想像力@REPSS(レップ)田口

こんにちは。

REPSSの田口です。

 

いつの間にかクリスマスも終わり、今年も残すところあと5日。また1年が終わっていきますね。

毎年、あっという間だったなー。と思っていますが、今年は特に早く過ぎていった気がします。

子どもの頃は年末が近づくにつれ、ドキドキわくわくしていたものです。

冬休み、クリスマス、年越し、おみくじ、お年玉、福袋、etc、様々なイベントが凝縮されている時期ですよね。

最後の締めくくりは何を書こうかなーと思って、REPSSの社名にもなっているSS=セブンセンス。

セブンセンス=「想像」をテーマに書こうと思います。

いきなりですが

我が家にはテレビがありません。

ふと思う事があって、5年ほど前に処分しました。

「部屋で何してんの?」

とよく聞かれますが、案外何とかなるんです。

むしろ朝以外でテレビをつける事もなかったので、部屋が広くなって良かったと感じています。

若者のテレビ離れがささやかれていますが、処分した理由はテレビがつまらなくなったからではありません。

最近まで処分した理由を話すのにも、自分自身であまり上手く説明できなかったのですが、

先日、同じようにテレビを処分した人にお会いする機会があり、理由を聞いて強く共感しました。

その人がテレビを処分した理由は、「考える力が衰えるから」とのことでした。

勘違いしないでいただきたいのですが、決してテレビを見ること自体を否定している訳ではありませんよ!www

想像力の低下

テレビの役割にはどういったものがあるか?情報収集と答える人が多い気がします。

私自身、流行りの歌手やお笑い、ドラマ、スイーツ、話題のスポットなど、流し見しながらお客様との会話のネタ探し、ニュースから情報を得るのに使っていました。

「ふむふむ」「へー」なんてテレビを見て聞いているうちに、自分で考えない癖がついていることに気付きました。

信用するあの人が言っていたからきっと間違いない、きっとそうなんだろう。

好感度が高い人が言っているから間違いない。なんてことも起こり得ていたかもしれません。

ある時、ずっと見てきたテレビという情報源を、決定的に信用できないと感じた瞬間があって、突発的に処分するに至りました。

どの情報を選択するかは自分で判断が必要なのに、便利さゆえにサボってしまっていたというか。

テレビを見て情報を得ることはいいのですが、考える力が衰えていくということは、避けたいところです。

REPSSでは、わからないことがあった時に質問すると「自分はどう思う?」と聞かれます。

わからない。考える。自分なりの答えを絞り出す。

その繰り返しで想像力が鍛えられます。

想像するとは

みんなと同じことを言っても、自分である意味は弱くなってしまいます。

だからといって、尖って変なことを言えばいいって訳でもないんですが、

重要なことは、まずは自分で考えること。それから自分の言葉で語ること。だと思います。

相手のことを考えて、自分の意見を語ること。

相手の立場に立って、同じ方向を見ること。

相手の立場に立って考えるだけでなくて、もはや一体化してるくらいに考えること。

偉そうな人や、好感度が高い人の意見に合わせる必要はありません。

5年前テレビを捨てた行動は極端だったかもしれませんが、無性に捨てたくなった理由をようやく言語化出来た気がします。

ただ年末だけは、世間の年越しムードについていけず取り残されてしまう感があるので、久々にテレビが見たくなっちゃうって話でしたw

終わりに

2022年の最後の投稿になります。

今年も一年間お世話になりました。

お会いしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

世間が先にお休みをいただく中、ギリギリまで働いてくださる美容業界の皆様が大好きです。

我々と関わる方々が一層輝けるよう、来年もお手伝い出来れば幸いです。

REPSS社は12/29は大掃除。

12/30〜1/4までお休みを頂きます。

良いお年をお迎えください。

最新情報をチェックしよう!

REPSS田口の最新記事4件