変化をする変化に対応する@レップ千葉

鮮度とか時流というのは必ずあると思います。新しい情報と昨年の情報。早すぎるタイミングと、少し出遅れた感のあるタイミング。

 

その時々をキャッチできるのは、SNSだけの情報では無い気がします。勢いってのは目に見えない得体の知れないものだったり、人から聞ける情報も運や縁が関係してそうです。

 

パソコンやスマホの画面には現れない鮮度や時流は、推進力のある経営者には舞い込んでくるのも事実でしょう。

 

美容室社長とのつながり

先日、初めてお会いしてから十数年の美容室オーナーさんから、店舗改装のご相談をいただきました。

 

出会った当初は私はまだ前職のディーラーに勤めていたころ、開業当初からのお付き合いでそのサロンさんの色々な浮き沈みを身近で見たり、一緒に悩んだり。スタッフルームがある2Fでオーナーのお母さんがまだ小さいお子さんの相手をしている時に一緒にちょこっと遊んだり。

 

前職を離職した今でも、縁があって担当させて頂いているのですが、そんなオーナーから改装の依頼があり、一緒に同席して話を勧めていました。

 

開業して10年以上経った今でも動き続けて、仕組みを変え続けるモチベーションってすごいなと思ったんですよね。経営者だから当たり前と言ってしまえばそれまでですが、行動に移すのは中々難しいですよね。

 

今が順調であればあるほど、その動き自体がもしかしたらマイナスに働くかもしれませんが、そうならないように事前に計画を立て動くというのは、その姿勢を見習うところがありました。

変化し続ける

自分自身を含めてですが、上手くいっている事をあえて変化させるというのは中々難しいことですよね。

 

その中で恐れずに動き続けている人が、現状維持も含めて成長できるというのも頭では理解できても、行動に移すのをためらってしまったり。その事がきっかけで不穏な空気が流れることもあるかもしれませんよね。

 

そういった事も踏まえた上での変化。

向上するための変化、最近していますか?

 

同時期に隣のテナントが空いて、拡張するサロンもあります。スタッフは3人。スタッフが3人しかいない状態で、同じ広さの拡張をする事を、無謀と感じてしまうでしょか。

 

もちろん簡単な決断ではありませんが、今後展開していく為のチャレンジだと思うんですよね。

 

当たり前のように固定費が増える中で、求人も仕掛けていく。一時的な状況としてはもしかしたらキャッシュフローも今より悪くなってしまうかもしれませんが、今の状態では数年後に上限がきてしまうとの判断、今後の事業展開やスタッフ増員を考えた上での行動、英断だと思っているんです。

待っていたら何時まで経っても訪れない

もしかしたら、めちゃくちゃラッキーな事があって、何かが勝手にプラスに働く事もあるかもしれませんが、そうそうは無いのではないかと思うんです。情報を収集して、行動したところにチャンスが巡ってくる、その準備を整えていくには何かしらのアクションがないと見落としてしまったり、気づかなかったり。

 

私自身にも起こっているのかもしれませんが、できるだけ逃さないようにと考え、行動をしていきたいですよね。情報を集めやすい時代でありますが、待っているだけでは集まらないのは今も昔も変わっていないと思うんです。

 

5年後10年後、どうなっていたいのか、スタッフをどうしてあげたいのかを考え、実現するためにプランを練り行動する。未来の話を明るくできるというのは、素晴らしい事ですよね。

 

私自身も割と慎重に行動してしまうのですが、それも悪いことではないとはいえ、時には行動が先になるような動きも必要なのかもしれませんね。行動を起こしている経営者の方が増えていっているように感じますので、取り残されないようにしなければ、、、

いつまでも新鮮でいるために

前に進んでいるサロン、進もうとしているサロンに対して、こちらの情報や思考が追いついていなければ要らない存在になってしまうと思うんです。

 

その時その時の新鮮な情報や経験を提供できるよう、アンテナを張って居なければいけないし、情報源であり続けなければいけないと感じています。

最新情報をチェックしよう!