仕事も遊びも頑張るけど無理はしない。無理していませんか?

ご存知の通り、私の遊びの中心はランニングです。真夏でも真冬でも、季節に関係なくこの遊びは続けられるし、ぶっちゃけほとんどお金がかからないし、場所だってたいていどこだって走れるという、とっても良いスポーツですよ!

 

走っていない人からすれば、私の真夏のランニング距離は馬鹿げていると思うかもしれませんし、超長距離ランナーさんであれば至って普通の距離か、真夏でもやや少ないくらいかもしれない。

 

この様に個人差ってのはそれぞれあって、その人その人の価値感によって、自分が求める何かに違いはあるものです。ランニングが好きだったり、波乗りが好きだったり、釣りが好きだったり、ゴルフが好きだったりと、好きでやっている事の中で、例えばゴルフならスコアが気になるでしょうね。同じ様にランニングの場合は、距離だったりタイムだったりするわけです。

 

それぞれにレベルってのがその都度あるわけで、その日のコンディションで変わる事だってある。

 

継続するには無理しない

では仕事ではどうでしょうか?

 

真夏のランニングに例えると、暑さに体が慣れる前から冬や春と同じ様なペースで同じ様な距離は、おそらく体はもたないしバテバテになります。波乗りも同じで、初心者がオーバーヘッドのコンディションの時に、ゲッティングアウトすらできないでしょうね。

 

仕事でもそう。特に仕事では、無理は禁物だと思うのです。身の丈というか、その身の丈を少しづつ高めていくことで、いつしか身の丈が結構な高さのところまで伸びている事もあります。

 

時につま先立ちで頑張る事も必要だし、時に悔しい想いをする事もあるはず。けどね、つま先立ちは長く続かないし、悔しい想いをしたら、それを糧にもっと頑張る意欲も増します。

身の丈を上げていきましょう!

瞬間的に頑張る時があっても、いつも身の丈以上の呼吸で仕事に向かい合っていると、息切れして途中に休む事になったり、継続する力すら喪失するかもしれない。私が思うに、長く走り続ける技術の方が重要だと思うのです。特に、スタッフを一人でも雇用しているなら、間違いなくそうだと思う。

 

経営計画もキャリアプランニングも、途中息切れするような計画ではなく、実現可能で継続性が求められるます。1年で売上を倍にする目標ではなく、5年で2倍や3倍にする目標の方が現実的。

 

根拠もなく新卒採用は○人採用するのではなく、5年事業計画に沿って採用人数を予め決めておいて実行する。人が育ったから出店するのではなく、5年事業計画で○年前期、○年後期に出店すると予め決めておいて、その出店計画に沿ってキャリアプランニングに沿って育成教育を行っていく。

無理しない。けど頑張る。

決して無理はしない。

身の丈に合った、時に少しだけ背伸びするくらい。

けれど、計画を作ったからにはめちゃくちゃ頑張って計画通りに実現する。

なんとなく矛盾しているように聞こえるかもしれないけど、無理せず頑張るんです。

 

決めた事に対して頑張って実現する。

決める内容に無理がないか検証して計画を立てる。

 

私の真夏のランニングは、1日だけなら無理して30キロくらい行けると思うけど、そのダメージを次の日に引きずるのもわかっているので無理はしない。だから20キロ以内と決めて真夏に走る。それでも走っていない人からすれば馬鹿げている行為でしょう。

 

最新情報をチェックしよう!