空気づくりで伝わり方も変わる@レップ森本

毎月1回の社内勉強会でのプレゼンテーションでの採点項目のひとつに「チャーミング」という採点があって、森本はいつも高得点です。森本が持ち合わせている空気感や話し方、時折ハッキリ話せ!と思う時もありますが、森本の中では一生懸命その場の空気感を作ったり、話すテンポやタイミングがあるのでしょう。

 

森本に対して社内社外それぞれからマイナス評価を聞いた事がありません。

 

森本が持ち合わせているオーラというかセンスは、人の良さがにじみ出ていると思うのです。

 

この環境楽しめていますか?

こんにちは。レップの森本です。

 

オリンピックが開幕しましたね!開催に関しては賛否両論あったかと思いますが、無観客の中での開催と言うのは、選ばれた選手にとってはとても残念な想いだろうと思い観ています。とは言ってもまた感染者がこれだけ増えているので、無観客での開催によって感染拡大を防げた効果も出てくるのだろうと思います。

 

昨年もでしたが今年は本当に我慢の1年ですよね。でも我慢ではなく今の環境を少しでも楽しめるようにしていくことも必要で、まだ続くであろう今の生活を楽しまなければ勿体ないですからね。

 

先日久しぶりに他社さんの営業の方に勉強会を開催して頂きました。保険のメンバーは定期的に保険商品などの勉強会ってあるのですが、私が所属している求人のメンバーは他社の営業の方の勉強会って受けることは少ないんです。こちらが勉強会を行った回数の方が多いくらい。

 

だから、勉強会を開催して頂くってとても貴重なんですよね。今回はwebに関して自分たちの知識を深め、tocoroniを運営するにあたって、自分たちでもデータを分析する力を強化したいと思い以来させて頂きました。

空気づくりの大切さ

今回は2名の営業の方にお越し頂き、2名が別々のお話をしてくださいました。

 

自分が興味のある分野だったと言うこともあるかもしれませんが、今まで受けた勉強会の中で一番楽しい勉強会だったのではないかと思います。内容はもちろんですが、その時間がとても楽しく興味がわく時間でした。私自身が勉強やセミナーの難しさを感じた経験があるので、本当に凄いなーと関心してしまいました。

 

美容室スタッフさん向けの勉強会でも起こっていることかもしれませんが、話し手側の一方通行になっているケースが多々あるんですよね。キャッチボールなく一方的に話を進めていくと距離感が縮まらず、ずっと微妙な空気感が流れてしまったり。。。そんな中での勉強会は、きっと聞き手に伝えたいことのごく一部しか伝わっていないことが殆どでしょうね。

 

商品やサービスの魅力を伝える機会であるのに、全く必要性を感じてもらえず。。。なんてことが起きてしまうと思います。

 

今回の勉強会では、2名の営業の方が別々のお話をしてくださり、顔馴染みの方が1名と初めましての方が1名でしたが、2名とも本当に話し方・伝え方・表情など、とても勉強になりました。

 

きっと美容室さんでの勉強会でもこんな感じで実践されているんだろうなと、めちゃくちゃ良いよ!って評判が出るのも納得です。

空気づくりで伝わり方も変わる

コミニュケーションを取れるトークからスタートし、聞き手がスマホやPCを前に実践しながら進めていくから、ただただ説明を聞いているような空気にはならない。そして、自分の目の前まで来てくれ、話しかけてくれる。常に明るい表情で。

 

勉強会やセミナーって、最初の空気づくりでその後が決まってしまうぐらい、スタートって大事なんですよね。今回は勉強会でしたが、美容室に新規で来られたお客様も同じだと思います。相手が聞く姿勢が出来ていないまま話をしても何も伝わらないし、コミニュケーションもうまく取れませんよね。

 

逆に聞く姿勢がつくれれば、相手の共感を得られたり、質問が上がってきたりする。

 

後半は私の知識不足で分からいこともありましたが、今後も色々とお聞きしサポートして頂きたいなと、自分がお客様だったら「この人たちに任せたいな」と思うだろうなと感じました。目的はwebの知識を深める為の勉強会でしたが、他社営業マンから、とても大切なことを学ぶ時間にもなりました。

 

勉強会を開催頂き、ありがとうございました。

いつも長文にお付き合い頂き、ありがとうございます。

最新情報をチェックしよう!