美容師求人報告小田急線豪徳寺駅ヘアーメイクモカ(mocca)

ヘアー・メイクモカ

いつもご覧くださいましてありがとうございます!

 

 

美容師求人結果小田急線豪徳寺駅ヘアーメイクモカ(mocca)

 

 

https://job.orawall.com/offers/detail/418

 

 

ヘアー・メイクモカ モカ

 

 

モカさん動画は、雰囲気出てますよね〜!

 

 

あえて動画らしい動画にせずに、imovieで作ったのかな?画像を動かすイメージ動画にする事で、温かみを作り出すというか、まさにモカさんの雰囲気にはぴったりの動画の作りこみです!

 

 

モカさん側で作ったこの感じは、弊社の担当営業が作る感じではなく、やはりサロンさん側で作る事で、より雰囲気が出るって事が分かりやすい感じもあるのかな。

 

 

美容師求職者さんからのPR文章もしっかりしてます!

 

 

美容師求人動画サイトcm and jobの特性は「応募の質」が本当にとても良いことではないですかね。

 

 

美容師求職者さんからweb応募があった時には、掲載美容室さんの指定メールアドレスと共に、弊社担当営業へもCCで同じ内容が送られてくるので、内容は全て確認できるのですが、求職者さんからのPR文がほとんど文字数いっぱいに書いてきてくださる事が多いのです。

 

 

ここでその応募PR文を書きたいとこですが、それはこの場で「やりすぎ」感があるので慎みましょう!

 

 

美容師求人動画サイトcm and jobの質

 

 

大量の文字(SEO対策には効果大)といつの画像か分からない画像で「良く見せて」集める美容師求人は、場合によっては「良く見せる」為に「待遇条件」すら「盛って書く」なんて事はあってはならないのですが、実際そんな事が起きていたらとても残念なこと。

 

 

美容師求人原稿

 

 

「良く書かないと」応募が来ない=早期離職者が増える=美容師求人会社が儲かる

 

 

美容室にとって、美容師求人をする目的は?

 

◎応募を集める

◎とりあえず採用に結びつける

 

上記ですか?

 

 

美容師求人をどう考えるか?

 

 

◎入社したら、長期勤務に繋げる採用活動です◎

 

 

過去にも書いた「離職コスト」についてのブログも相変わらずPVが高いレベルで維持しています。

 

この「離職コスト」という言葉自体、私が発信した言葉でもあります。

 

http://repssora.site/?p=2070

 

 

今の時代「採用コスト」だけではなく「離職コスト」まで含めた考え方で行わないと「美容師求人会社だけが利益を作る」形に他なりません。

 

 

WIN=WIN=WINの関係は3年前までの話し。

 

 

「美容室WIN=美容師求職者WIN=美容師求人会社WIN」

 

 

◎とりあえず応募があってから

◎とりあえず採用してみてから

 

そんなに簡単に応募は集まらない時代ですよ。

 

 

LOST=LOST=WINがこれからの時代にならない為に。

 

 

「美容室LOST=美容師求職者LOST=美容師求人会社WIN」

 

 

美容室のとってのLOST=費用支払の高額化・早期離職の離職コスト

 

 

美容師求職者LOST=とりあえず入社で様子見・転職回数に比例して技術習得が遅れスタイリストデビューが遅れる

 

 

美容師求人会社WIN=上記LOSTの結果、継続的に美容師求人をやらなくてはならなくなる。掲載・課金制制度の高額化(サイトリニューアルを名目の事実上値上げ)。来月4月には、美容師求人大手の某社の料金変更があります。

 

 

WIN=WIN=WINを取り戻す為に。

 

 

まずは、自社ホームページなどのリクルートページを強化しましょうよ。

 

そしてあらゆるSNSを使いましょうよ。

 

美容師求職者に合わせる求人ではなく、美容室が求める求人をしましょうよ。

 

 

美容師転職者を集める為の美容師求人は、そろそろ辞めませんか?

 

 

本気で考えているので、これだけ尖った事を言うのです。

 

 




美容師の求人動画サイトCM&JOB

ABOUTこの記事をかいた人

下道 勝

美容業界特化型保険代理店REPSS(レップ)株式会社、美容師求人動画サイトCM&JOBを運営する代表取締役をしている、下道 勝(シタミチ マサル)が、日本全国の美容業経営者に向けた、情報ブログサイトを可能な限りの範囲で日々更新しているブログです。 日々営業活動をしている中で、美容業経営者の「なぜ」に対し、協会認定ファイナンシャルプランナーとしての情報が満載です。 これから美容業経営者を目指す方、現在美容業経営者の方に対し、情報を発信していきます。