不器用でも努力でカバーできる@REPSS(レップ)森本

こんにちは、レップの森本です。

先日、新人スタッフ2人が他社営業マン向けの勉強会でスピーカーをしてくれました。勉強会当日までの間、何度か一緒に練習をしたり、資料を確認したり。「森本さん、時間ある時に見てくれますか?」と自分から声をかけてくれ頑張っている様子を見ていたので、勉強会当日の姿を見て、何だかとても嬉しい気持ちになりました。

 

勉強会後に反省会をして、沢山指摘はしましたがそれは今後もっともっと成長するだろうと言う期待を込めてのもの。勉強会に参加出来なかった千葉から「何点だった?」と聞かれ、そんな質問しないでよと思いながらも厳しい点数を伝えましたが、私の初めての勉強会の点数は確か10点もありませんでした 笑

 

そして、今だからこそ1時間枠の勉強会を1人で話せるようになりましたが、最初の頃は私は30分枠しか話せませんでした。しかも30分枠でも早く終わってしまうことも。。。

 

2人とも1時間枠をしっかり最後まで話しきりますし、それだけでも凄いなと。私には出来ないことでしたからね。

 

努力でカバーできること

新人2人は全然タイプが違います。全く違うタイプだからこそ、個性も出てREPSSには合っていると思います。私と同じように、1人は人前で話すことがとても苦手だと言っていました。でも、苦手なことでも努力して練習を重ねたり、経験を積んで努力すればカバー出来ることって沢山あると思います。

 

人よりも努力すれば、もしかしたら苦手が得意になっている日が来るかもしれませんしね。

 

仕事の優先順位の付け方

先日、こんな相談をもらいました。「やらなければいけないことが沢山あるが、その中での優先順位の付け方が分からない。」

話を聞いてみると、同時に色んなことが出来ない為、自分なりに優先順位を付けてみたので見て欲しいとのこと。よく分かります。仕事の優先順位を付けることってとても難しいですよね。次から次へと新しい仕事が入ってくる。その中で優先順位を付けていかなければいけない。

 

そして、緊急の案件によっても優先順位って変わるので、1日の仕事の中でも優先順位って変わるものだと思います。お客様や周りのスタッフのこと、自分のこと、色んなことを考えた上で意識的に優先順位を付けている時もあれば、無意識に優先順位を付けていることもあるんだと思います。

 

皆さんはどうやって優先順位を付けていますか?

 

優先する理由は何なのか

優先順位の付け方に間違いってあるのかないのか。はっきり言ってよく分かりません。緊急案件を除けば、期日までに終えていたら問題はないことだとも思います。ただ、優先順位を付けて「今」することを選択しているのであれば、選ぶ理由があるはず。

 

新人スタッフと一緒に、新人スタッフが自分で付けた優先順位を確認していたのですが、本当に難しいですね。聞いている私もそれが正しいのか判断することが難しい。。。

でも話をしている中で気付いたことがありました。優先順位を付ける為に必要な情報が圧倒的に少ない。なぜそれを選択しているのかの理由がない。だから優先順位を付けられないでいて悩んでいるんだと。

 

その上で私からアドバイスしたことは、分からないことを分からないままにしないこと。依頼を受けた仕事の期日や何をやったら良いか分からないままでは優先順位の付けようがないですから、1つ1つの仕事の情報をもっと聞き出した上で優先順位を付けていきましょうと。

 

不器用なのかもしれませんが、もしかしたらどうしたら良いのか、自分に何が必要なのか分からなかっただけなのかもしれません。でも、勉強会で1時間の時間を話しきれたよう、練習したり数をこなしていくうちに同時に色んなことも出来るようになると思います。自分でいかに意識し努力できるかどうかかなと。

 

私は今でも出来ないことは沢山ありますが、レップに入社して意識的に変えて身につけられたことも沢山あります。1歩ずつ1歩ずつ成長して欲しいなと思います。こうやって相談してくれることはとても嬉しいことですね。成長したいと言う気持ちがあるからこそ。

 

いつも長文にお付き合い頂き、ありがとうございます。

 

 

最新情報をチェックしよう!