本年もありがとうございました@REPSS(レップ)千葉

皆様、本年もありがとうございました。

早速ですが年末年始のご案内です。

REPSS社の年末年始は、2021年12月30日〜2022年1月4日までお休みをいただきます。

新年は1月5日からの始業となりますので、ご迷惑をおかけしますが宜しくお願いいたします。

今年も気付けばあっという間に終わってしまいますね。コロナから始まり、各業種に多大な影響を与える一年になりました。

その中では理美容業界については影響も少なく、最高益を出しているという美容室経営者の声も耳にしています。保険業界としてはコロナの影響を受けつつも、弊社は皆様のご協力をいただき、良い年末を迎えることができました。

誠にありがとうございます。

昨年同様、平年以上に変化の年

とはいえ、昨年と同様に平年以上の変化を強いられる年でした。

弊社でもテレワーク然り、オンラインでの打ち合わせや郵送での対応など、今まで当たり前だった事が当たり前ではなくなって引き続き新しい試みを実践していく年でした。

理美容室でもセット面の間隔を調整したり、個室のような内装もかなり多くなっていました。時代に合わせて変化をし、その中でも必要性のあるものは継続しています。大手企業ではまだまだテレワークも続いていますしね。

古き良きと新しく変化していく事の融合は今後も求められる事で、その中で何を取り入れ何を辞めていくか。考える一年でした。

とはいえ悪いことばかりでもなく、いつもと違う状況だからこそ発見できたり、始めることができたことも多々あったように感じます。

続くことと淘汰されるもの

理美容室でいうと、いっときご相談が多かったECサイト。実際に取り組んだサロンも多かったようですが、今となっては一部を除いては機能していない話を聞きます。

その反面、理美容の仕事の強さは想像以上で、補助金の対象外になっているのもうなずけるような状態。キレイになりたい、丁度いいストレスの解消、話のできる場所として選ばれたイメージですよね。

その境目は、本当にお客様が必要性を感じているか?に尽きると思っています。

アマゾンや樂天のような大手がある中で、サロン独自のECサイトで対抗していくことは、多少の無理があったように感じます。お客様がそれを望んでいなかったんですよね。

ついでに買える、その場で買えることが美容室の店販の強みであって、ネットで買うのであれば安いほうが単純に嬉しいですよね。そこにはお客様が本当に必要としているか?という概念が欠落してしまっていたようにも思います。

大手のテレワークも、交通費や経費などの支出と、時間の有効利用や働きやすさや仕事効率を考え、企業と従業員のどちらもメリットがあるので継続されています。

本当に必要なことかどうか

今後の展開を考える際に、これをとことん考える必要がありそうです。

結果論の部分ももちろんありますが、本当に必要なものは残っていくハズですよね。インスタは若干勢いが落ち着いた感もありますが、まだまだ業界内では必要なツールですし、Facebookもエンドユーザーではなく、業界に向けての発信と考えるのであれば、有効な手段の一つです。

逆にビジュアルが必要な業界なので、クラブハウスは早々に衰退しましたよね。

今、力を入れているサロンが多いGoogleマイビジネスはどうなるでしょう?批判を承知で書きますが、正直そこまで定着しないと個人的には思っています。どうしてもお客様が美容室を探すツールとして活用していくイメージが沸かないんですよね。。

ホームページのように、集客から既存客や求人補助ツールに変換し定着する事も考えられますが、出掛けた先で急に美容室を探す?今日あそこに行くから近くの美容室ないかな?って、思うかなと、、、

インスタ見てて、かわいい!ここはどこの美容室かな?はあると思うんですよね。

違う立場で違う目線で

私事ですが、今期から取締役に任命されました。

社内ごとではありますが、下道から吉里に代表が引き継がれ、来年から本格的に新体制で動いていく事になります。

根本的にやることは変わりません。

いかに当事者意識を持ち、お客様の力になれるのか。視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚の五感を超えた直感を第六感とし、さらにREPSS社ではその先にある第七巻を想像と定義し、いかに相手や未来を想像できるか。

より実践していかなければいけない立場になり、率先する立場でもあります。考えすぎて判断が鈍る可能性もありますし、楽しいだけでは済まされない事も多くなりそうですが、どうせやるなら楽しまなきゃ損ですよね!

責任と重圧を感じながらも邁進していきますので、皆様来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。

最新情報をチェックしよう!