離職の根本要因を考えてみる@レップ森本

実は最近、私(下道)のブログがめっきり減ったと思いませんか?これは意図的な事でして、サボっている訳じゃないんですよ。

 

社内の事を少しづつ部下へ移譲していく事。社内の事というのがありすぎて、本当に少しづつしか動かせない。何においても、段階を追って実現する事は思い通りに事が進む思考のひとつ。

 

今では、千葉と森本がブログを書いてくれていますが、そのテンポを少しだけ上げるか、そろそろ吉里も参加してくるか?

 

営業職の離職

こんにちは。レップの森本です。ここのところ求人テーマの連投となりますが、先日貴重な出来事がありましたのでブログにさせて頂きます。

 

お打ち合わせに行ったサロンさんでたまたま他社の営業の方とお会いし、美容室経営者さんと3人でお茶をさせて頂きました。こうやって仕事をしていると、普段関わりのある他社の営業の方とはお話をする機会ってあるのですが、全然知らない方とサロンでお会いしてお話をする機会って少ないんですよね。

 

弊社も求人強化の時期なので、若い営業マンがどんな思考なのか。

 

先日のブログで書かせて頂きましたが、安定を求めるのか歩合で稼ぎたいのか、どちらなんだろう。とずっと考えており、ちょうどそんな話になった為、質問をさせて頂きました。

離職の現状

めちゃくちゃ感じの良い若い営業マン。話を聞いていると、将来に不安があるとか。

将来に不安があるってまだ若いのに??

 

と思いながら年齢をきいてみると21歳。若いなと思っていましたがしっかりとした受け答えをする方だったので、20代半ばかと思って話をしていましたが21歳とは。一回り以上の年齢差にショックでした 笑

 

高校を卒業してからずっと営業の仕事をされており、3〜4年の経験があった為、20代半ばぐらいの落ち着きと対応ができることに納得でした。

 

でもなぜそんなに将来に不安があるのか?

 

社内の離職率がもの凄く高いようなんです。営業会社に有りがちですよね。美容業界の離職率の高さを問題視されますが営業職もめちゃくちゃ離職率って高いですからね。担当させて頂いている美容室さんと比べても業界問わず営業職の方が離職率が高いんじゃないかって思います。

将来への不安

将来への不安を考え、離職する方が多いとか。離職理由の1つ目は、年齢を重ねても今の仕事をしているイメージが湧かない。2つ目は、固定給は高いがボーナスが出ない為、お金の面での不安が大きい。

 

ボーナスが出ない!?

ボーナスを求めるのかー。っと美容室経営者さんと私は苦笑い。

 

因みにお話をさせて頂いた営業マンは不安はあるものの仕事のやりがいが大きいので楽しく働いているとホッとしましたし、とっても雰囲気の良い方だったので、今の会社で頑張って欲しいなと思っています。転職する時って大きなパワーが必要ですし、やりたいことが明確なら良いですが、お金の面だけで転職をしてしまうと、それが実現しない限り不満にも繋がってしまいますからね。

 

きっと入口の入社の段階で皆ボーナスが出るものだと思い入社していたのでしょうね。それが出ないから離職に繋がっている。入社前と入社後の「思っていた感じと違う」と言うギャップが生まれてしまっていたのだと思います。

 

「今の時代、そんなボーナスが出る会社なんて実際多くないですよー。」とつい言ってしました。ボーナスではなく、歩合は付かないのかと質問をすると、歩合はあるが目標設定が高すぎるとのこと。

目標設定の見直し

私は、今回この営業マンとお話をして感じたのはボーナスが出ないことが大きな問題ではないのではないかと。もちろん、入社の段階でボーナスがこれぐらい出ると会社から提示されていたら話は別ですが。

 

歩合発生のバーが高すぎる。やってもやっても歩合が付くイメージが湧かない。歩合が付いている先輩営業マン、あんな風になりたいなと言う目標となる先輩営業マンがいないことが問題なのではないかと思いました。歩合が付きにくいのであれば、別の方法での評価制度をつくるなど、方法はあるのではないかと。

 

美容室経営者さんからも最近は歩合や評価制度の見直し相談をよく頂きます。甘いと思われるかもしれませんが、近いところからの目標設定とそれに対する評価も大事かなと。次のステップも明確になります。

 

頑張っても頑張っても届くイメージが湧かない目標設定は途中で気持ちが折れてしまいますし、目標の意味すらなくなってしまうこともありますからね。他社営業マンとお話をすることで色んな気付きを頂きました。

 

本当に賞与が出ないことが問題なのか、出なくっても他を解決できれば離職に繋がらないのか。求めるものは人それぞれですし、レップでは安定を求める方・稼ぎたい方のどちらの思考の方でも安心して働ける環境をつくりたいと思っています。その為に、入社前にしっかりと話合い、擦り合わせが必要だと思います。

 

いつもと違う目線で求人に対して考えることができた時間でした。貴重なお時間をありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!