美容業界の練習が弊社のBTP

BTP

いつもご覧くださいまして、ありがとうございます!

 

 

弊社では社内研修の一貫として、BTP(ベーシック・トレーニング・プログラム)研修をしています。

 

 

BTPとは美容業界でいう「練習」です。

 

 

営業会社でいう練習とは、ロープレを行うのではなく、「営業理論」を理解し、どういった流れをもって「求められる人」「求められる会社」を作り上げていくかを、机上で学んでももらう場です。

 

 

以前にも書きましたが、営業会社が営業スタッフに対し「営業教育がない」とすれば、その会社で「何を得られるのか?」

 

 

スタッフが私や会社を信じて就職してくれたからには、その人の人生を担う責任があると思うのです。だからこそ全力で教育を行わなければならないのは当然ですよね。

 

 

教育の無い会社は、どうスタッフを成長させるのでしょうか?スタッフ任せでしょうか?

 

 

美容室だったらあり得なく無いですか?

 

 

「教育を行わない」または「教育ができない」先輩しかいなかったら、スタッフは何をどこを目指したらいいのでしょうか?

 

 

場数や経験だけで成長するにしても、失敗を繰り返し、経験させるのも手法かもしれませんが、その前に心が折れないようにスタッフケアに時間を割き、上司は部下に叱咤激励を繰り返し、縦社会を創りあげるわけです。

 

 

美容師さんの技術は計算とセンスで成り立っている。

 

 

これは営業会社でも同じ事が言える。

 

 

技術の計算根拠となる基礎知識。

 

 

これは美容師さんも営業マンも同様に基礎知識が必要でしょう。

 

 

個々の基礎知識を習得でき次は、一連の流れを体で覚える必要がある。

 

 

美容師さんで言えば、実際のサロンワークがそれにあたる。

 

 

来店したお客様にカウンセリングをし、シャンプーブースにお通しし、終わり次第セット面に誘導する。この流れ。

 

 

営業マンも同様で、アポイントを頂戴し、アプローチをし、ファクトファインディングを行う。この流れ。

 

 

そのプロセスを知っていて、何を展開し何を問題提起するか。

 

 

それをBTPで教えることであって、センスにだけ任せていていいもんですかね?

 

 

「?」がもし、いやいやと思うなら「教育が必要」という事だと思うのです。

 

 

教育はお客様サービスの為に必要な知識

 

 

なんの為に知識をまとうのか?

 

 

知識をまとえば、好成績な営業マンになるのか?

 

技術練習だけやれば、好売上の美容師になるのか?

 

 

だから、HOWTOやノウハウではないんです。

 

 

WHY?(なぜ?)があって、その「なぜ」を自分に向けて自問自答し、問題や弱点を見つけ改善し修正し克服すりう事で成長に繋がると思う。

 

 

だからBTP研修を定期的に続ける必要があるんですよね。

 

 

 




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

下道 勝

美容業界特化型保険代理店REPSS(レップ)株式会社、美容師求人動画サイトCM&JOBを運営する代表取締役をしている、下道 勝(シタミチ マサル)が、日本全国の美容業経営者に向けた、情報ブログサイトを可能な限りの範囲で日々更新しているブログです。 日々営業活動をしている中で、美容業経営者の「なぜ」に対し、協会認定ファイナンシャルプランナーとしての情報が満載です。 これから美容業経営者を目指す方、現在美容業経営者の方に対し、情報を発信していきます。