頭に汗をかく時間

  • 2021年10月11日
  • Think

学ぶ事はとても良い事ですし、学び続ける事はもっと良い事だと思いますよ。私も今でも地味に勉強は続けていますし、昨年よりも一昨年よりもパワーアップはしていると思います、たぶん。

 

会社の経営者なら、数字に強くて当たり前か?そりゃ弱いより強い方が何にとっても良いのは分かりますが、身分が経営者であれば、そしてどの業界の経営者なのかによっては、何を学ぶかの優先順位とか、やるべき事柄の優先順位がある気がします。

社長の姿勢変化

毎月毎月、足繁く神保町に通ってくださっている複数の美容室社長の皆さんと話して、わずか半年も経たない内にどんどん思考の変化が見られます。

 

長年美容室を経営してきた方々にも関わらず、ここに来てガラリと表情が変わるような、脳が汗をかく様な時間を過ごしています。今まであまり使ってこなかったか?しかし実は大切な事だとは分かっていた事を私にズバズバ指摘され、原点回帰の様な感覚なのか、真正面から向き合う感覚なのか、取り組む姿勢に大きな変化が現れています。

 

勉強しても検索しても答えがない宿題を私からオーダーされています。

答えはたぶんないと思います。

答え探しをして、その答えが出たら、成長はそこで止まってしまうと思います。

成長し続けるという事は、正解や不正解を求めている事ではないはずです。

美容室経営の数字面で何かひとつなら営業利益率だけ

製造業の様に商品開発と設備投資で売上や利益を上げるビジネスではない美容室経営ですから、数字のお勉強や新規集客に対して一生懸命に時間を割いても、利益はそれほど変わらないという体験があると思います。

 

仮にひとつだけ数字面で意識するとすれば、私は法人の場合の営業利益「率」くらいです。

 

営業利益率ですから、売上規模や店舗数はあまり関係ありません(個人店でオーナーともう1名か2名は最も利益率が高いと思いますが)。

 

設備投資の費用次第で減価償却は変わりますが、純資産がどうとか、繰越利益がどうとか、財務がどうとか、キャッシュフローがどうとかは、外注や顧問の専門家に任せて数字を把握していれば、IPOを目指していないなら大丈夫です。

 

財が有り余るなら勉強して、お金に働いてもらうのも良いと思いますが、勉強が必要無いと言っている訳ではありません。専門家から説明を受け、理解できる程度の知識で十分だと言いたいのです。

美容室社長の責務

社長の責務となると、全ての責任を取る、意思決定をする。当たり前すぎて書く程の事ではありませんね。では神保町にお越しになっている美容室社長さん達は、なぜ脳に汗をかく様な事になっているのでしょうか。

 

私は通ってくださっている美容室社長さん達に、お金の事はあまり話していません。

美容室社長の優先順位

お金は2種類あります。BSを見れば分かりますよね。自己資金と借入資金です。このお金でどんな解決できるのでしょうか?私はこのお金には限りがあると思います。

 

一方で成長し続ける美容室経営もあります。

美容室社長が望む未来は、お金の成長でしょうか?スタッフの成長でしょうか?

 

比較にならないのは分かっていて書いています。

 

では学ぶ優先順位は何でしょうか?

あらためて学ぶ事は、何なんでしょうか?

社長だからお金の事なのでしょうか?

上手に経営したいからでしょうか?

 

費用と時間を投資して神保町に来てくださっている美容室社長さん達の為にこれ以上は書きませんが、認定FPとして長年お金に携わってきたからこそ思う事があります。

 

過去の延長では2025年以降に明暗が分かれると思います。

最新情報をチェックしよう!