生命保険料控除証明書の発送が開始されてますよ。郵便物開けてね!

毎年恒例となっておりますが、毎年のこの時期に「保険会社から直送」で「生命保険料控除証明書」が届き始めます。

 

この証明書は、例えばREPSS社の担当者が付いていたとしても、証明書自体は保険会社からの直送書類なので、私達が手作業で発送しているわけではないんですよ。

 

ですので、もし万が一「届いてないよ〜」の場合、可能性として考えられるのは、引っ越しして住所変更をしていないケースや、郵便物を開けてない!ケースや、間違えて捨てた?なんて事もあり得るかもしれませんね。

 

保険会社から年に何度も「よくわからない郵便物」が届くと思うので、もしかしたらその中に紛れ込んでいる可能性もあるかもしれませんね。ちょっとチェックしておいてください!

 

それでも、もし「ねーー!」という方は、REPSS社が保険を担当している方は各営業担当にご相談ください。またご自身で加入している保険会社が分かるのであれば、ネットで直接再発行手続きをするのが「最速」です。期限が近い方は、この方法が良いでしょう。

生命保険料控除証明書

この生命保険料控除証明書は、来月あたりに行うであろう「年末調整」の時に必ず必要です!年末調整ではなく、確定申告を行う方も同様で、必ず必要になる書類ですので、捨てないでくださいよ!そして、「生命保険料控除証明書」と封筒の表に書かれている郵便物を見つけたら、ちゃんと開封して証明書を保管しておいてください!(自分宛ての郵便物だけね)

 

この生命保険料控除証明書は、必ずしも生命保険に限った事ではなく、地震保険も控除に対象になりますし、種類においては損害保険料控除も適用される場合もありますので。

年末調整や確定申告でなぜ使うのか?

ぶっちゃけちょっと手間ですよね。私は面倒くさいなぁ〜と思ったりします。

 

しかし、控除証明書を添付して提出すると自分にメリットがあるのでやりますw

それがこの表です。

この表は国税庁のHPに掲載されているもので、簡単に言えば、年間支払い保険料に応じて(控除の上限があります)自分の所得から差し引く事ができるという意味なんです。そうすると、自分に関わる税金がもしかしたら少し安くなるかもしれません。

 

その内容がコチラ

国税庁HP「生命保険料控除」

生命保険料控除の分類

生命保険の控除と言っても、大きく分けると3分類されます。

①生命保険料控除

②介護医療保険料控除

③個人年金保険料控除

皆さんがどの様な保険種類に加入しているかで、控除の枠も変わりますね。

目的別で保険を選ぶ方が増えました

今では「1つの保険で全部入り」に加入している方はだいぶ減りましたね。昔は、保険屋さんに「この保険料で全部保障されているから」なんて言われつつ、よく分からないし、じゃーそれで!な方もいらっしゃったかもしれませんが、今では保険を選ぶ様になったと思います。

 

私は保険のプロですしキャリアとしては23年目ですから、一般の方々よりは少し知識があると思います。

 

私の場合、ソニー生命を筆頭に5社の保険の良いとこ取りで組み立てていますから、生命保険料控除だけで5社から送られてきます。これが紛らわしい。いっそのこと、金額をまとめて送ってくれないかな〜とも思いますが、個人の希望は通りませんw

 

なので、生命保険料控除証明書はとっておかないとね。もちろん、自宅の地震保険料控除証明書も損害保険料控除証明書も同様に保管していきます。

生命保険料控除証明書の封筒は開けてください!

だいたい12月頃に連絡をいただくと「年末調整でつかう証明書が届いてないっす」みたいな電話が鳴りますw

 

「またまた〜」と内心思いつつ「OK!じゃすぐに保険会社に連携して再発行しますね!」みたいな会話が恒例です!

 

「え?再発行?」と質問もたまに受けますが、しっかり丁寧にご説明をして早急に再発行依頼を掛けます。そうなんです、連絡をいただくほとんどのケースが再発行なんですよね。それか、引っ越ししていてマジで届いていないか。

 

問題は控除証明書が今手元に無いという事が問題なので、まずは早急に保険会社にオーダーします。それと同時に、現住所を確認させていただいて、住所変更が必要な場合は同時手続きをして、今度は間違いなく届くフォローをします。

 

会社への提出期限が迫ってから慌てて行うよりは、今少しの期間だけ郵便物をチェックして届いている書類を保管しておいてもらえば「やべぇーねぇー」みたいな事にならないはずです!

 

保険に加入している皆さん、郵便物を捨てないでね!

そして、控除証明書と書かれている郵便物は開けて保管しておいてくださいね!

最新情報をチェックしよう!