自分の「伝えたい」が優先してしまうこと@レップ森本

毎月1回の貴重な勉強会のシーンを森本も書いてくれました。

 

どうでしょうか?時間的な都合の合う方、参加してみませんか?営業職の方を中心に、営業職ではない方も参加OKですが、簡単なルールもあります。

 

お試し1回目にご参加いただいて、その後も参加希望であれば、毎月第一土曜日の10時〜13時は最優先でスケジュールを組んでいただく必要があります。そこには、今まで経験した事のない気づきがあると思います。

 

毎月1回の貴重な時間

こんにちは。レップの森本です。月あたまの土曜日はR塾の勉強会。と言うことで先日もいつものメンバーで勉強会を開催しました。今回はいつもより参加人数が少なかったのですが、久しぶりにトーコンメンバーとも会うことができ、楽しく開催することが出来ました。

 

ついつい話していたテーマと話がそれていくこと。そんなことってありませんか?

 

話しているうちに自分が何について話していたのかが分からなくなってしまう。。。また、頂いた質問と答えがズレてしまっていること。

 

打ち合わせやミーティングをしていると、私はよくあるんですよね。結果、自分が何を話したかったのかが分からなくなってしまうこと。

テーマとのズレ

この勉強会でも自分もですがメンバーも起きてしまうこと。発表が終わった時に、「別のテーマなら良い発表だったね」と言われてしまうことがあります。

 

なぜテーマと発表内容にズレが生じてしまうのか。自分が発表内容について考えている時に、自分の伝えたいことを優先して内容を考えているから。この内容を話したい。その話を皆んなに伝える為には、どういう肉付けをしていくのか。

 

テキストの伝えたいことは何なのかを考えず自分の考えを優先してしまっている為、ズレが起きてしまうことがあるんです。この勉強会ではその時の自分の精神状態や自分が考えていることがそのまま発表に現れます。

 

その時に誰かに伝えたいこと。を置き換えて発表内容に盛り込んだり。その自分が伝えたいことが優先したしまうと、テキストの相手が何を伝えたかったのかからブレが出て、テーマと発表内容がズレてしまうことがある。

 

きっと気づかぬうちに、日々の他愛もない会話やお客様との打ち合わせでも起きてしまっているんでしょう。

 

適正なアドバイス

普段仕事をしていたら、そんな状況に気づきアドバイスをしてもらう機会なんてないのですが、この勉強会は参加メンバー皆んながアドバイスをくれます。なぜそんな状況になってしまうのか。改善方法は何なのか。

 

今回、私はテーマと内容の違いに千葉からめちゃくちゃ突っ込まれました 笑

自分の中で伝えたいことがあったので、自分の意見をなかなか曲げることが出来ませんでしたが、最終的には千葉からの指摘に納得してしまいました。それは、なぜ私がそう考えたのか。の背景を考えてくれアドバイスをしてくれたからなんです。

 

なぜ私はその考えを持ったのか。それを踏まえて自分だったら、こう考えるかなと。完全に否定はせず、それを活かしてどうしたら良いのかを伝えてくれます。コミニュケーションの場で一番大切なことですよね。相手が何を伝えたいのか。を汲み取ること。

 

整理することのが重要

長時間の打ち合わせやミーティングをしていると、テーマから内容がズレていったり、最初に話していたことを忘れがちになってしまったりすることなんて、よくありますよね。吉里が私によくしてくれることなんですが、途中で話を整理してくれ、私に確認作業をしてくれるんです。

 

そうすることで、自分の考えやそこまでの話の流れを一旦自分でも理解し整理することができる。千葉も吉里も方法は違えど、こちらの考えを整理・確認作業をしてくれるんです。

 

これって自分自身でもすべきことで、整理する力を付けていくことが出来れば、テーマと内容がズレることが少なくなり、自分の伝えたいことが優先して話をせず、テーマに沿って相手が何を伝えたいのかを踏まえて考え伝えることが出来るのかなと思いました。

 

そんな気づきを沢山頂ける勉強会。社内でけでは気づけないことも、トーコンさんが参加して下さることで、より沢山の発表を聞いて、色んな視点での意見を頂き、日々楽しく勉強会を行わせて頂いています。

 

いつもありがとうございます。

最新情報をチェックしよう!