年齢は関係ない@REPSS(レップ)吉里

本業は保険屋の私ですが、お金にまつわるご相談や美容室経営に関する打ち合わせが多いのが実情です。その中でも独立のご相談をいただくことも実はしばしばあります。

2020年はコロナの影響で独立や店舗展開される方が非常に少なかったですが、その反動で2021年は独立や2店舗目などの店舗展開をされる美容師さんが多かったですね。ここ数年は倒産件数よりも新規出店件数が上回っているようで、美容室の軒数も25万軒を超えたとのニュースもありました。

2022年はまだ始まったばかりですが、今年も引き続き独立や出店は多い印象です。
おかげさまでREPSS(レップ)でもすでに何件もの独立・改装案件のご相談をいただいております。

とはいえ、2022年は給湯器やトイレなどの機材が非常に調達しづらくなっています。給湯器不足の原因は、ベトナムをはじめとする東南アジアのロックダウンの影響が大きいですね。今後のオミクロン株に対する各国の感染状況や対応いかんでは、供給不足が長引くことも予想されます。
出店する際には、確保できるかの確認を忘れないでください。

参考:給湯器の品不足に関する今後の見通しについて
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2112/27/news103.html

また、通常より木材の値段やその他材料なども値上がりしているようなので、これまでよりも出店にコストが通常よりかかることが予想されます。
こちらは、コロナの影響だけでなく、自然災害で材料が不足していること、石油価格の高騰で運搬コストがあがっていることなど複合的な要因が関係しています。

参考:ウッドショックの長期化について
https://news.yahoo.co.jp/articles/cf6e078c4eac47c0e86c1ba21da9b9674a4866a7

なぜ今なのか。なぜこの場所なのか、何のための出店なのかなど目的を明確にして、出店することが目的とならないようにしていきたいですね。

20代の美容室経営者との打ち合わせ

昨日は偶然ですが、美容室を運営している20代の美容師さんとの打ち合わせが2件ありました。
一昨日は静岡で2月に独立予定の美容師さんと打ち合わせでしたが、その方も27歳。
普段は40〜50代の美容室経営者の方とお話しする機会の方が多いので、連日20代の方との打ち合わせはいろいろ刺激がありました。

20代の美容師さんとの打ち合わせは三者三様でしたが、サロンに対する考え方や集客や現状の問題点について本当にしっかりしていました。ただただ感心です。

私の27歳の頃を思い出すと、こんなにしっかりしていたかな・・・と。3歳年上の現在の妻の30歳の誕生日(女性にとっては重要なタイミングですよね)にサプライズ演出やプレゼントするも、肝心のプロポーズをしなかったダメ男でした(笑)

そんな私の話は、さておき。
昨日打ち合わせした20代美容師さんが経営する美容室は、コロナ禍においても絶好調で今後の展開がますます楽しみな美容室です。

好調の要因

好調の要因でどちらの美容室にも共通していたのは、「SNS」「NO.2」の存在です。
SNSInstagramtiktokを駆使して集客を確立していること。

どうしたら反応がいいのか
どんな写真がよいか
見せ方や文字の内容などなどめちゃくちゃ考え、情報発信していました。

仮説と検証を繰り返し、自分の中での勝ちパターンを確立。
お客さんに知ってもらう方法や手段は、時代に応じて変化していきますが、その本質は変わらないですね。

右腕の存在

また、どちらの美容室にもオーナーとは違うタイプのNO.2がいること。この存在は大きいですね。
打ち合わせ時には、NO.2のスタッフさんも同席でした。このNO.2も20代なのですが、まあしっかりしているんですね。
打ち合わせ中もしっかり自分の意見を発言し、サロンをよくしていこうという思いや熱が伝わってきました。

「最悪、二人だけになってもなんとかなりますよ。その時はまた一からやり直しましょう」という言葉をオーナーに投げかけているNO.2の様子を見て、応援せずにはいられないですよね。
そんな熱い美容師さんとの打ち合わせだったので2件とも、5時間オーバーの内容の濃いものになりました。

できない言い訳

20代だから
文系・理系だから
おじさん・おばさんだから
私は◯型だから

できない言い訳作りをするのではなく、できる方法を考える

年齢は関係ない
文系・理系も関係ない
おじさん・おばさんも関係ない
血液型も関係ない

20代でも関係なくバリバリ攻めていく美容師さんにとてもいい刺激を受けたので、しっかりサポートして還元していきたいと思います

最新情報をチェックしよう!