久しぶりの「美容師求人」セミナー開催@レップ森本

オンラインセミナー。もう皆さんはオンラインでのやり取りに慣れてきましたか?私は何度も繰り返してはいるものの、やはり温度感みたいなものが伝わりづらい感覚が抜けきれません。

 

今回のオンラインセミナーでは、森本と吉里で行ったのですが、後で感想を聞いたのですが2人とも昭和の人の様で、なんだかしっくりこない感じの様でw

 

では、森本ブログです!

 

美容師さん向けオンラインセミナー

こんにちは、レップの森本です。お声がけ頂き、先日久しぶりにセミナーをさせて頂きました!10名ほどの美容室経営者さんにお集まり頂き、1時間半ほどのセミナー。お休みの日の朝早くからの開催でしたが、沢山の方にお集まり頂き、とても嬉しかったです。開催頂き、ありがとうございました。

 

もちろん対面ではなくZoomを活用して。私自身、対面でも1時間半と言う長時間のセミナーを1人で行ったことがなく、吉里に助けてーっとお願いしました。吉里の協力のもと後半吉里にバトンタッチをし、終えることが出来ました。

 

やっぱり吉里凄いなーと関心。1対複数の場合、Zoomだとどうしてもミュートにしている分、対話が出来ない。。。だからこそ、声や表情、身振り手振りで通常よりも表現する必要がありますね。自分自身で自分の課題も見え、久しぶりのセミナーでしたが、このような場を頂き本当に良かったなと思っています。

求人の目的

今回は求人をテーマにセミナー依頼を頂きました。人材不足と言われるこの時代に、どう求人と向き合っていくのか。求人の目的って、大きく分類したら、3つのどれかに当てはまると思います。

①人が足りない為(スタッフ退職、売上とのバランス等)

②出店などの展開の為 ③スタッフの成長の為

 

増員することには代わりありませんが、募集をすることが目的ではなく採用することが目的でもないと思っています。採用した方の定着を見据えての募集ですよね。

 

そんなこと言っても採用できなければ定着も何もない。もちろんそうですよね。求人難と言われる時代、そして美容師求人においては、募集する美容室さんと美容師さんの数のバランスが悪く、なかなか応募が集まりにくい状況ではあります。

 

ただ私は定着についてとことん考えることで、入り口である募集にも大きく影響すると思うんですよね。「人を集める為にどうしよう。何の手段を使おうか。」を考えることももちろんですが、「離職防止についてどう体制を整えていくか。」それが自社の魅力にも繋がり、求人をする際の打ち出しにもなる。

 

美容学校でもやはり、従業員の定着率の高いサロンさんの評価は高いですよね。「美容学校を卒業した生徒が長く働けるサロンへ行って欲しい。」昨年美容学校を訪問させて頂いた際に、先生たちは、生徒さんが行きたいサロンへ就職することが一番だけど、長く働けるサロンを見つけて欲しいと心から願っていると言うことを強く感じました。

求人の課題

今回のセミナーでは私達が考える3つの求人の課題についてお話をさせて頂きました。

 

①募集と言う入り口 ②入社後の教育 ③定着後の出口(スタッフさんの未来づくり)

 

求人のお打ち合わせをしていると、どう言う内容やキーワードを使うと応募が集まるのか。もちろん、その時々のヒットしやすいワードなどはお伝えさせて頂きますし、時代に合わせた打ち出し方も大切だと思います。

 

でも、手段や内容は1社1社違って当たり前で、自社独自の強みをつくっていく方がもっと大事だと思います。内容と実情にズレが生じているとそれこそ、離職にも繋がってしまいます。だからこそ、ヒットしやすいワードも考えながら、そのサロンさん独自の魅力や打ち出し方を一番に考え、ご提案させて頂くようにしています。

 

課題である②③と徹底的に向き合うことが①の入り口にも必ず繋がると思います。最近は、本当にスタッフさんの定着後の出口を考えるサロンさんの増え、仕組みづくりのご相談を沢山頂いています。

 

スタッフさんの未来づくりである出口も1社1社違うと思います。美容室経営者さんがどういった展開をしていきたいのか。どんな未来をつくっていきたいのか。その考えによって募集のターゲットも変わるかもしれませんね。

 

セミナーを開催することにより、私自身もこの課題について整理ができ、とても貴重な時間となりました。
開催頂いた企業さん、ご参加頂きました美容室経営者さん、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!