美容師の新たな開業のカタチ@レップ千葉

今回の千葉の記事ですが、本当に増えた気がします。FCというフランチャイズ契約は、美容業界ではあまり良い印象がない気がしますがそれもそのはずで、過去の遺産に対して未来のロイヤリティと考えれば、未来において必ずと言っていいほど「本部は何もしてくれない」「ロイヤリティ払う意味が分からない」「FC辞めたい」となるのは必然です。

 

過去は過去。

未来は未来。

 

もしFCやグループ化を考えるとすれば、「本部の仕事」とは何か?を本気で考える必要があります。まさか材料の一括仕入れで少し安く買える、集客や求人のスケールメリット程度ではなかなか難しいと思います。

 

関連記事はコチラ

美容室フランチャイズ契約書作成から4年【2020.10.2更新】

 

美容室フランチャイズ

最近話題に上がる機会が多くなってきている気がします、フランチャイズの話。

 

FC展開をする経営者側とも、FCオーナーになることを検討している側ともお話する機会があるのですが、双方にメリットがあるから成立する契約なので、メリットを感じなければやめればいい話。

 

一時の状況だけで判断する事でも無いですし、契約書をしっかり作成し、細かいルール決めも必要ですが、今の時代の選択肢の一つとしてはアリだとは思っています。

そもそもFCとは

ざっくりおさらいですが、フランチャイズについて。

 

通常の独立や開業と違い、いい意味で仕組みができあがっているノウハウ、物を使用する事によって事業開業時の不安要素などを取り除く事ができる仕組みです。

 

要は本部のノウハウや知名度を活用して、失敗の少ない開業ができるといったところでしょうか?そのノウハウを利用する代わりに本部に対して利用料、ロイヤリティを支払うといった流れになります。コンビニやラーメン屋さんなんかは良く耳にしますよね。

 

この場合、仕組みももちろんですが、どちらかというとその知名度に価値があって、ローソンやセブンイレブンは誰でも知っていて、コンビニを開業したい場合その仕組や名称は大きなメリットになるはず。その味が使用できるラーメン屋さんなんかもメリットは多いんでしょうね、きっと。

 

知名度が高い分、そのロイヤリティは結構高め。少し前にどこかのコンビニが24時間営業ができなくてニュースになっていましたが、契約事態も厳しいものになっているんでしょうね。それぞれがオーナーというFCでの展開ができれば、圧倒的なスピードで出店する事ができ、より知名度や店舗数が上がること、ロイヤリティの定期的な収入があるといったメリットが本部にはあるわけですね。

美容業界のFC

一昔前に結構流行ったイメージがありますが、最近まで結構毛嫌いされていた印象があります。

 

理由は単純だと思っていて、FCオーナーになりたいという美容師がいなくなってきていたからで、要はFCオーナー大変そう、儲からなそう、なんかメリットあるの?という印象がついてしまったから。

 

この原因は本部にあると思っていて、ロイヤリティの設定や契約内容が本部都合に偏ってしまっていたり、本部として機能していなかったりデメリットが目についてしまっていたからだと思っています。そんな状態から一変し、最近ではまた復活してきています。

 

FCという名称より、グループ化という方がしっくりくる感じ。

 

ルールやロイヤリティはもちろんありますが、以前のFCという感じではなく、ある意味対等なオーナー同士の集合体といったイメージの契約が多いようです。

双方にメリットがないと意味がない

昔のFCはきっとここが欠落している事が多かったんでしょうね、なので衰退してしまった。本部ばかりが大きくなっていき、FCオーナー達は自分たちが儲からなくて厳しいと思っていたのかもしれません。最近の場合、展開する側の本部も考え方が変わっているように感じます。

 

美容業界の昔からの課題でもある離職。業務委託やフリーランスなども主流になった今、独立開業も含めると、自社にスタッフをとどめておく事が昔以上に難しくなっていませんか?

 

求人の厳しい状況の中で、完全に離れていってしまう独立をされてしまうのであれば、グループとしての繋がりを維持できるのは経営者としても大きなメリットになるのではないでしょうか。目先ではなく、今後の経営を考えると、グループ化に大きなメリットを感じる経営者も少なくない気がしています。

 

逆にスタッフ側としてみれば、大きな借金やリスクを負うことなく、自分のサロンが持てる。

 

今後も付き合っていくメリットを大きく感じる事ができれば、FCに加盟する意味はあると思います。自信があり、貯金もあるのであれば自分で出店すればいいですし、完全独立・業務委託・フリーランスに加えてグループ加盟という選択肢の一つにはなっていると思っています。

とはいえ簡単にはいかないもの

契約内容や加盟条件、加盟後の条件など、しっかり理解しておかないと事故になるので注意してくださいね。

 

経営者側とすれば、そこに穴があれば将来手痛いダメージを負う事になりますし、FCオーナー側からすれば、こんな内容だとは思わなかったと将来後悔するかもしれません。

 

しっかり仕組みを考えて、双方にメリットの多い契約を交わしておかないと、双方が不満を抱えていく結果になってしまうかもしれませんのでご注意を。

最新情報をチェックしよう!