

今までに国民年金保険料を、ちょっとしか払っていない方今までに払った事のない方で、例えば結婚を期に奥様から「エッ払ってないの?」とか言われそうな方、遡って支払う事も今は可能だそうです。

 

 

真面目な話をすれば、国民年金の支払いは国民の義務だと云うことは、ほとんどの方は聞いた事があるでしょう。

 

 

もし国民年金や法人の場合の厚生年金などの加入を、意志で決められる選択制であれば、私なら民間の貯蓄を選びたいのも正直なとこかもしれません。

(その知識の専門的な仕事をしているので、一般の方々よりちょいと詳しいので)

 

 

国民年金や厚生年金は、確かに自分たちに返ってくるお金ですが、現実的には今の年金受給者さんや近々に受給者になる方々への原資になるものでしょうから、自分たちが将来年金受給の年齢の頃にはどうなっているか分かりませんね。

 

 

なので、自分たち返ってくるお金という考え方よりも、今そして近々に年金受給される方の為に支払という感じで考えらえた方がいいのかもしれません。(なんだかネガティブな感じになっていませんか?)

 

 

公益財団法人 生命保険文化センター

http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/oldage/2.html

日本人男性の平均寿命80.21歳    日本人女性の平均寿命86.61歳

 

 

ってことは、すごくざっくり言えば、男性の平均的な年金受給期間が20年間で、女性の平均的な年金受給期間が26年間ってことですかね。

 

 

例えば美容師さんが65歳で現役を引退した場合65歳〜平均寿命80歳までの間の生活費はいくらあったらいいか?簡単に書くと、月額生活費を30万円と仮定すると。

 

 

月額生活費30万円×12ヶ月=360万円×15年間の生活費=5,400万円

 

 

国民年金の老齢年金でもらえる年金額を含めて、5400万円ないと、私たちがおっちゃんおばちゃんになった時に、ちょいと寂しい節約生活を余儀なくされる事は、かなり色濃い事実だとも思います。

 

 

美容師の皆さん、貯蓄しましょう!!!

 

 




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

下道 勝

美容業界特化型保険代理店REPSS(レップ)株式会社、美容師求人動画サイトCM&JOBを運営する代表取締役をしている、下道 勝(シタミチ マサル)が、日本全国の美容業経営者に向けた、情報ブログサイトを可能な限りの範囲で日々更新しているブログです。 日々営業活動をしている中で、美容業経営者の「なぜ」に対し、協会認定ファイナンシャルプランナーとしての情報が満載です。 これから美容業経営者を目指す方、現在美容業経営者の方に対し、情報を発信していきます。