tocoroni求職者の生の声を聞く機会@レップ森本@レップ森本

また緊急事態宣言ですって。その方法の目的は今思えば何なんでしょうかね?本当の国民の事を想っての事なのでしょうか?我々が選んだとされる国会議員は国民の代表者なはずですが、国民の声を聞き入れているのか疑問です。

 

このブログで政治的な事、宗教的な事をつべこべ書く気はありませんが、最近の政治家にガッカリしているのは私だけではない気がします。

 

そんな情勢の中でも美容業界は健在でして、特に求人においては結構動いている印象です。

 

森本には、今私が行っている美容室のマネージメントサービスの女性経営者版を将来になって欲しいなーなんて淡い期待もあります。森本は優秀ですし、心底お客様の事を考えられる資質も持っています。むしろ私が森本のサポートに回って、森本が表に立つという形は、将来新しい何かになるんじゃないかと思います。

 

アテンドという美容師求人サービス

こんにちは。レップの森本です。

 

4度目の緊急事態宣言が発令してしまいましたね。生活の制限が緩和されてくるとすぐにまた戻ってしまい、またかーと言う気持ちを持ってしまいますが、皆同じですからね。今の生活の中で出来ることをしていきながら、自分のモチベーションを保っていきたいなと思っています。

 

先日、美容室経営者さんから、tocoroniの紹介(アテンド)サービスについて連絡を頂きました。最近はネイリスト・アイリストのマッチングが増えていて、そのことををお伝えした際に、その美容室さんでもネイリスト応募が凄く増えているとのこと。

 

コロナを理由に転職をされる方、業界に戻られたいと言う方も増えているのかなと言う印象です。今の生活に不安になったり、今ままで感じていなかったことに不満を感じたりと、多少なりともコロナの影響はあるのかなと思っています。そんな求職者の不安や不満を少しでも解消できるよう、tocoroniではサポートをしています。

自分の成長を感じること

退職理由って人それぞれだと思いますが、退職理由としてよくあげられるのが、「職場での人間関係」「評価・待遇への不満」「仕事量」「多職種への転向」などですが、昨年や今年の退職理由の中に「コロナ対策・環境不安」と言う理由も加わってきているようなんです。

 

何の不満もない人なんてそういないと思うんです。例えば、業務量が多くたってその分評価に繋がっていれば退職理由にはならないと思います。何らかのバランスが崩れた時に不満が大きくなり、それが退職に繋がってしまうのかなと。

 

先日、大学時代の友人に会いました。大学卒業以来だったので、13年以上ぶりでしょうか。卒業後、ずっと同じ仕事を続けているのですが、今でも「こんなことがやりたい。」「あんなことがやりたい。」と、今後の自分のビジョンが明確で、モチベーションが高く、めちゃくちゃ刺激になりました。

 

どんなに忙しくたって、仕事にやりがいを感じ自分の成長を自身で実感している。そしてその評価を受けている。だからこそ、その職場でどんなポジジョンを目指したいのか、この先どんな仕事を任されたいのか。を明確に持てているんだろうなと思いました。

 

やっぱり自分の成長を自分自身で感じられることってとても大事なことだなと思います。不安や不満を自分で解消しなければ、それが溜まっていってしまいますからね。

それぞれの未来をつくる

レップでは、下道や吉里を中心にそれぞれの美容室の未来づくりの相談を多数頂き、その美容室に合った仕組みを美容室経営者さんと一緒につくっています。

 

転職や独立と言う選択肢を取らなくとも、自社でスタッフさんの未来の選択肢を増やせるよう。ずっと活躍できる仕組みをつくっています。仕組みがあれば退職がないのか。私はそうは思いません。

 

仕組みをつくる上でも、その仕組みに沿って未来を描くサポートをするにも、私は自社のスタッフさんがどんな将来や目標を持っているのか。どのスタッフさんがどんなポジションが合うのかを知るためにも、しっかりとコミニュケーションを取る必要があると思います。

 

いくらスタッフさんのことを考えて動いたり仕組み化しても、スタッフさん自身が描いていることとズレていたらせっかくの動きがマッチしないものになってしまいますからね。めちゃくちゃ自分たちのことを考えて動いてくれているのは分かっているのに、意図していることとズレている。そんなことってありますよね。

 

お互いがどんな考えをもち、どんな未来を描くのかを共有することってめちゃくちゃ大事だと思います。

 

tocoroniの紹介(アテンド)サービスがスタートし、今まで聞くことができなかった求職者の生の声を聞く機会も増え、私自身も様々なことを考える機会を頂いています。

 

いつも長文にお付き合い頂き、ありがとうございます。

最新情報をチェックしよう!