休みの使い方@REPSS(レップ)田口

こんにちは。

REPSSの田口です。

だんだん寒くなってきましたね。

 

出身が東北なので、「寒いのは慣れてるでしょ。」なんて言われますが、すごく苦手です。

寒いと感じたら風邪をひくので、基本厚着で過ごしています。

 

そんな中、REPSSでは今週末から沖縄に社員旅行へ行かせていただきます。

個人的には旅行自体が久しぶりですし、美容師の時には中々行けてなかった社員旅行なので、けっこう楽しみにしています。

温かそうですし。

 

万全のコロナ対策と日焼け対策を講じながら、せっかくいただいた機会を楽しんできたいと思います。

 

しっかり休む

しっかり休んでいますか?

20代は何も考えずに生活していました。

 

休みなんて無くとも大丈夫。とまでは思ってませんでしたが、、少し寝れたら大丈夫だとは思っていました。

食べる物や、睡眠時間など、体を休めるということに真剣に考えていませんでしたが、大体みんなそうですよねw

 

アラフォーにもなり、社内から「ようこそ、こちら側へ」なんてイジリも聞こえてきましたが、先人たちの警告なのでしょう。

 

これからはしっかり体のことを考えてあげないといけないよ、と。

気合い、やる気、根性も大事ですが、これからは体のケアも気にしなくてはいけません。

 

休みの使い方

「お休みの日は何をしているんですか?」

質問されることってよくありますよね?

 

最近の私はこう答えることが多いです。

「特に何もしていません。」

 

休みの日なんだから、何かしなよ、何かした方がいいよ、、、

という声もありますし、

つまんねー奴!とも思われそうです。

 

様々な意見がありますよね。

 

昔は休みを充実させたい、

話のネタを作るために外へ出なきゃーなんて、と思っていました。

 

流行りを調べたり、経験したことのないことをやってみたり。

自己啓発本を読んだり、仕事に活かせそうな情報を集めたり、

 

思い返すと休みなのに無理をして動いていたなぁと思います。

 

「本当はやりたくないことを、何となく周りに合わせてやっている」

ストレスフルな休みを過ごしていました。

 

休みの日に何かをしなくてはいけない。無理して趣味をもたないといけない、必ずどこかに出掛けないといけない。

訳ではないですから。

 

やりたいことがあったらやるし、行きたいところが見つかったら行くし、

ほっといてくれー。

 

って思うようにした反面、本当にそれで大丈夫なのか?という不安もあります。

 

 

そもそもの体力

先日、友人の引っ越しを手伝う機会がありました。

 

新居への距離が徒歩5分程度だったので、引っ越し業者を使わずに自分たちで済ませられるだろう、何とかなるだろう。

と思い朝からスタートしました。

 

確かに何とかなったのですが、予想以上に時間がかかったのと、終わった後は疲労感で動く気すら起きない。

体力の減退と年齢を感じてしまいました。

 

最近は、電車で立っていると勿論疲れますし、だからと言って座っていても腰が痛くなる。

自分の軟弱さが不安になります。

 

体のケアも考えたいところですが、そもそもの体力も落ちていますね。

元々高校球児で体力ある方だと思ってたんですけどね、、

 

一説では人間は高校生〜20歳くらいで体力のピークを迎えていて、20代はその貯金である程度は元気に過ごせているそうです。

適度に運動をしてキープする努力をしなければ、30代から体力が落ちていくのは当たり前ですね。

 

ある芸能人が言っていましたが、おじさんが落ち着いていて余裕があるように見えるのは、元気がなくなっているだけらしいです。www

 

 

実は体力

体力のある人と無い人のどちらが仕事が出来るか?

考えなくても答えは出そうですよね。

 

休みの日に何もしたくない。と思うようになったのも、体力の低下が原因のように思えてきました。

 

コロナ初期の緊急事態宣言で休みまくっていた時に運動して以来、ご無沙汰だった運動を再開しようと思っています。

ブログと一緒でそろそろやらなきゃなー、なんて思っている間に結局いつやるの?

となってしまわないように。

 

ストレスのない休み方を選んで、休む時は全力で休むことも大事。

しかしストレスが全く無い状況というのも、それはそれでパフォーマンスが落ちるらしいです。

 

落ちてきた体力のことも考えて、休みの日に運動というストレスを適度にかけようかと思います。

上手くバランスを取っていきながら、休みを有効に使いたいですよね。

最新情報をチェックしよう!